8月10日の今日のカードはクロノドラゴン・ギアネクストでした。

竜皇覚醒に収録されるギアクロの目玉カードですね。

最近僕もギアクロを作り始めたので、気になるカードでした。

早速性能を見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

クロノドラゴン・ギアネクストの性能

グレード4/15000《ギアクロニクル》<ギアドラゴン/十二支刻獣>

【起】【(V)】【ターン1回】【Gブレイク】(2):[【ソウルブラスト】(1),あなたのGゾーンからこのユニットと同名の裏のカードを1枚選び、表にする] このユニットは『【自】【(V)】【ターン1回】:このユニットがアタックしたバトルの終了時、あなたのハーツカードが〈ギアドラゴン〉なら、(R)か手札の〈十二支刻獣〉を合計3枚まで公開し、山札の下に好きな順番で置く。3枚置いたら、このユニットを【スタンド】し、ドライブ-2。』を得る。

【永】【(V)】【Gブレイク】(4):このユニットの2回目のバトル中、パワー+10000/ドライブ+1。

 

 

アニメでも判明してましたが、やはりVスタンドですね。

ネクステージがいるからどういうテキストになるのか気になっていましたが、いい感じに名称も含めて強化してくれました。

初のGB4も注目です。

さすがに自動能力にはしてきませんでしたね。

クロノドラゴン・GGで2回スタンドみたいなこともできちゃうので・・

それでも起動で自動能力を与えるのはなんかうーんって感じです。

もうなんでもありっすねw

ネクステージと比較するとまずコストでCBを使わないと点が目立ちます。

ギアクロはCBの回復手段が少ないし、CBがない状態で動けるGユニットも少なかったので大きいと思います。

逆に相手からするとコストを与えないプレイングをしても、必ずVスタンドが飛んでくるってことですね!

GB4で10000パンプも圧力があってGガーディアンで防ぎにくくなるのでグッド。

ソウルに関してはあんまり困りそうにないですね。

特に十二支刻獣のトランジットは今後も重要になってきそうです。

そしてバトル終了時に払うコストも盤面から工面できるのは本当に強いです。

かげろうやなるかみなどの退却クラン相手にもそうですが、単純に返しの手札が増えるのは心強いですね。

リンクジョーカーやメガコロニーにもいい動きができそうです。

3枚のコストはドロップではなくデッキボトムに戻る点も評価したいです。

ギアクロはビヨンドオーダーを使う段階でデッキが足りない状況が多かったので。

GB8を入れない人も多かったですよね。

ビヨンドが高かったってのもあるかもしれませんが。

タイムリープでデッキシャッフル機会も多いのでトリガーを戻して、率を上げることもできます。

 

スポンサーリンク

 

ネクステージはもう要らないのか?

再録されたのにも関わらず、いまだに高いネクステージ。

自分も最近ギアクロを作りましたが、ネクステはまだ買ってないです。

ギアネクストと効果が類似してるので十二支刻で固めている人は買わなくてもいいと思います(買いたくないだけw)。

同時にGGもいらなくなるのでGゾーンは結構変化しそうですね。

最近はアヴニール・フェニックスも流行ってますし、ネクステージをデッキで使う機会がイメージできないです。

逆にこれでネクステージが値下がりしたら2枚揃えておきたいですけど。

 

まとめ

個人的にはネクステージ買う必要がなくなってラッキーって感じですね。

買わなくていい理由を必死に探してるだけですけど(笑)。

ギアクロは友達に煽られて勢いで作っただけなので。

時翔連パン型にはネクステージはまだ必要になりそうですが、十二支刻ではギアネクストがメインになりそうです。

竜皇覚醒で残りの気になるカードはルアードですね。

レイジングでも使える汎用Gユニットだといいなー

>>竜皇覚醒の最安値予約はこちら

 

スポンサーリンク