昨日のヴァンガ情報局で星輝兵 グロビュラディアが公開されました。

混沌と救世の輪舞曲に収録されるG2のアタッカーですね。

このカードは色々悪いことに使えそうで困りますね。

早速性能を見ていきましょう!

>>混沌と救世の輪舞曲の最安値予約はこちら

 

スポンサーリンク

 

星輝兵 グロビュラディアの性能

G2 9000

【自】:[カウンターブラスト(1)] このユニットが《R》に登場した時、あなたの「星輝兵」を含むグレード3以上のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、相手は自分のドロップゾーンから1枚選び、《R》に呪縛カードとして置き、そのターン中、このユニットのパワー+3000し、さらに、相手の呪縛カードが2枚以上なら、このユニットのパワー+3000。

 

星輝兵 グロビュラディアは登場時、星輝兵のグレード3があるなら、相手はドロップから1枚選んで呪縛カードとしてコール。

無条件で3000パンプ、呪縛カードが2枚以上ならさらに3000パンプ。

なんか書いてあることがおかしいですね(笑)

GBも付いてないし。

ドロップからの呪縛は多分これが初めてですかね?

フウライみたいに相手のドロップゾーンにも干渉してきましたね。

盤面を空けるクランなどにも有効です。

呪縛カードとしておくので登場時効果を持つユニットを選択されても問題ありません。

カオスのデッキでは先行から1枚確定で呪縛できるので、グロビュラディアのパンプ効果をフルに使えます。

ブースターを付ければ21000ラインですし、2枚呪縛してターン渡されても腹立ちますねw

フォトンと合わせれば3体呪縛も可能です。

グレンディオスのデッキでも活躍しそうで怖いです。

枠的にはかなり厳しいと思うのですが、採用の余地は普通にありますよね。

ダメージを追い込むことを要求されるので、パンプ効果とも相性がいいです。

 

まとめ

星輝兵 グロビュラディアは色んな軸で活躍しそうなカードですね。

盤面を呪縛しつつ、高パワーのユニットは意外といなかったのでファイトがダラダラしがちな星輝兵デッキにはいい強化だと思いました。

レアリティはRですが8~12枚欲しい人もいるでしょうね。

星輝兵は軸が色々あるので発売直後に欲しい人集めておくといいと思います。

>>混沌と救世の輪舞曲の最安値予約はこちら

 

スポンサーリンク