最近友達の一人がヴァンガードを引退してスパイクブラザーズのカードを譲ってもらったので、自分なりに組んでみました!

今回はダッドリー軸のデッキ考察です。

スパイクは結構バカなイメージがありますが、ダッドリーは結構賢いデッキですね。

早速見ていきたいと思います。

※FC2017発売前ですが、これに収録されるカードも考察に入れます。

 

スポンサーリンク

 

ダッドリー軸の強み

  • ジェシカの安定感
  • 初回超越のカリギュラが強力
  • ライジングと合わせても強い
  • 安く組める(ジェロニモはちょっと高いけど笑)

 

なんといってもダッドリー・ジェシカが強力です。

とてもRの性能とは思えないですね。

ダッドリー・カリギュラは初回超越の段階から使えるので、手札が全然よくない場面からでも安定してリアガードを展開できます。

またジェシカをライジングのサブヴァンガードとして使い、突撃に寄せたデッキも強いです。

今回はジェシカとターボラプラーを使ったダッドリー特化構築を紹介します。

 

ダッドリー軸の弱点

  • 序盤は弱い
  • ダッドリー名称のカードプールがまだ少ない
  • トリガーにダッドリーがない
  • 突撃と噛み合わない
  • 山札切れのリスクが高い
  • 他のスパイクの軸ほど火力はない

 

ダッドリーはスパイクの名称カテゴリーですが序盤にアドバンテージを取れるカードがありません。

ダッドリーメイソンは序盤手札がトリガーだらけの時などに重宝しますが基本的には渋いです。

また超越がメインのデッキなのでライドスキップに対応できません。

 

デッキをダッドリーで固めると突撃のGユニットがほとんど噛み合わないです。

ダッドリー専用の強いGユニットがいるのでそこは問題なさそうですが。

トリガーにダッドリーがないのでエスペシャルソウルブラストを要求するリンダを使うときは注意が必要です。

ダッドリーはカリギュラやリンダなどで山札消費が結構激しいので、ダラダラファイトしているとすぐにデッキがなくなります。

特にクインテッドウォールのリンダは複数回使うと危ないです。

バットエンドオーグルやライジングのような鬼火力がダッドリーにないのも不安要素です。

 

スポンサーリンク

 

ダッドリー軸のデッキレシピ案

G4

  • 嗜虐王 ダッドリー・カリギュラ×4
  • 大戦士 ダッドリー・ジェロニモ×4
  • 大悪党 ダーティ・ピカロ×1
  • 暴走凶鬼 ヘルハード・エイト×1
  • エクセレントチアリーダー エイリー×2
  • ジャガーノート・マキシマム・マキシマム×1
  • 妨害王 テリブル・ライナス×2
  • ダークエレメント ディズメル×1

 

G3

  • ダッドリー・ジェシカ×4
  • ダッドリー・ターボラプラー×4

 

G2

  • ダッドリー・イングラム×4
  • ダッドリー・メイソン×4
  • ダッドリー・ダグラス×3

 

G1

  • ダッドリー・ジェッター×4
  • ダッドリー・チアーズ リンダ×4 (守護者)
  • ダッドリー・デイジー×4
  • アクロバット・ベルディ×2 (超越補助)

 

G0

  • サイレンス・ジョーカー×4 ☆
  • ソニック・ブレーカー×4 ☆
  • チアガール ボーリーン×4 引
  • チアガール ティアラ×4 治
  • メカ・トレーナー×1(FV)

 

スポンサーリンク

 

各カードの採用理由

まずはGゾーンについて。

基本的にダッドリーに特化したデッキなので、カリギュラとジェロニモにしか超越しません。

2~3回目の超越でカリギュラの手札コストがきついときのみダーティピカロに超越します。

でもCB2が重いのであんまり使いたくないですね。

ダッドリーはスパイクのデッキの中でも防御が固いのでGB8を達成することもあります。

なので行けそうなときはテリブル・ライナスを積極的に使っていきたいですね。

他はGガーディアンの対応力を強化しています。

次にG3について。

ライドするのは正直どっちでもいいのですが、やっぱジェシカの方が安定します。

ジェシカは13000とノーコストでのスペコはかなり強力ですが、ソウルのダッドリーが枯渇しがちなのでリンダの連発は出来なくなります。

ジェシカに乗る場合はカリギュラの手札コストは極力ダッドリーにしないと終盤困ります。

ターボラプラーにライドする場合はソウルに困ることはないので、カリギュラで攻めまくりましょう。

枚数は4枚ずつですが、少し絞るのもありかもしれません。

G2について。

カリギュラのスキルで呼べるのがダッドリーのみなので、全部ダッドリーに統一します。

ポイントはダッドリー・イングラムです。

GBで遅いのは気になりますが、こいつのおかげでカリギュラの火力がかなり上がります。

カリギュラの2000パンプと合わせて単体17000。

ダッドリー・デイジーと合わせると31000にまでパワーが上がります。

ターボラプラーにライドしていれば36000です。

メイソンは文句なしに4積み。

ダグラスはダッドリー名称がこれしかなかったのが大きいですが、CBが余っているときは結構活躍します。

G1について。

G1も正直カードプールの少なさを感じますね。

ダッドリー・ジェッターは退却クラン相手じゃなければ結構超越コストして使えますが、採用理由はダッドリーだからです。

リンダとデイジーも同様です。

他にあまり実用的なカードがありません。

残り2枚の枠は超越補助です。

超越できなさそうだったらメカトレーナーで持ってきます。

トリガー配分とFVについて。

基本的にはオーソドックスでいいと思いますが、ドロートリガーを多めにするのはありですね。

FVは安定のメカ・トレーナー。

天舞竜神で収録されたダッドリーリトルロードもラインを上げて追撃できるのでいいですが、初回超越できなくなるリスクを考えるとメカトレーナーに軍配が上がります。

メインに挿すのも面白いかもしれません。

ヒールトリガーのリザーバー・ライナスはほとんど意味ないです。

バニラでもいいと思います。

 

スポンサーリンク

 

ダッドリーの強い動き

ダッドリー・カリギュラの強みは何と言っても手札が弱くても余裕で展開できることです。

しかも初回から使うことができる!

少しランダム要素はありますが、11枚もめくればさすがになんか出てきます(笑)

初回はバトルフェイズ中にダッドリー・イングラムを展開できれば最高ですね。

カリギュラの2000パンプのおかげで7000ブーストを置くだけで26000のラインができます。

単体も17000なのでトリガーを振れば守りにくいですよね。

さらにデイジーやターボラプラーのスキルを使えばさらにパワーは上がります。

正直僕も最初は舐めてましたがかなり強いです。

初回超越時は手札がきついと思うので、上書きして連パンを仕掛けるかは状況をみて判断するといいでしょう。

終盤は追い込んでいて手札から展開できそうならジェロニモで捨て身の攻撃もできます。

ジェロニモはジェシカの方が相性はいいと思います。

基本はカリギュラでどんどん攻めましょう!

 

ダッドリーのデッキ考察まとめ

ダッドリーのデッキ考察どうだったでしょうか?

今回はダッドリー特化の構築を紹介しましたが、ジェシカをメインに非名称と合わせたデッキも面白いと思います。

ダッドリーはジェロニモとダーティピカロ以外は全部安く買えるので興味ある人は是非組んで見てくださいね!

構築に関して質問や意見がありましたらコメントでどうぞ。

 

スポンサーリンク