10月11日の今日のカードは鉄星の黒弾 フォトスフィア、プロスペクティブ・スターキーでした。

今回は究極超越で収録されるスパイクブラザーズですね。

スパイクのFVはメカトレーナーがいるので、新規はハードルが高いですよね。

早速見ていきましょう!

>>究極超越の最安値予約はこちら

 

スポンサーリンク

 

プロスペクティブ・スターキーの性能

G0 5000

【自】:先駆
【自】【《R》】:突撃
【永】【《R》】:このユニットが突撃状態なら、あなたの突撃状態のユニットすべてのパワー+2000し。このユニットは『【自】:このユニットが《R》から山札に置かれた時、【カウンターチャージ(1)】。』を得る。

 

プロスペクティブ・スターキーはFVでは初の突撃持ち。

突撃状態なら、突撃状態のユニットをすべて2000+。

自身が山札に戻った時カウンターチャージ1。

スパイクはCB=殴れる回数なのでコスト回復は重要です。

FVで突撃は使いにくさがありますが、一応ライジングスーパーノヴァを使えば、突撃状態に出来ます。

それでも初回にライジングスーパーノヴァは弱すぎるので基本的にはメインに数枚入れてカウンターチャージ手段として使う感じですかね?

あとはアックスダイバーとかでバインドしてからコールするとか。

後攻1ターン目に7000で殴るのも面白いけど、完全にアド損になります。

現状だとコスト回復としてデビルウォッチを入れている人が多いですが、正直スタンドトリガー自体は微妙ですよね。

なのでスタンドを抜いてメインにスターキーを1~2枚入れるのはありかもしれないです。

スパイクはトリガー引かなくても、十分にフィニッシュできる攻撃力はありますけどね。

ソウルは溜まりにくくなりますが、困るのはミラクルエースを使うときくらいなので問題なさそうです。

 

スポンサーリンク

 

メカトレーナーとの比較

汎用性では圧倒的にメカトレーナーの方が上です。

ライジングはこいつを4枚入れるGB8特化型の構築ばかりだし、究極超越後もその傾向は変わらなさそうです。

スターキーをメインに入れるにしても、メカトレーナーの枠を削ってまで入れるカードかといわれると怪しいところ。

かげろうのコンローもそうですが、FVが優秀過ぎると新規はハードルが上がっちゃいますよね。

 

まとめ

プロスペクティブ・スターキーはCB回復は便利なものの、若干先駆として使いにくさが目立ちますね。

メインに1~2枚入れて使う感じになりそうだけど、枠が厳しいから結局デビルウォッチにコスト回復は任せることになりそう。

永続パンプも自身が盤面から離れると無効になってしまう点も気になります。

個人的には採用するか怪しいカードですね。

>>究極超越の最安値予約はこちら

 

スポンサーリンク