5月31日の今日のカードは勇壮の聖騎士 アルヴァクスでした。

鬼神降臨のRRRのGユニットですね。

ロイパラのRRR枠は完全にブラスター関連だと思っていたので少し驚きました。

では早速見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

勇壮の聖騎士 アルヴァクスの性能

【超越】 – ストライドステップ – [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。

【起】【(V)】【ターン1回】:[【カウンターブラスト】(1),【ソウルブラスト】(1),あなたのGゾーンからこのユニットと同名の裏のカードを1枚選び、表にする] あなたのGゾーンの表の勇敢能力を持つカード1枚につき、山札から勇敢能力を持つカードを1枚まで探し、別々の(R)にコールする。コールされたユニット1枚につき、そのターン中、それらのユニットのパワー+2000。山札をシャッフルする。

【起】【(V)】勇敢:[【カウンターブラスト】(1)] そのターン中、このユニットのパワー+5000。

 

勇壮の聖騎士 アルヴァクスは鬼神降臨に収録されるRRRのGユニットですね。

1つ目のスキルは起動でCB1、SB1、同名ペルソナのコスト。

Gゾーンの表の勇敢の数だけ山札から勇敢をコールして、コールした数×2000をそれらのユニットにパンプ。

完全にアルトマイル専用のGユニットですね。

ルミナスホープと同様でGゾーンの勇敢の数を参照するので終盤になればなるほどコールする数が増えていきます。

クロテニウスとは違って、勇敢でなくても発動できるし、コールするユニットのグレードはなんでもいいので、アルヴァクスの方が使いやすそうです。

パワーパンプも割と強力で、3体出せば6000ずつ上がるのでラインもそこそこ高くなりそうです。

一応初回超越からも使えますが、ノーコストで使えるフィデスでいい感はあります。

アルヴァクスの初回超越のメリットとしては勇敢を2枚表にできることですね。

次にルミナスに超越すれば確定で☆が上がります。

もう一つのスキルは勇敢、CB1で自身を5000パンプ。

テトラドライブの起動スキルに似ていますね。

よくレオンが何回も使っていたのを思い出します。

アルトマイルはCB=殴れる数なのでこの起動スキルにコストを回す余裕があるかは疑問ですが、相手のハンドに完全ガードがないのをわかっている状況だったらワンチャンありって感じですかね?

このスキルに関してはおまけって感じかな?

 

スポンサーリンク

 

フィニッシュ性能

アルヴァクスは起動スキルなのでブレイブランサーや天元アルトマイルみたいに連パンできないのは微妙なところ。

それでも盤面がそろっていない時はアルヴァクスの方が安定しそうです。

展開できないときにブレイブランサーに超越してもきついだけですからね。

フィニッシャーとしては他に強いカードがありますが、中盤のつなぎに使えれば便利って感じですかね?

最近のアルトマイルはGB8まで意識した長期戦の構築も多いので序中盤は手札を温存しつつ、オルビウスを狙うのも面白いかも?

終盤にアタッカーがデッキにいないことが多そうですけど笑。

 

ソウルはきつそう

ソウルコストはイグレインやアルビオンでよく使うので、アルヴァクスにソウルを使っている余裕はないっていうのが正直な感想です。

あとはホープソングにも使いますよね。

現状効率よくソウルを貯める手段がベレヌス位なので、状況によってコストマネジメントは考えておきたいですね。

わいどがるは枠がちょっときついです。

 

漂うハズレア臭

性能は十分に強いと思うのですが、鬼神降臨のRRRはいいカードが揃っているので相場的には安くなりそうな気がします。

というか一番の外れかもしれないです。

今までも勇敢関連のGユニットはそこまで高くなっていないですしね。

鬼神降臨の強化がアルトマイルだけの人にはうれしいかも。

>>鬼神降臨の最安値予約はこちらから

 

スポンサーリンク