今更ですが、ドラゴニック・ブレードマスター “紅焔”のスキルが判明しましたね。

かげろうは環境では最近ちょっと渋いイメージでしたが、ドラブレの2種目は期待できそうです。

スキル的に旧ブレマスを採用することはほぼないので相方に悩み中です。

まずはドラゴニック・ブレードマスター “紅焔”のスキルからおさらいしていきましょう。

>>鬼神降臨の最安値予約はこちら

 

スポンサーリンク

 

ドラゴニック・ブレードマスター “紅焔”の性能

【自】【(V)/(R)】:竜炎

【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1)] あなたのGユニットが【超越】した時、コストを払ってよい。払ったら、相手のリアガードを1枚選び、退却させ、あなたの竜炎能力を持つユニットを1枚選び、そのターン中、パワー+3000。

【自】【(V)】【Gブレイク】(2):各ターンの終了時、相手のリアガードがいないなら、あなたのドロップゾーンからグレード3の竜炎能力を持つカードを1枚選び、手札に戻す。

 

超越ボーナスは旧ドラブレと同様にCB1で1体退却。

紅焔はそれに加えて竜炎のユニットを3000パンプできます。

11000のユニットが多いし、3000パンプが活きやすいですね。

マルセルとは3000パンプは相性がいいかも。

9000ブーストのヒット時1アドですが、21000ラインを今までうまく作れなかったのでこいつの株はかなり上がったかもしれません。

これなら枠が厳しいけど、4積みしても悪くないかも。

GB2は各ターン終了時相手のリアガードがいなければG3の竜炎持ちを回収。

相手のターンでも使えるのでペイルやグランブルー相手にはかなりグッドなスキルです。

竜炎指定なので旧ドラブレは回収できないので、基本的には共存できない構築になりそうです。

問題は相方を誰にするかですね。

 

スポンサーリンク

 

ドラゴニック・ブレードマスター “紅焔”の相方候補

まずは渕高サオリも使っていたワイバーンストライク ジャーゴ。

Rに登場したときでも退却ができます。

ただソウルを使うのはかなり痛いです。

ジャンナットがいるとはいえ、ズィーゲンブルクでもソウルを使いますからね。

GB1は後列に1体でもユニットが残してしまうと単騎で16000ラインになりませんが、紅焔の軸は相手の盤面を焼野原にする前提の動きなので思ったより悪くないかも。

そして個人的に有力だと思うのがバスイットのおっさん。

僕の今のドラブレの軸でも入れています。

常に竜炎で16000なので癖がなくかなり使いやすいです。

ライドしたら悲惨だけども(笑)

完全ガードのレアスを入れるならかなり役立ちそうな一枚。

紅焔は意地でも相手の盤面は焼き尽くしたいので退却ギミックが多いのは悪くないですが、レアスもソウルを使うのが問題です。

やっぱりソウルはラディエントやズィーゲンブルクに回したいです。

完全ガードはマルセルを採用するならダムジット安定だと思います。

プロテクトオーブはオーバーロードに入れるという個人的な事情があるので(笑)

最後はガルギィ。

ライド時5枚見て竜炎を手札に入れるよくあるやつですね。

最悪ライドしてしまったときのリスクを一番に考えるなら採用の余地はあるかもませんが、リアガードでバニラなのはかなり痛いです。

紅焔の回収スキルでG3をコールする場面は絶対多いだろうし。

 

まとめ

結局コンローでほぼ安定して紅焔にライドは出来るので個人的にはバスイットのおっさんが安定かなと思います。

オーバーロードにも竜炎つけてくんないかなぁ(笑)

そうなるとジエースが簡単に使えちゃうしないだろうけど。

現状だとオーバーロードはドラブレに押され気味なので何か強化があるといいですね。

新ニッポンと櫂君がノアを探しにいったのでワンチャンオーバーロードも新規ありそうですね。

>>鬼神降臨の最安値予約はこちら

 

スポンサーリンク