竜皇覚醒で超絶強化されたバトルシスター軸のデッキ考察を書いていきたいと思います。

本当はデッキを作る予定はなかったのですが、友人に煽られて作ってしまいました。

元々オラクルはスサノオとツクヨミを持っていてパーツはそこそこあったのですぐ完成しました。

今回も例のごとく強化点とデッキレシピを中心に書いていきます。

 

スポンサーリンク

 

竜皇覚醒でのバトルシスター軸の強化点

まずはしゅとれんとふろらんたんですね。

デッキ操作にパワーパンプと露骨に強化されています。

ふろらんたんは超越ボーナスできっちりアドを稼げるし、初回超越のしゅとれんでゲームを決めることも可能です。

一番の強化はイチキシマですね。

これでオラクルの全軸が環境レベルになりました。

実際に使ってみましたが、やっぱ壊れですわw

シンプルに強い!

リアガードも強いのがもらえましたよね。

さぶれはSBの1ドローで序盤が強いし、ばーむくーへんで超越も安定しました。

探索者とか撃退者も超越補助が早く欲しいです。

専用の完全ガードも来ましたね。

バトルシスターは他のオラクルの軸と比べて手札は増えにくいので、かなり助かるスキルです。

元々バトルシスターは序盤は強い方なので、フィニッシャーや優秀なリアガードなどがもらえて隙のないテーマになりました。

 

スポンサーリンク

 

バトルシスター軸のデッキレシピ案

G4

エキサイトバトルシスター しゅとれん×4

静水の祭神 イチキシマ×4

エキサイトバトルシスター じぇらーと×1

天上の主神 アマテラス×1

エアーエレメント ジブリーズ×1

護り抜く者 ロゼンジ・メイガス・エイぺックス×1

八千代の日輪 アマテラス×3

エキサイトバトルシスター ばばろあ×1

 

G3

バトルシスター ふろらんたん×4

バトルシスター みるふぃーゆ×2

 

G2

バトルシスター たると×4

バトルシスター さぶれ×4

バトルシスター ここっと×4

G1

バトルシスター たふぃー×4

バトルシスター ばーむくーへん×4

バトルシスター ままれーど×4

バトルシスター れもねーど×2

 

G0

バトルシスター わっふる×1 (FV)

バトルシスター きっふぇるん×1

バトルシスター じんじゃー×4 (☆)

バトルシスター まふぃん×4 (☆)

サイキック・バード×4 (☆)

バトルシスター ちゅろす×4 (治)

 

スポンサーリンク

 

各グレードの採用理由について

Gゾーンについて

初回超越は基本的にしゅとれんです。

トリプルクリテイカルを狙ってデッキを操作します。

初回超越の段階で全然展開できていなくて、手札もきついときはいきなりイチキシマで2ドローしてお茶を濁します。

お互い終盤までずっと出番があるので4積みです。

じぇらーとは初回超越でCBがない時に使います。

ふろらんたんとしゅとれんでCB2を使うので結構きついんですよね。

FVのわっふるやG2のここっともいるので出番は結構あります。

PRなので高騰していますが、必須だと思います。

GB8のアマテラスはシンプルに強いので1枚入れておきましょう。

特に語ることはないです。

ほとんど使いませんが、イチキシマで決めきれなかった時に出番があります。

シブリーズは絶対に入れておいた方がいいです。

CB3を使いますがふろらんたんと相性が良く、次のターンでイチキシマのガード制限が使えます。

☆12枚からのトリプルドライブだけでも相手にとっては脅威です。

Gガーディアンは結局アマテラスが一番強いです。

1枚3000円以上するので2~3枚集めるのは厳しいかもしれませんが、頑張ってください。

僕も2枚足りないです(笑)

これのせいでオラクルの参入障壁が高くなってますよね。

この2枚は1枚ずつ入ってますが、CBが痛いのでほとんど使ってないです。

エイペックスは1回も使ったことないですw

ばばろあは一応バトルシスターなので入れてみました。

アマテラスが目立ってますが、ばばろあも普通に強いので、複数枚もありですね。

 

スポンサーリンク

 

グレード3について

グレード3はふろらんたんが強すぎて他のカードが全部弱く見えますw

最初はふろらんたん4枚だけでいいかなーと思ったのですが、Gアシストで全くG3が引けないことが何回かあって6枚にしました。

みるふぃーゆはライド時1枚引く以外の効果はありませんが、サブとしては悪くないです。

ふろらんたん4枚だけにして、G2に枠を割くのが一般的なのかな?

