竜皇覚醒発売後に十二支刻獣クロノジェット軸の考察記事を書きましたが、ある程度デッキ調整が済んだので修正版を書いていきます。

やっぱギアクロは環境クランということで頭一つ抜けてますね。

今回は修正ポイントと回し方を中心に書いていきます。

少しでも参考になれば幸いです。

>>竜神烈伝発売後のデッキレシピはこちら

 

スポンサーリンク

 

十二支刻獣クロノジェットの修正後の構築

G4 

  • クロノドラゴン・ギアネクスト×4
  • クロノドラゴン・ネクステージ×2
  • 超刻獣 アヴニール・フェニックス×2
  • 超刻獣 スプリット・ペガサス×2
  • エアーエレメント シブリーズ×1
  • 超刻龍 オルタード・ドラゴン×1
  • 遡る時乙女 ウルル×1
  • ハイブロースチーム ラファンナ×1
  • 時空竜 ヘテロラウンド・ドラゴン×1
  • 久遠の時乙女 ウルル×1

G3

  • クロノジェット・ドラゴン・G×4
  • 刻獣 リプレニッシュ・コアトル×1
  • 刻獣 オビュラシー・オックス×1
  • クロノファング・タイガー・G×1

G2

  • 刻獣 デュプレックス・ドラゴン×4
  • 刻獣 クルージング・ドラゴン×2
  • 刻獣 スピアヘッド・ペガサス×3
  • ディレイドブレイザー・ドラゴン×2
  • 刻獣使い マニシュ×1

G1

  • 刻獣 トランジット・ドラゴン×4
  • 刻獣 リボルバー・ドラコキッド×4
  • スチームテイマー アルカ×4
  • スチームスナイパー リシュマ×2

G0

  • クロノボレー・ラビット×4 ☆ 
  • ドキドキ・ワーカー×3 ☆
  • スチームバトラー ウル・ワタル×1 醒
  • 刻獣 ヒュプノシス・シープ×4 醒
  • クロノセラピー・ハムスター×4 治
  • クロノ・ドラン×1 FV

 

スポンサーリンク

 

前回の記事の修正点

Gゾーンについて

まずはアヴニールを4枚から2枚に減らしました。

最初はギアネクストと同じくらい使うと思っていたのですが、実際回してみるとほとんどギアネクストにしか超越しません。

なので手札がほとんどなかったり、ギアネクストのソウルコストが万が一確保できないときの保険として1セットでいいと判断しました。

その空いた枠にネクステージを採用しました。

基本のフィニッシュはギアネクストで十分なのですが、先行Gガーディアンでギアネクストを使うとGB4が達成できずに2枚損になってしまいます。

なので2回目の攻撃でパワーを出さなくてもいい場合はネクステージに超越します。

このデッキは非十二支刻獣のカードも入っています。

終盤にギアネクストの名称指定コストが払えない場面が出てきそうならネクステージを使います。

いっそのことアヴニールを全抜きしてGGを入れるのもありですね。

ネクステージよりも高火力で攻撃できます。

クロノジェットGのGB2もGゾーンの枚数でパンプ値が決まるので、相性がいいです。

僕はGG買ってないので今は保留中ですw

デミウルゴスは抜いてオルタードにしました。

こいつがいるだけでかなり事故を軽減できます。

デミウルゴスはヴァンキッシャーにはワンチャン使えますが、やっぱ汎用性は欠けちゃいますね。

Gガーディアンはラファンナを採用しました。

やっぱり初回の段階で10000プラスのガーディアンがないと困る場面があります。

トリガーにドキドキとウルワタルを入れたのも採用の理由です。

その代わりウルルを1枚にしてしまったので、キーカードをデッキに戻すことができない場面が増えるので、慎重に使っていきたいです。

 

スポンサーリンク

 

グレード3について

グレード3は刻獣 オビュラシー・オックスを採用。

ギアネクストでトリガーを全部振って、 ヒュプノシス・シープでスタンドさせるやつですね。

この段階では1枚のみの採用ですが、確実にコールするために2枚採用も普通にありです。

コアトルとファングGを抜いている人もいるみたいですね。

自分は連パンの時にCBを使いまくるのでやっぱりコスト回復の選択肢が欲しいのでコアトルは採用しています。

ファングGもリンクジョーカー相手に自分の盤面を空けることができるし、除去も強力です。

両方1枚ずつの採用です。

 

スポンサーリンク

 

グレード2について

グレード2はバニラとリワインドを全抜きしました。

リワインドは序盤にアドを稼げて強力なのですが、中盤以降に使う機会がなくて邪魔に感じることが多かったです。

バニラは他にG2の枠を割きたいカードがあり過ぎて抜きました。

デュプレックスはかなり重要です。

序盤に相手のFvを確実に除去してペースを握りたいので4積み。

ソウルコストはアホみたいに増えるのでそこまで問題はないです。

タイムリープから複数回使えるのも魅力的です。

デッキを全体的に火力重視に変えたのでスピアヘッドを多くしました。

4積みだと枠が厳しいし、2枚だと終盤デッキにいるか不安なので3積みにしました。

クルージングは強力なのですが、手札増強手段はリシュマやトランジットもいますし、初回超越で出せれば十分なので2枚にしました。

ヒュプノシスシープやヒール、完全ガードを手札に加えられたら最高です。

ディレイドブレイザーは想像以上の強さだったので採用しました。

リシュマと合わせてCBを使わずに攻撃回数を2回増やすことができます。

オビュラシー・オックスを出したいけど手札にG2がいないときでも、超越ボーナスボーナスでコールできます。

1枚だけだとデッキにいないことが多かったので2枚入れました。

マニシュは初回超越で倒しに行く時に瞬間火力が出るので1枚挿してます。

かげろうのブレマス対策にもなります。

リンクジョーカーもこれから増えてくるので複数枚入れてもいいと思います。

今回は枠の都合で1枚のみの採用です。

 

