鬼神降臨が発売されて約1週間が経ちました。

今回はぬばたまの支配軸のデッキ考察ですね。

自分も支配は弱いとか言っときながら作っちゃいましたw

まだまだ研究中ですが、色々自分の考えを書いていこうと思います。

>>竜神烈伝発売後のデッキレシピはこちら

 

スポンサーリンク

 

自分の支配軸デッキレシピ

 

G4

閻魔忍鬼 ムジンロード×4

閻魔忍竜 マグンテンブ×4

六道忍鬼 アタゴロード×2

六道忍竜 ツクモラカン×1

閻魔忍竜 キンゴクテンブ×1

呪経忍妖 ザシキヒメ×1

六道忍竜 ゲホウラカン×1

密言忍仙 アブダタイシ×1

メタルエレメント スクリュー×1

 

G3

魔忍竜 シラヌイ “朧”×4

魔忍竜 ジャケンミョウオウ×3

 

G2

忍竜 ゲンカイ×4

忍竜 フウライ×4

忍竜 シバリクサリ×4 (バニラ)

 

G1

忍獣 カタリギツネ×4

忍竜 セイズイ×4

忍竜 テンガイ×2

忍竜 ウツロイ×4 (完ガ)

 

G0

研鑽の忍鬼 トラサダ×4 (☆)

忍竜 ノロイ×4 (☆)

喜捨の忍鬼 ジロキチ×4 (引)

微笑む幸運 ザシキヒメ×4 (治)

 

これが今の支配軸のデッキレシピです。

色々検討したのですが、結局オーソドックスな構築になってしまいました。

各グレードごとに考察していきます。

 

スポンサーリンク

 

Gゾーンについて

ムジンロードとマグンテンブは支配がメインなので4積みですね。

初回超越はほとんどマグンテンブですが、後半にもう一度マグンに超越することがあるので4枚になりました。

ムジンロードも3回目に使うことが何度かありました。

竜皇覚醒でもっと強いがでたらこいつらは2枚ずつにするかもしれないです。

個人的に必須だと感じたのはアタゴロード。

終盤のツクモラカンを警戒して積極的にガードでハンドを切ってくることが多いので、入れておきたいです。

こいつが入ったせいで枠的にはかなりきつくなります。

キンゴクテンブは初回超越の段階でゲンカイを2回使うなどCBが足りない時に超越します。

4000パンプがないのが渋めですが、最低限の動きはできます。

GB8のロクシキラカンはアタゴロードを入れたせいで枠がきつくなったので抜きました。

キンゴクを抜いてロクシキでもいいかも。

GGはシールド値を補うためにスクリューをいれて、他は普通に1枚ずつ。

欲を言えばもっと種類を増やしたいですね。

 

グレード3について

まずは支配がメインのデッキなので朧は4枚確定。

これはいいのですが、相方のG3がかなり悩みどころです。

というのも旧シラヌイはライドしても支配と相性が微妙だからです。

超越ボーナスとしては同じ1アドなので悪くはないですけどね。

それでもやっぱ中途半端なので、いっそのことR用のG3の方がいいかもしれないです。

旧シラヌイを3~4枚集めるのも面倒ですし(笑)

候補としてはこの2枚が有力ですかね?

モリシゲは単体21000で強力ですが、ライド時に何もないので自分はジャケンミョウオウを採用しています。

朧と違って4000パンプがないので後攻で相手が展開してこないと渋いですが、基本は最低限仕事をしてくれます。

モリシゲはスタンドトリガーを採用しているデッキだと優先度は高いと思います。

 

スポンサーリンク

 

グレード2について

G2はゲンカイ、フウライは4枚ほぼ必須だと思います。

多くの人もこれは共通していました。

特にゲンカイはデッキの要なので引けないときついです。

フウライもムジンロードを使う時にいないと渋いし、パワーパンプが馬鹿になりません。

残りの枠は10000バニラにしています。

支配軸は序盤に何もできないので防御力は貴重です。

終盤もゲンカイを使えないと手札が増えないので、序盤の段階で1点でも多く抑えておきたいです。

おそらく新規の人はこれが一番財布的には優しいです(笑)

バニラ以外に入れる候補はミヤビちゃんですかね?

