9月22日の今日のカードは滅星輝兵 “Ø”グレンディオス、星輝兵 クルスガベル、星輝兵 スパイラルアームでした。

混沌と救世の輪舞曲に収録されるグレンディオスのサポートカードですね。

今回は星輝兵 スパイラルアームについてです。

グレンディオスのG1も結構激戦区だと思いますが、性能を見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

星輝兵 スパイラルアームの性能

【永】【《R》】:あなたの、《リンクジョーカー》に属さないユニットすべてのシールド+10000。

【自】【《R》】:[カウンターブラスト(1)‐「Я」を含むカード] このユニットが「グレンディオス」か「Я」を含むユニットをブーストしたバトルの終了時、コストを払ってよい。払ったら、相手は自分のリアガードを1枚選び、呪縛する。

 

一つ目のスキルは永続スキルでリンクジョーカーに属さないユニットすべてのシールド+10000。

インターセプトが出来るわけではないので、手札からガードするときに10000シールドになるだけですね。

2枚あればシールド20000、3枚あればシールド30000になります。

ストビクで回しただけですが、Яユニットって手札に結構余るパターンって多いんですよね。

なので手札からガードできるようになるのは防御力が上がっていいと思います。

積極的にガードに切って、ルインマジシャンで回収できれば最高ですね。

うまく回った時のリターンはかなり大きいです。

Яユニットを平均より多めに採用してワールドエンドを狙いやすくする構築もスパイラルアームでワンチャンありかもしれません。

一方退却クラン相手には徹底的に焼かれてしまうので、星輝兵 スパイラルアームは機能しなくなるのは渋いですね。

G1の枠的にも何枚も入れてられないと思うので、採用するかはファイターによって分かれるカードかもしれないです。

Яユニットの退却をスパイラルアームに向けさせるという考え方もありますが、上記のクラン相手だとどうせ全部焼かれます。

難しいですね。

2つ目のスキルはЯのエスペシャルカウンターブラストで「グレンディオス」か「Я」を含むユニットをブーストしたバトルの終了時に相手のリアガードを呪縛。

攻撃をヒットさせる必要がないので確実に呪縛を1枚増やせます。

Яのエスペシャルカウンターブラストなのでさすがに強力なスキルですね。

うまくいけば先行でグレンディオスのスキルと合わせて2枚呪縛することができます。

相手が選ぶのはちょっと渋いですけどね。

 

まとめ

星輝兵 スパイラルアームはうまく回れば手札の余ったЯユニットを処理できますが、4積みする枠があるのかは正直疑問です。

ルインマジシャンやルビジウムなど他にも入れたいG1が多いですし。

退却クラン相手にはほぼ機能しませんし、ダメージにЯユニットがいないとバニラです。

性能的には悪くないんだけど、うーんって感じのカードだと思いました。

>>混沌と救世の輪舞曲の最安値予約はこちら

 

スポンサーリンク