今日のヴァンガ情報局で星輝兵 カオスブレイカー・クライシスのテキストが公開されました。

混沌と救世の輪舞曲に収録される目玉カードですね。

カオスのG3は従来のやつでも十分強いので、正直これは驚きました。

早速詳しく見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

星輝兵 カオスブレイカー・クライシスの性能

【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1) – カード名に「星輝兵」を含むカード] このユニットがVに登場した時か、あなたの「星輝兵」をもともと含むGユニットに超越した時、相手は自分のリアガードを1枚選び、呪縛する。

【自】【(V)】:相手の呪縛カードが解呪された時、このユニットの効果でユニットを退却させていないなら、その解呪縛されたカードを退却させてよい。退却させたなら1枚引く。

 

まず1つ目の効果はやっぱり呪縛でしたね。

ライド時と星輝兵に超越した時、相手は1枚リアガードを呪縛。

従来のカオスブレイカーはコストで手札を1枚捨てる必要がありましたが、今回はなしです。

しかも、後攻ならライドした時、超越した時と2回使えるので簡単に呪縛できます。

2回呪縛するとCB消費は激しいですが、カオスにはコスト回復で優秀なジンクがいるので、普通になんとかなりそうです。

サーチ手段も多いですしね。

コロニーメイカーもクランブースターで再録が決まっています。

相手が呪縛カードを選ぶのは渋いですが、1体呪縛できればフォトンでさらに呪縛できるので先行でかなり強力ですよね!

カオス専用のアタッカーのアイアンも同様ですね。

カオスと対戦する相手はこの呪縛を常に意識しないといけないので序盤の展開を控えることも多いでしょう。

そして2つ目のスキルは旧カオスを踏襲した内容になってます。

相手が呪縛カードを解呪した時、退却させて1ドローできます。

ターン1回なので旧カオスと比較すると1度にドローできる枚数は減ってしまいますが、ノーコストなのはかなりでかいです。

ソウルを使わなくなったので、他に回すことができますね。

さらに今までと違うのは解呪のタイミングを一切問わない点です。

相手のバトルフェイズ中も退却できるので、メサイアの連続攻撃を止めることができますね。

止めるどころか攻撃回数を減らすことができます。

カオスのこのスキルはGBがついていないので、先にメサイア側に超越された際にも使うことができるのはかなり強力です。

多分メサイア側も新規カードでこれを補う強化がくるとは思いますが、対メサイアが渋かったカオスにとっていい強化ですね。

メサイア以外にも有効ですね。

ポックルは最近サーチができるデッキにはよく入っているので、退却できれば相手のペースを乱すことができます。

 

 

混沌と救世の輪舞曲の予約はこちら

星輝兵 カオスブレイカー・クライシスは混沌と救世の輪舞曲の目玉なのでかなり強力なカードでしたね。

どうせ強いとは思いますが、あとはカオスの新規Gユニット次第ですね。

この情報でカオス作ろうと思った人は多いことでしょう。

混沌と救世の輪舞曲は現在駿河屋で通販最安値で予約を受け付けています。

気になる方はチェックしてみてください!

>>混沌と救世の輪舞曲を駿河屋で予約する

 

スポンサーリンク