9月28日の今日のカードは聖霊熾天使 パラシエルでした。

究極超越に収録されるエンジェルフェザーのGガーディアンですね。

また唐突に究極超越のカードが出てきましたね。

早速見てきましょう!

>>究極超越の最安値予約はこちら

 

スポンサーリンク

 

聖霊熾天使 パラシエルの性能

【Gガーディアン】

【永】【《G》】:相手のヴァンガードがアタックしたバトル中、あなたのダメージゾーンに裏のカードが2枚以上なら、このユニットのシールド+10000し、さらに、ダメージゾーンに裏のカードが3枚以上なら、このユニットのシールド+10000。

 

聖霊熾天使 パラシエルは自分のダメージゾーンを参照するGガーディアンです。

ダメージゾーンの裏のカードが2枚以上ならシールド+10000、3枚以上ならさらにシールド+10000とういうシンプルなスキルです。

相手のヴァンガードが攻撃した時しか使えませんが、1枚で最大35000のシールド値を出せます。

流行りの竜皇ルアードの攻撃もうまくいけば1枚だけで防ぐことができますね!

究極超越に収録されるメイルのガード制限にもある程度対応しやすくなったと思います。

ノーコストなのもグッドですね。

聖黒熾天使 エレレートは逆に表のダメージの枚数だけシールド値が上がるので、うまく使い分けができます。

こっちはソウルを使うので4ダメージで2枚裏返っている状況なら、GB加速よりパラシエルを使う場面もあるかもしれません。

ヴァンガードの攻撃しか守れませんが、別にリアガードの攻撃は既存のGGでなんとかなるんじゃないですかね?(適当)

ヴァンガードの攻撃なんて基本ノーガードか完全ガードでしょうし。

単体で35000を出せる状況は結構難しそうですね。

僕のイメージではガウリール軸なら救援で最終的にはダメージゾーンは表になる状況の方が多いと思います。

アルティエルのGB3を複数回使って調整したり、ハールートで展開するためにCBを使って調整する感じですかね。

あとは救援で意識的に表のカードを回復させたりとか。

これに関してはガード制限をしてくるクラン相手にはかなり重要なプレイングになってくると思います。

そもそも究極超越の新規GユニットがCBをどのくらい使うのかってことで話は全然変わってきますけどね。

ノキエルは使う機会はないかもしれないです。

G3のノキエルではCBはかなり使うのですが、Gユニットで最終的に2枚は表になって相手のターンになるので。

コールするユニットをCB使うやつにすればワンチャン使えるって感じですかね。

エンジェルフェザーにはスリエルという優秀なGガーディアンがいますが、救援でトリガーが出なかった時は結構渋いことが多いんですよね。

ガウリール以外の軸は2000パンプもありませんし。

そういう意味では単体で最高35000のシールド値を出せる選択肢を得ただけでも十分な強化だと思います。

 

スポンサーリンク

 

守護天使目線の評価

僕個人としては守護天使を使っているので、それ目線での評価を書きたいと思います。

正直言ってあんまり使う機会ないと思います。

守護天使はCBを使うカードはあまりありませんし、ダメージに特定のカードを表にして置いておくことが守護天使の特徴なので噛み合わないです。

ダメージが裏だらけになってしまうと他のエンフェ軸の劣化ですからね。

強いて言えば中盤にダネルやヨフィエルで展開した時くらいですかね?

この後にヴァンガードの攻撃を防がないとヤバいときはダメージを裏のままにしてターンを渡したりとか。

それでも既存のGガーディアンで事足りるような気はしますけどね。

ナレルやペガサスでCB回復もできますし、やっぱGガーディアンはエレレートとスリエルがメインになります。

結局GB8が一番火力がありますし、GB加速の方を優先したいです。

バハーリアもいるのでソウルはきついですけどね。

とは言え、1枚は入れておいても損はないかなといった感じですね。

 

まとめ

聖霊熾天使 パラシエルは条件は厳しめですが、ヴァンガードの強力なガード制限対策に有効なカードですね。

意識的に使うにはダメージの表裏を調整するプレイングが要求されます。

そもそもエンジェルフェザーは守りが固いのでそこまで影響はないんじゃないかなと思います。

でも本当の評価は2種目のガウリールが判明してからって感じですね。

守護天使も強化も楽しみです。

>>究極超越の最安値予約はこちら

 

スポンサーリンク