サブVはまどれーぬでもいいですが、高騰していてショップでも全然売ってないです。

超越ボーナスのコスト回復は初回超越の段階では正直いまいちですね。

結局ふろらんたんに乗らないと渋いし、無理して入れるカードではないと思います。

 

スポンサーリンク

 

グレード2について

さふれは絶対に4積みですね。

序盤のドローが強すぎます。

GBつけなかったのがミスと思えるくらいの性能です。

バニラのたるとも序盤に強くしたいので4積みです。

これは特に語ることはないですね。

ここっとも序盤に強いので4積みです。

バニラに優先して乗りますが、デッキに乗ると強いカードが8枚あると考えるとやっぱ強いです。

CB消費は超越後のことを考えると少し痛いです。

序盤に点を少しでも入れておきたいので、まかろんとべりーむーすも捨てがたいです。

ここっとやG3を削って入れる価値は十分にあります。

まかろんは終盤7000ブーストでふろらんたん、しゅとれんのパンプを合わせて、31000ラインを作れるので入れるかもしれないです。

 

スポンサーリンク

 

グレード1について

たふぃーは相手のバニラに届くので4枚欲しいですね。

似たようなスキルで抵抗持ちのらすくもいますが、ソウルがさぶれと競合します。

どうしてもブレマスが嫌いなら入れてもいいかもしれないですね。

リンクジョーカー意識に4積みもありだと思います。

バトルシスターは序盤にどれだけ追い込むかがポイントです。

完全ガードは素直にままれーどを採用。

オラクルミラーのためにアマツヒコネと2枚ずつの人もいますよね。

アマツヒコネはライドしてしまうと序盤にさぶれが使いにくくなりますが、十分にありだと思います。

自分もままれーど3、アマツヒコネ1は検討中です。

ばーむくーへんは思考停止で4積み。

超越をより安定させるためにアメノムラクモも数枚入れている人がいますが、それなら素直にG3を少し増やせばいいと思います。

非名称はあまり入れたくないですよね。

れもねーどはファイト中に1回は使いたいです。

序盤はさぶれにソウルを使うので、タイミング的には中盤以降アマテラスやサイキックバードで貯めて使います

CBがマジで足りないので2枚採用しています。

 

スポンサーリンク

 

FVとトリガー配分について

FVはわっふるです。

CBが痛いですが、序盤に左右展開できないときに役立ちます。

序盤は3パンは絶対にしたいので優先度は高いと思います。

これでさぶれを出して1ドローできれば最高です。

2000パンプも地味に優秀です。

きっふぇるんはメインに1枚入れています。

終盤の詰めに使いましょう。

トリガー配分☆12治4のオーソドックスな配分。

ここっと不発の可能性を防ぐためにバトルシスターのドロートリガーを採用している人もいますが、正直それだとオラクルの強みが薄れてしまいます。

サイキックバードは序盤に積極的に使ってG3を安定して持ってきたいです。

やっぱりオラクルの最大の強みはダブクリですw

他のトリガーは全部バトルシスターで固めます。

まふぃんはシャッフルがこの軸と噛み合わないので正直スキルは使う機会はないです。

イチキシマでダブクリを引くしか勝ち筋がない時は手札のまふぃんを全部デッキに戻すこともありますね。

 

まとめ

基本は引いたカードを出して殴るだけです。

バトルシスターは他の軸より手札が増えにくく過信はできないので、短期決戦に持ち込みたいですね。

とは言え基盤がしっかりしているテーマだし、回すのもシンプルなので初心者でも使いやすいです。

アマテラスがちょっと集めるのがきついですが、なくてもファイトはできるので興味がある方は是非組んでみてください!

構築について疑問点や改善点があればコメントで指摘してもらえればと思います。

>>オラクルのカードを無料で集める裏技はこちら

 

スポンサーリンク