スポンサーリンク

 

グレード1について

リシュマは最近かなり流行ってますよね。

CBを使わずに連パンできて、手札も増強できます。

実際使ってみると本当に強いですね。

これも1枚だと不安なので2枚採用しています。

トランジットドラゴンは変わらず4積みですが、3枚に減らしている人もいるみたいです。

でも相変わらず性能はぶっ飛んでいます。

リシュマを採用したことによりソウルを以前より消費するようになったので、トランジットを1枚抜いてヘガルドもありですね。

ギアネクストのソウルコストは起動なので、トランジットではすぐ確保できないです。

最悪1枚損でCB回復もできるので行動の選択肢も広がります。

 

スポンサーリンク

 

トリガー配分について

トリガー配分は以前☆10引2治4でしたが、☆7醒5治4に変更しました。

ドキドキワーカーとウルワタルはリワインドタイガーを抜いたので採用してみました。

ドキドキはソウルコストや序盤の展開に役立つし、ワタル君も引けばアドです。

ラファンナで出せるとかなり強いです。

とは言え、デュプレクスも十二支刻獣指定なので、ここは意見がかなり分かれますね。

相手がグレード0を展開している状況は、ほとんどFvだけだと思うので、最初さえ引かなければ、中盤以降はそこまで痛手じゃないです。

絶対に相手のfvだけは先行で除去したいのであれば☆8醒4治4でも問題ないと思います。

これは僕が少し欲張っただけです。

ヒュプノシスシープはシンプルに強いですね。

クルージングなどで確実に手札に持っておきたいです。

リンクジョーカーが増える環境になったら☆12でもいいかもしれませんが、それでも規制がかかるレベルで強いので4枚入れておくのがいいと思います。

ヒールトリガーも欲を言えばウルルが欲しいですが、デュプレクスがいるので採用しにくいですね。

一方ギアネクストのコストではヒールを戻すことはほとんどないと思うので、問題なそうですけどね。

デュプレクスを入れているならハムスター安定だと思います。

 

スポンサーリンク

 

初回超越の基本的な動き

それでは十二支刻獣クロノジェットの回し方を紹介します。

基本的に初回超越はスプリットペガサスです。

序盤に速攻を食らって手札が全くなくて、クロノドランもいない状況ではアヴニールを使うこともあります。

まずはクロノドランを超越ボーナスでタイムリープ。

リシュマにタイムリープさせて、クロノドランのスキルでクロノジェットGをコール。

そしてスプリットのスキルでクロノジェットドラゴンGを分割します。

出すアタッカーはスピアヘッドと何かであることが多いです。

除去を優先したいならデュプレクス、手札を増やしたいならクルージングなど用途にあわせてスぺコします。

手札にヒュプノシスシープがあれば、さらに攻撃力が増します。

ルートは大体こんな感じです。

①右のアタッカーで攻撃

②スピアヘッドで攻撃してスキルで右に展開(ブーストはなしでもよい)

③スピアヘッドで右に出したユニットで攻撃

④シープのスキルで右のユニットをコストにスピアヘッドをスタンド

⑤スタンドしたスピアヘッドで攻撃してスキルで右にコール

⑥右にコールしたユニットで攻撃

⑦スプリットペガサスで攻撃して終了後リシュマをタイムリープ

⑧リシュマでディレイドをコールしてスピアヘッドをタイムリープ

⑨ディレイドとタイムリープしたG3で攻撃。

⑩出したG3がコアトルならCBを回復するので、リシュマで1枚ドロー。

 

まだ甘い部分はありますが、これで8パンできますね。

これでもCB3の消費です。

手札に必要なのはヒュプノシスシープだけです。

しかもこれは初回超越だということを忘れないでください。

強すぎますw

この動きだとトリガーをリアガードに振れないので、改善点はありますね。

ダメージトリガーも最初の攻撃でブーストを残せばある程度対応できます。

ヴァンガードがギアネクストだったり、ヒュプノシスシープをもう一枚右下に置いたりなんかしたら、さらに手が付けられないです。

クロノドランを焼かれるとかなりきついので、相手にしたときは絶対に序盤で処理しておきたいFvです。

クロノドランが焼かれたら、クルージングやトランジットを2枚出して次のターンに備えることが多いです。

 

まとめ

やっぱギアクロは強いとかいうレベルじゃないですね。

かげろうとかノヴァをメインに使っているのが馬鹿馬鹿しくなるほどのカードパワーです。

ナイトローゼもそうですが、ホノリーを採用したくなる気持ちがいたいほど分かります。

ホノリーを出しても砲撃手やデュプレクスで処理された終わりですけどね。

前の記事より、初回超越での火力がかなり上がりました。

これから組もうと思っている方に参考になればうれしいです。

気になることや改善点があったらぜひコメントで教えてください!

 

スポンサーリンク