dscn08891

今回はかげろうの封竜のデッキについて考察してみたいと思います。

ファイターズコレクション2015Winterでクロスオリジンが無駄に当たってしまい作ることになりましたが、結構動きが面白いです。

オーバーロードやドラゴニックブレードマスターと比べると派手さが足りない感じはしますが、うまく回せると面白い上級者向けの名称ですね。

 

※追記

究極超越でかげろうが強化されました!

>>究極超越発売後の封竜の考察記事はこちら

 

スポンサーリンク

 

封竜の強み

  • 序盤から低コストで退却ができる
  • 封竜バラシアで序盤アドが稼ぎやすい
  • 比較的CB回復がしやすい
  • クロスオリジンで初回クリティカル2で殴れる
  • その他かげろうのGユニットが強力

 

ざっと上げてみるとこんなものでしょうか?

まずテリークロス、コーデュロイ、バラシアで序盤に低コストで相手に干渉することができます。

相手のデッキトップ4枚にG2があったらアドは取れませんが、どうしても嫌なFVなどが相手の場合は簡単焼くことができます。

dscn08901

勇輝剣爛で収録されたバラシア、ドスキンも強力でかげろうでは貴重なドローやCB回復をできます。

封竜専用のGユニット、クロスオリジンで初回超越時にクリティカル2で殴れるのも強力です。

バラシア、ドスキンともスキルが噛みあっています。

その他のかげろうの強力なGユニットもいるし、特にGガーディアンのグリフォンの存在はでかいです。

 

封竜の弱点

  • 運が絡むことが多い
  • 名称の縛りが厳しい
  • 超越補助(ラーヴァフロウ)が自然に入らない
  • 戴天にクロスオリジンの役割を奪われた
  • 全体的にカードパワーが足りない
  • G3がちょっと物足りない

 

強みの方ではいいことばかり書きましたが、実はこの封竜は渋いことが多いです。

まず、テリークロス、バラシア、コーデュロイは全部相手に依存するので、確実にアドをとれるわけではありません。

特にバラシアは本当にうまくいかず、相手も簡単に引かせてくれません。

名称の縛りもきついので、非名称のカードが入れにくいです。

バラシアのソウルブラストは封竜指定なので超越コストのラーヴァフロウが入れにくいです。

そうするとコストがなくて超越できない、つまり安定しないということです。

封竜の個性の一つでもあったクロスオリジンが覇天皇竜 ドラゴニック・ブレードマスター戴天に奪われました。

先行ならGガーディアンでGB2を達成できれば、クロスオリジンに超越する意味はほぼなくなりました。

またかげろうは他の軸に強い名称がいっぱいあるのでどうしても下位互換になっているような感じがします。

封竜は相手のG2の数だけ強くなる名称のはずですが、そこまで強い恩恵を得られないんですよね。

例えば、炎獄の封竜騎士。

ファイターズコレクションで収録されたG2のカードですが、効果は相手のグレード2のユニット1枚につき、このユニットのパワー+2000というもの。

正直渋いですよね。3体いないとライン上がらないし!

せめて+3000でよかったのでは?

他にも相手がG2を出したくなくなるようなギミックはあまりないです。

バラシアが収録されて少しマシになった感じです。

G3はブロケードインフェルノが基本になりますが、これも正直リバイバルレギオンかなにかほしいですね。

もう相手がG2をコールしたらそのユニットはそのターン攻撃できなくなるくらいのスキルがあってもいいと思うんですよねー

スタンドアップした瞬間に「まじか・・封竜かよー」と思わせるくらいの強化を期待しています。

 

スポンサーリンク

 

封竜のデッキレシピ案

G4の構成

  • 神獄封竜 クロスオリジン×4
  • 覇天皇竜 ドラゴニック・ブレードマスター“戴天”×4
  • 覇天皇竜  ボーテックス・デザイア×1
  • 超越神龍 ヌーベルバーグ・レクスプレス×2
  • 炎翼剛獣 ディナイアル・グリフォン×2
  • 炎帝龍王 アジールオーブ・ドラゴン×2
  • ダークエレメント ディズメル×1

 

かげろうは他にもたくさん軸を持っているので、普段Gゾー」ンはまとめてアバウトにやっていますが、絞るならこんな感じですね。

GB2を達成した状態はほとんど戴天に乗ります。

退却対象がいないときはボーテックス・デザイアで戴天を表にしておきます。

 

G3の構成

  • 炎獄封竜 ブロケード・インフェルノ×4 
  • 炎獄封竜 ウェザークロス×4

 

