先週の金曜日に「フェイバリットチャンプ ビクトール」のテキストが今日のカードで公開されました。

自分もノヴァ使いなのでかなり気になっていました。

レア度はGRみたいですね。

ノヴァのGRはファイターズコレクション以外では初だと思います。

では早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

フェイバリットチャンプ ビクトールの性能

 

【超越】

【自】【(V)】【Gブレイク】(2):[【カウンターブラスト】(2),あなたの手札から1枚選び、捨てる] このユニットがアタックしたバトルの終了時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのリアガードをGゾーンの表のカードと同じ枚数まで選び、【スタンド】する。3枚以上【スタンド】したら、あなたの手札から3枚選び、捨ててよい。3枚捨てたら、【カウンターチャージ】(1)し、このユニットを【スタンド】し、そのターン中、ドライブ-2。

 

バトルの終了時にCB2と手札を1枚捨てることにより、Gゾーンの数だけリアガードをスタンドします。

3枚以上スタンドしたら手札を3枚捨てることでカウンターチャージ1とVがスタンド。

最初見たときはバスタードの方が強くないかと思ったんですが、こいつは回数制限がないんですね。

つまりコストが続く限り何度でもスタンド出来るということです。

ザザンダーやブッタギルと合わせれば火力は凄まじいことになります。

フェイバリットチャンプ ビクトールはリアガードを3枚スタンドさせないとVスタンドは出来ないので、2回目の超越で使うにはGガーディアンを挟む必要があります

2回スキルを発動するためには攻撃前に最低でもCBが3、手札は4枚必要ですね。

2回目はVスタンドがなしなら手札は1枚でオッケーです。

もちろんドライブチェックでドロートリガーを引けば話は別ですが。

バスタードとの差別化できる点はリアガードを埋めなくていいことと、回数制限がないことですね。

2回Vスタンドすれば当然返しはかなり弱くなるので完全にフイニッシャー向けのGユニットだと思います。

 

スポンサーリンク

 

オーバーロードはちょっと苦手かも

スキルがバトルの終了時なので、オーバーロードのディフィートフレアを使われるとVスタンドが出来なくなります。

かげろう相手なので盤面を埋めることも難しく、中途半端に3~4体出しても、グリフォンやサーデグで処理されてしまいます。

サーデグに関してはコンローが解除されてから使用率はさがるかもしれませんが。

まぁかげろうと対戦した時はビクトプラズマをメインにするなど戦い方はあるので問題はないと思いますが、オーバーロードは注意が必要かもしれないです。

 

フェイバリットチャンプ ビクトールの相場はどうなる?

1月31日地点のヤフオクの落札相場を見てみると、1枚あたり780~1200円くらいでした。

このカード自体が1枚でも機能する点とノヴァグラップラーである点を考えると妥当な値段だと思います。

多分都内のカードショップでも1000円は切ると思います。

なのでノヴァだけが目当ての人は剣牙激闘はシングルでいいかもしれないです。

個人的はムッチャバトラー ビクトールの方が高くなりそうで怖いのですが。

とにかく来週発売なので楽しみですね。

>>ビクトールを無料で揃える方法はこちら

 

スポンサーリンク