昨日のヴァンガ情報局で3種のリンクジョーカーのユニットが判明しました。

混沌と救世の輪舞曲に収録されるカード達ですね。

もう発売まで1カ月を切りました。

今回は滅星輝兵 グルーボール・ドラゴンについて書いていきます。

 

スポンサーリンク

 

滅星輝兵 グルーボール・ドラゴンの性能

【超越】

【起】【《V》】【ターン1回】:[ソウルブラスト(1),あなたのGゾーンからこのユニットと同名の裏のカードを表にする] あなたの「星輝兵」を含むハーツカードがあるなら、あなたのGゾーンから表のカード1枚につき、相手は自分のリアガードを1枚選び、呪縛する。

【永】【《V》】〔GB:3〕:相手の呪縛カード1枚につき、あなたの前列の「星輝兵」を含むユニットすべてのパワー+3000。

 

一つ目のスキルはSB1と同名ペルソナでGゾーンの表のカード1枚につき相手のリアガードを呪縛するもの。

ハーツ指定は星輝兵です。

自分で選ぶことはできませんが、CBを使わずに初回から何かしら呪縛できるのは悪くないです。

星輝兵は1体捕まえさえすれば、フォトンなどで追加呪縛できるので、それをノーコストでやってくれるのはかなり便利です。

グレンディオスやフリーズレイも星輝兵なので、CBを使いたくない場合や都合が何かと悪いときにグルーボールは活躍します。

星輝兵は現状まともなGユニットが星雲竜 ビッグクランチ・ドラゴンくらいしかいませんでした。

本当にジャッジメントメサイアくらいでしたからね。

こういった意味ではカオス以外の星輝兵デッキにはかなりありがたいカードだと思います。

終盤も適当にグルーボール・ドラゴンに超越しておけば左右のリアガードは確実に呪縛できます。

GB3は星輝兵 ネビュラロード・ドラゴンを思い出させるようなスキル。

やっぱリンクジョーカーといえばネビュラロード!って人は多いと思います。

欲を言えばネビュラロードをハーツ指定にして新しいカテゴリーを作って欲しいくらい自分も好きですw

2枚しか持ってないけど。

最近は呪縛しているだけじゃ詰めきれないので、パンプ効果はかなり需要です。

 

まとめ

滅星輝兵 グルーボール・ドラゴンは癖がなく星輝兵には最低1セット入れておきたいカードですね。

見た目も性能もネビュラロードっぽくて興奮した人は多いと思います。

RRRですが他がかなり魅力的なので、相場的にはそこまで高くならないのではと思っています。

あとはメサイアとカオスのGユニットですね。

>>混沌と救世の輪舞曲の最安値予約はこちら

 

スポンサーリンク