10月10日の今日のカードは鉄壁の星輝兵 トリウムでした。

昨日のやつですが、忙しくて更新が後回しになってしまいました。

混沌と救世の輪舞曲に収録される星輝兵の専用完全ガードですね。

早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

鉄壁の星輝兵 トリウムの性能

G1 6000

【永】:守護者

【自】:[あなたの手札から1枚選び、捨てる] このユニットが手札から《G》に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの「星輝兵」を含むユニットを1枚選び、そのバトル中、ヒットされない。相手の呪縛カードが3枚以上なら、1枚引いてよい。

 

鉄壁の星輝兵 トリウムは星輝兵の専用完全ガードです。

呪縛カードが3枚以上なら1枚ドローできます。

評価をするまでなく強いですね。

最近流行りの1枚で守れるタイプですね。

CBを重視するならコスモリースでもいいと思いますが、星輝兵は名称指定も厳しい場合が多く、基本的には新規でいいと思います。

RRですが、特別再録のコスモリースよりも集めやすいだろうし。

メサイアなどリンクジョーカーを複数軸を持っている人は特にそうですね。

手札1枚で守れる完全ガードって使ってみると本当に強いですよね。

特になるかみやロイパラの上記2枚は手札が減らな過ぎて相手にしたくないです。

1枚引くタイプの完全ガードは実質手札交換もできるので、かなり便利。

鉄壁の星輝兵 トリウムのドロー条件を達成している時はリアガードを左右呪縛していることがほとんどなのでVスタンド以外の相手には手札1枚だけですべての攻撃を防ぐことができます。

まさに鉄壁ですね。

リンクジョーカーにはこのスキル付けないで欲しかったです。

 

スポンサーリンク

 

完全ガードで格差が付く時代に

鉄壁の星輝兵 トリウムは文句なしに強いのですが、個人的に恐れていることはこの1ドロー効果が貰えなかったクランはさらにカードパワーに差がついてしまうことです。

具体的に言えば、獣神や次元ロボなどまだ既存のノーマル完全ガードしかないデッキですね。

次元ロボは今のままでも十分強いですけどね。

ライザーは完全ガードすらありませんw

1ドローじゃなくても何かクラン特性に合ったスキルが欲しいなとは思います。

あとは探索者とか煉獄とか撃退者とか色々あります。

G完ガを入れるのも色々都合が悪い時もあるのでそろそろスキル持ち名称完全ガードを全クランに配って欲しいものです。

ここらへんは今後の強化に期待するしかないですね。

>>混沌と救世の輪舞曲の通販購入はこちら

 

スポンサーリンク