9月21日の今日のカードは非難する根絶者 ヰビヲルヱスでした。

混沌と救世の輪舞曲に収録される根絶者のGガーディアンですね。

なんとなく根絶者専用のGGは来ると思ってましたけどね。

早速性能を見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

非難する根絶者 ヰビヲルヱスの性能

【Gガーディアン】(お互いがグレード3以上で、あなたのGゾーンの表のGガーディアンが3枚以下なら使える) – 相手ターンのガードステップ – [あなたの手札から【治】を1枚選び、捨てる] 裏のこのカードを(G)にコールする。

【自】:[【カウンターブラスト】(1),【ソウルブラスト】(1)] このユニットが(G)に登場した時、あなたの「根絶者」を含むヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、相手の前列のユニットを3枚まで選び、あなたの、(V)と(R)とGゾーンの表の「根絶者」を含むカード1枚につき、そのターン中、パワー-1000。

 

非難する根絶者 ヰビヲルヱスは根絶者専用のGガーディアン。

CB1、SB1で相手の前列ユニットを3枚まで選び、自分のV、R、Gゾーンにある根絶者1枚につきパワー-1000。

超越をした後なら、退却クラン相手でも最低でもパワーを-3000できますね。

コストは重いですが、相手のパワーを1ライン落とすことができます。

特にノヴァなどのスタンドするクランにはかなり刺さります。

Gゾーンの根絶者も参照できるので15000シールドで足りるならヰビヲルヱスで積極的にガードしたいですね。

終盤はGゾーンの根絶者もかなり溜まるので、パワー-8000くらいも狙えます

終焉に灯る闇 ラクスカリーナは使う機会があるのか微妙ですが、表返すコストはヰビヲルヱスでいいですね。

根絶者はGゾーンの枠が結構余るので、Gガーディアンを多めにして対応力を上げるのがいいと思います。

個人的にはヰビヲルヱスは2~3枚入ると思います。

新規の根絶者はなぜかコストがかなり軽いカードが多いので、ヰビヲルヱスは1回くらいは使う機会があるでしょう。

とは言え、根絶者はシールド値を出せるGガーディアンが現状いないのでスクリューもまだ現役です。

先攻Gガーディアンでスクリューは使えないので、26000の攻撃を1枚で防げないのは渋いです。

ヰビヲルヱスは選択肢としてはかなり強いGガーディアンですが、お手軽にシールド10000プラスの方が欲しかったですね。

一応ヰビヲルヱスは相手の前列ユニット3体まで選べるのでレギオン相手にも有効です。

メイトを選択してVのパワーをさらに減らすことができます。

ガード制限のユグドラシルやVスタンドのファントムブラスターアビス相手には覚えておきたいですね。

 

 

混沌と救世の輪舞曲の予約はこちら

混沌と救世の輪舞曲を最安値で予約するなら駿河屋がおすすめです。

すぐに売り切れることは多分ないですが、発売日に確実に手に入れたい人は予約するのも一つの手です。

特に近くにショップがない方は通販で予約することをおすすめします。

気になる方はチェックしてみてください。

>>混沌と救世の輪舞曲を駿河屋で予約する

 

スポンサーリンク