ウェザークロスを4枚入れていますが、ブレイクライドする余裕はほとんどないので、呪縛対策にジョーゼットでいいかもしれないです。

クロスライド狙いでブロケードを入れて、マデューを採用するもありですが、さすがに今の環境で10000であの効果は弱すぎる気がします。

 

G2の構成

  • 封竜 コーデュロイ×4
  • 封竜 バラシア×4
  • 封竜 ジャカード×4

 

コーデュロイとバラシアは封竜の貴重な個性なので4積みです。

そしてなかなかいい働きをするのがジャカードです。

%e5%b0%81%e7%ab%9c

もちろん展開力がないから単体12000を買って採用しているのもあるのですが、G1のドスキンと合わせると21000ラインを作れるのが魅力です。

序盤相手の7000のヴァンガードに10000要求できるのも大きいです。

炎獄の封竜騎士はソウルブラストがあるので見送りました。

 

G1の構成

  • 封竜 ドスキン×4
  • 封竜 フランネル×4
  • 封竜 リノクロス×4
  • ラーヴァフロウ・ドラゴン×1

 

ドスキンはデッキの要なので4積み。

ケイ互換のフランネルは序盤のアタッカーです。

封竜は他のかげろうの軸と比べるとどうしてもカードパワーが劣ってしまうので、出来るだけ序盤に特化した構築にしたいです。

 

他の候補はガリサージが有力ですがコストが痛いし、結局G2は焼き払うので有効な局面が少なかったので見送りました。

手札交換のカルゼは普通に便利なのでフランネルがしっくりこなかったら採用はありです。

LB解除のムルキベルも決まれば確かに強いのですが、後攻ならただのバニラになるので、採用を見送りました。

1枚枠が余ったので申し訳程度に超越補助を入れました。

ラーヴァフロウには絶対にライドしたくないですが、他の名称カードを1枚挿すよりはいいと思っています。

メイデンのような名称専用の超越補助が出るといいんですが。

 

三和はアニメで完全ガードはプロテクトオーブを使っていましたね。

当時はバラシア、ドスキン収録前だったので全然問題はないですが、今は名称完ガ安定です。

 

G0の構成

  • 封竜 ピエラ×4 ☆
  • 封竜 ターボリン・ドラコキッド×4 ☆
  • 封竜 アートピケ×4 引
  • 封竜 シャーティング×4 治
  • 封竜 テリークロス×1 FV

 

トリガー配分はあまり言うことはないですね。

コーデュロイのCBが封竜してなので必ずトリガーも封竜で固めます。

FVもバラシアのコスト調達にテリークロスが安定だと思います。

 

スポンサーリンク

 

封竜デッキの立ち回り

 

・序盤は積極的に仕掛ける

先ほども述べた通り、封竜は序盤にアドを取っていかないと結構きついです。

コーデュロイ、バラシアの効果は積極的に使っていきましょう。

フランネルも使って出来れば毎ターン3パンしたいです。

 

・バラシアとドスキンを有効活用する

バラシアは引くためだけのカードではなく、相手にG2を強制的にコールさせるカードと考えればクロスオリジンが輝きます。

相手の場に退却対象がいないときもバラシアでコールさせてから焼き払えば、実質相手の手札を1枚削ったことになります。

1ドロー出来たらラッキー程度に考えれば、もっとうまく使えるかもしれません。

ドスキンも相手のターンに効果を発動できれば、自分のリアガードを叩かれにくくなります。

自分のターンではジャカードにパワーをプラスすれば7000ブーストで21000のラインを作れますね!

ドスキンはヴァンガードを対象にできれば壊れ性能だったんですけどねー(笑)

 

・終盤は他のかげろうとほとんど一緒

基本は戴天で焼きはらって☆2で連続で殴ることになります。

状況をみてヌーベルバーグにも超越します。

封竜シャンブレー(1万ブースト)を入れれば決定力は上がりますが、ソウルブラストを使うのが難しいところ。

 

封竜のデッキレシピまとめ

封竜のデッキ考察について書いてみましたがどうだったでしょうか?

封竜は最近煉獄よりも強化されている回数が多いので、もう少し頑張ってほしいですねー

煉獄はいつまで放置されるのか・・(笑)

最近はLB組を強化している風潮があるので、そのうちレギオン組を一斉に強化されそうですね。

「自分は封竜デッキこう組んでるよー」とか「もっとこうした方がいいんじゃない?」みたいな意見がありましたら是非コメントください!

以上、封竜デッキ考察でした。

 

スポンサーリンク