今日の第41回ヴァンが情報局でハードロッド・ドラコキッドのスキルが判明しました。

竜皇覚醒に収録されるなるかみのFV候補ですね。

ヴァンキッシャー2種も正式に判明しました。

早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

ハードロッド・ドラコキッドの性能

 

【自】:先駆(同じクランのユニットにライドされた時、(R)にコールできる)

【起】【(R)】:[このユニットを【レスト】する] 相手は自分自身のドロップゾーンから1枚選び表でバインドする。バインドできないならカウンターチャージ1し、あなたの雷撃能力を持つユニットを1枚選び3000+。

【起】【(R)】雷撃4:[【カウンターブラスト】(1),このユニットをソウルに置く】あなたのユニットを1枚選びそのターン中3000+。相手は自分のリアガードを1枚選び退却させて表でバインドする。

 

ハードロッド・ドラコキッドはヴァンキッシャーの雷撃サポートのFVですね。

1つ目のスキルはレストすることによって相手のドロップを1枚バインド、できないなら自分の雷撃ユニットを3000パンプ。

GBがついていないので序盤から使用可能です。

序盤はドロップにカードが落ちていない場面もありますが、雷撃が達成しやすくなっています。

バインドできないならCBが回復するのでドラゴニックデスサイズを積極的に採用するのも面白いかもしれません。

ドラゴニック・ヴァンキッシャー “SPARKING”もライドフェイズ開始時にCBを回復できるので序盤に強くするためにマーシャルアーツと共に4積みする価値はありそうです。

チャトゥラもCBを使うので序盤から積極的に仕掛けることができます。

チャトゥラは雷撃ユニットではないので3000パンプできないのはちょっと残念です。

ドロップゾーンを徹底的にバインドするのでグランブルーは今後なるかみを苦手にするかもしれないです。

後半はまだしも初回超越の段階でドロップに必要なカードが揃ってない場面も多くなってきそう。

グルナッシュを先駆で移動させない人も増えるでしょうね。

ドクターもナイトローゼ苦手な人はヴァンキッシャー組んだら?みたいなこと言ってましたね。

2つ目のスキルは雷撃4、CB1、ソウルインで自分のユニットを3000パンプして、相手のリアガードを退却させてバインド。

雷撃4は今まではちょっとハードルが高めでしたが、新規カードで当たり前になりましたね。

3000パンプもうまくパワーラインを調整してチャトゥラのパワーラインをうまく上げたいです。

VMAXやVBUSTERであと1枚雷撃が欲しい場面にも役立ちます。

特にVBUSTERは雷撃7なのであと1枚って状況は多そうです。

ブルワークドラゴンもかなり使いやすくなりましたね。

ワンチャン先行で10000パンプのスキルを使える場面も出てきそう。

後半は雷撃8でリアガードを2枚退却できる場面も普通にありそうです(笑)

 

まとめ

竜皇覚醒ではなるかみが超絶強化されましたね。

雷撃がこんなに簡単になるとは思いませんでした。

僕はかげろうがメインなのでなるかみはあまり使いませんが、ヴァンキッシャーは相手にしたくないです・・

ヴァンキッシャー以外にもなるかみはまだまだ強化があるみたいなので楽しみですね。

>>竜皇覚醒を最安値で予約する

 

スポンサーリンク