終盤にツクモラカンからのコンボで一気に追い込むことができます。

3000パンプもノロイやセイズイをブーストすればラインを取れるので便利です。

少し高騰しているので集めにくいかもしれませんが、採用の価値は普通にありですね。

残影と組ませる構築にするためにタマハガネを入れる人もいるみたい。

構築的に残影のカードが少ないので、正直使いにくいと思うんですけどね。

FVをクロコにしてもソウルコストが後半きつくなるし非推奨ではあります。

 

スポンサーリンク

 

グレード1について

超越補助と完全ガードは4積み確定ですね。

最近はクランによって超越補助は4積みしなくても安定するようになりましたが、ぬばたまはまだ駄目です。

完全ガードはウツロイを採用していますが、正直クレナイの方がいいと思います。

初回超越の段階ではCBはなんとかなることが多いですが、終盤はツクモラカンやGGのゲホウラカンでかなり消費するので。

正直パックでウツロイが4枚揃って、クレナイを集めるのが面倒だから採用しているだけです(笑)

それでも何度かウツロイがうまくドロップに2枚溜まってガード強要ができる場面もあったので馬鹿にはできないです。

相手が4点でムジンロードを使うときは1回目の支配のアタックはダメトリを期待して受けてくるので、それを躊躇させることができるウツロイも悪くないですね。

結局支配軸はツクモやムジンロードを使う段階で4~5点に追い込まないと勝てません。

なので少しでもラインを上げるためにセイズイを4積みしました。

ゲンカイと合わせて簡単に21000を作れるのがグッド!

最悪前線でも使えます。

初回超越前に後列に置いとけば26000ラインを作ることも可能です。

テンレイは相手によって差が出てくるので、今のところ不採用にしています。

ヒット時スキルも正直1:1交換なので微妙なところ。

テンガイはたまに欲しい場面があるので残りの枠に充てました。

次のターンにツクモでフィニッシュできるイメージがあったら積極的に使います。

あとはゲンカイを使いすぎたりしたときに便利ですね。

序盤を意識するならドレッドマスターもいいですね。

リアガードでヒットしてもスキルは使えるのでコストを与えたくない場面でも活躍します。

次のパックの竜皇覚醒では再録が決定していますね。

特に構築に主張がない場合はフウキを突っ込んどくといいかもしれません。

CBはきつめですがこれ1枚でファイトが終わることもあるので、中途半端に他のG1を入れるくらいならこっちの方がよさそうです。

ツクモからのランダムバインドが強力です。

実際自分もテンガイの枠をこいつに変えようか悩み中です。

 

スポンサーリンク

 

FVとトリガー配分について

FVはこいつが安定ですね。

ノーコストでソウルを貯めて、1:1交換しながら、要求値を調整できます。

最初は微妙かと思いましたが使ってみるとかなり便利!

ドクターオーがメインに採用もありだと言ってた意味がよくわかりました。

実際に複数枚入れている人は多いですね。

トリガー配分は色々悩んだのですが、結局オーソドックスな☆8引4治4になりました。

スタンドトリガーは悪くない性能なのですが、やっぱスタンドよりも☆が刺さる場面の方が多かったので。

支配の攻撃でダメージトリガーを引かれるともっと渋くなります。

入れるとしたらデッキに戻るオニビドウシですかね。

マドイと合わせて10000バニラを16000にできるのは強かったです。

ぬばたまは手札が足りないので引を5~6枚にするのもいいです。

ゲンカイが引けないと正直話にならないので・・

ザシキヒメで手札交換もできるので悪くはなさそう。

 

実際に支配軸を回して渋かったこと

  • 支配の1回目でトリガーを引かれると萎える
  • ゲンカイがいないと手札がきつい
  • 焼きが本当にきつい
  • 初回超越で点を詰めないとかなり辛い

 

デッキを使って感じたことはこんな感じですかね。

過去の記事で書いたように正直そこまで強くないです。

ゲンカイが引けないと本当手札が増えないので意地でも初回超越までには確保したいですね。

序盤ゲンカイをコールしたらすぐ狙われるので、温存はしたいですが、そうすると速攻できないし難しいところですね。

鬼神降臨が出てからかげろうも増えているので退却はきついですね。

8月にはなるかみも増えてきますし。

2回目以降の超越で敵は3点だと詰め切れないので、なんとかして初回超越の段階で最低でも4点にしないときついと思いました。

 

支配軸のデッキ考察まとめ

支配軸のデッキ考察を書いてみましたが、こんなもんですかね?

まだ正直カードプールが少ないので8月の竜皇覚醒に期待といったところ。

残影の強化も来ると思うのでうまく噛み合った構築ができるといいですね。

自分は支配軸をこう組んでるよーなど、意見がありましたら是非コメントで教えてください!

では今回はこれで。

>>竜皇覚醒を最安値で予約する

 

スポンサーリンク