昨日のヴァンガ情報局で星輝兵 プランク・ドラコキッドが公開されました。

混沌と救世の輪舞曲に収録されるカオスのFV候補ですね。

カオスにはすでに優秀なFVであるカーボンがいますが・・

早速見ていきましょう!

>>混沌と救世の輪舞曲の最安値予約はこちら

 

スポンサーリンク

 

星輝兵 プランク・ドラコキッドの性能

【自】:先駆

【起】【《R》】:[カウンターブラスト(1),このユニットを退却させる] あなたの山札の上から7枚見て、「カオス」を含むカードを1枚まで探し、手札に加え、山札をシャッフルする。相手の呪縛カードがあるなら、相手は自分のリアガードを1枚選び、呪縛する。

 

星輝兵 プランク・ドラコキッドのスキルはCB1で自身を退却することにより、7枚デッキを見てカオス名称を1枚手札に加えるもの。

さらに相手の盤面に呪縛カードがあるなら、追加でもう一枚呪縛できます。

完全にクラレットの血統の騎士 ティグレスと同じ互換ですね。

序盤からは名称指定はあるけど見る枚数が多いシズク、グレード3に乗った後はアド損なしのタイプです。

最近の環境はギアクロのデュプレクスなどですぐFVは消されることも多いので、序盤から使う選択肢があるFVは強いですよね。

友人のクラレットと対戦するときは結構使い勝手がよさそうでした。

7枚見ることができるので、成功確率もなかなか高いです。

カオスの名称を含むグレード3は新弾発売後は、上記の2種と合わせて3種類ですね。

おそらく旧カオスと新カオスを両方入れてどっちを引いても戦える構築が多いと思います。

カオスブリンガーは新規のカオスブレイカー・クライシスと相性が悪いので出番は減るでしょう。

カオス名称はグレード3である必要はないので、カオスビート・ドラゴンもサーチの対象に入ります。

まぁ入れる人はまずいないでしょうけど(笑)

今後グレード1、2でカオス名称の強力なカードは出てこなくなると思います。

さすがにアタッカーまでサーチできたら強すぎますからね。

 

スポンサーリンク

 

カーボンとどっちを採用する?

カオスにはすでに優秀なFVのカーボンがいます。

プランク・ドラコキッドは序盤から事故回避に使えますが、カーボンも魅力的ですよね。

GBがないので先行で相手のリアガードを呪縛して使うことができます。

新規のカオスはソウルブラストを前より使わないので、ソウルインは必須ではないですし、結局はお好みって感じだと思います。

以前まではカオスブレイカーのリミットブレイクを最初から使うためにカーボンは必須でしたが、クライシスはLBは関係ありません。

要するに序盤の段階で絶対に呼ばなきゃいけないカードがないってことです。

序盤の安定性を取るならプランク、対応力を取るならカーボンって感じですね。

どっちが絶対にいいとかはないと思います。

>>混沌と救世の輪舞曲の最安値予約はこちら

 

スポンサーリンク