昨日のヴァンガ情報局でデュナミス・メサイアのテキストが判明しました。

再誕の救世竜に収録されるG1のメサイアですね。

ここまでリンクのG1のユニットは公開されていましたが、正直うーんって感じでしたが今回はどうでしょうか?

詳しく見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

デュナミス・メサイアの性能

G1 7000
自【R】GB1[SB1]:このユニットがブーストしたバトルの終了時、コストを払ってよい。払ったら、呪縛カードを1枚まで選び、解呪し、このユニットを呪縛する。あなたのユニットを1枚選び、そのターン中、パワー+4000。

 

デュナミス・メサイアはGB1、SB1でブーストしたバトルの終了時に呪縛カードを1枚解呪して、自身を呪縛、好きなユニットに4000パンプ。

元々メサイアは連パンが可能でしたが、さらにやりやすくなりましたね。

ソウルはオルターエゴネオメサイアのGB2で競合しますが、以前よりエコになったのでなんとかなるでしょう。

ブリンクメサイアもいますし。

デュナミス・メサイアのスキルを見て、真っ先に思い浮かんだのが黒色矮性です。

めっちゃ相性いいですよね。

適当に連パンルートを書いてみましたが、結構面白そうな動きができますよね!

黒色矮性とデュナミスはパワーパンプもあるのでかなりのプレッシャーになると思います。

 

  1. 最初に黒色矮性でアタックして自身を呪縛。
  2. 反対列のデュナミスをブーストしたアレスターでアタック。
  3. Gユニットでで全部解呪して黒色矮性とアレスターでアタック。
  4. 黒色矮性で自身を呪縛。
  5. 反対列のデュナミスをブーストしたアレスターでアタック。
  6. デュミナスのスキルで黒色矮性を解呪。

 

CB消費が激しくなりますが、メサイアはコスト回復手段も多いので何とかなるでしょう。

個人的にはコストよりもG1の枠が心配です。

カメレオンとサクリファイス、ディーラーなどでもう完成してるイメージなので枠をどう捻出するかですね。

デッキの最大値を上げるために採用はしたいですが、既存の優秀なG1を抜いてまで入れるかどうかと言ったら微妙なところです。

 

再誕の救世竜の予約はこちら

10月20日に発売の再誕の救世竜は内容がかなり熱いのですぐに売り切れる可能性が高いです。

売り切れが心配の人は予約するのも手だと思います。

リアル店舗でも予約はできますが、通販だと安く予約できるのでおすすめ。

駿河屋は通販最安値で予約できます。

>>再誕の救世竜を駿河屋で予約する

 

スポンサーリンク