8月29日の今日のカードは廃絶の星輝兵 ネオジムでした。

混沌と救世の輪舞曲に収録されるG1の星輝兵ですね。

星輝兵はストビクでしか使ったことないので、次弾で組もうと思います。

早速性能を見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

廃絶の星輝兵 ネオジムの性能

G1 7000

【自】【《R》】:[ソウルブラスト(1),このユニットを退却させる] 相手のエンドフェイズ中、相手の呪縛カードが解呪された時、あなたの「星輝兵」を含むヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、その解呪されたユニット1枚を退却させる。退却させたら、1枚引く。

 

廃絶の星輝兵 ネオジムは相手のエンドフェイズ時にSB1と自信退却で解呪されたカードを退却させて1ドローするスキル。

カオスブレイカーそのもののスキルですね。

自身を退却するのでカオスのLBほどのアドバンテージはありませんが、一応1アドを取っているので効果自体は強力。

LBじゃないのでチャコールがいなくても使うことができます。

カオスで使うなら素直にチャコール呼べばよくねって感じはしますけどね。

カオス以外の軸は序盤で呪縛がしにくいですし、LBではない段階から使えるメリットがあんまり思いつきません。

まぁ使えないよりはいいですけどね。

名称指定は「星輝兵」のみなのでカオス以外の軸でも使うことができます。

でもカオス以外の星輝兵軸で相手の盤面を空けるのはどうなのかなと思います。

星輝兵は基本相手の盤面は全部呪縛しておきたいですからね。

前列だけ呪縛できていれば攻撃は封じることができるので、後列に呪縛カードがある場合はネオジムで消すのはありかも。

僕ヴェノムダンサー結構好きなんですよねw

ストビクでよく使ってるんですけど、強化次第では組むかもです。

ソウルブラストが名称指定じゃないもポイントです。

カオスのデッキはメサイアと合わせて構築している人も多いですし。

まぁカオスメサイアのデッキにネオジムを積極的に採用するかと聞かれたらうーんって感じなんですけどね。

 

まとめ

総評としては書いていることは強いんだけど、いまいち使いにくい印象です。

コストはエスペシャル要素はありませんがそれほど大きなメリットは感じません。

これから星輝兵はどんどん強い新規がもらえるでしょうからそこらへんに期待したいですね。

ネオジムも新規カード次第ではもっと評価が上がるかもしれません。

>>混沌と救世の輪舞曲の最安値予約はこちらから

 

スポンサーリンク