先日、混沌と救世の輪舞曲と再誕の救世竜が発売されましたが、いかがお過ごしでしょうか?

僕はメサイアとインフィニットを組みました。

昨日メサイア軸のデッキを組んで、色々回してみて、ある程度構築が落ち着きました。

今回は新規カードでどのように強化されたのか、自分のデッキレシピなどを中心に書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

今回のメサイア軸の強化点

一番の強化は新規のG3ですね。

オルターエゴネオメサイアのおかげで自分の盤面に何もない状態からでも超越ボーナスを使えるようになりました。

しかもノーコストなのでコスト運用がかなり楽になりましたね。

GB2もSB1で破格の2ドローで手札が全然減りません。

旧オルターエゴみたいに複数回使えないですが、基本的にはネオメサイアの方が強いです。

ライドスキップに弱いのは相変わらずですが、序盤を乗り切った後のメサイアは本当に脅威です。

超越ボーナスでCBを使わないので、シブリーズは使いやすくなりました。

新規のGユニットの創世竜 ハーモニクス・ネオ・メサイア。

ノーコストで51000以上のガード制限と追撃のパンプ攻撃が本当に強いです。

4点ノーガードで決めきれないと渋いみたいなことを前の記事で書きましたが、実際に使ってみるとフィニッシュ性能は本当に高くなったなと思いました。

初回超越の創世竜 バサルティス・メサイアもVだけで呪縛や解呪ができて、さらにドローもできるので安定感がかなり上がりましたね。

リアガードでは質量転移のレディフェンサーやデュナミス・メサイアが一番大きいです。

デュナミス・メサイアも前の記事ではG1は枠が厳しいから微妙みたいなことを言いましたが、想像以上の強さでした。

レディフェンサーと相性が良すぎてかなり連パンできます。

連パンルートは後述しますね。

他にも新規完全ガードやドーベルなど小回りの利くカードが収録されて、デッキの完成度がさらに増しました。

 

スポンサーリンク

 

メサイア軸のデッキレシピ案

G4

Gユニット

  • 創世竜 ハーモニクス・ネオ・メサイア×2
  • 創世竜 バサルティス・メサイア×2
  • 創世竜 エクセリクス・メサイア×1
  • 創世竜 アムネスティ・メサイア×2
  • 創世竜 フラジオレット・メサイア×3
  • エアーエレメント シブリーズ×1

 

Gガーディアン

  • 終焉に灯る闇 ラクスカリーナ×1
  • 創世機神 デストハーゲン×1
  • 綻びを閉じる光 レディヒーラー×1
  • 滅星輝兵 デモンマクスウェル×1
  • メタルエレメント スクリュー×1

 

G3

  • オルターエゴ・ネオ・メサイア×4
  • オルターエゴ・メサイア×1
  • 烈脚のドリルモンク×2

 

G2

  • 質量転移のレディフェンサー×4
  • アレスター・メサイア×4
  • メタレイア・メサイア×3

 

G1

  • デュナミス・メサイア×4
  • デスティニー・ディーラー×4
  • 真空に咲く花 コスモリース×4
  • グロビュール・ドーベル×3

 

G0

  • ブリンクメサイア×4 ☆
  • 星輝兵 パラダイムシフト・ドラゴン×4 ☆
  • 超絃理論の愛し子×4 引
  • 終焉に灯る光 カリーナ×4 治
  • ネオンメサイア・アウリオン×1 FV

 

スポンサーリンク

 

各グレードの解説

Gゾーンについて

基本的にはこの2枚が中心になります。

初回はバサルティス、2回目以降はハーモニクスがほとんどですね。

バサルティスはVでも呪縛ができますが、ほとんどの場合、相手は前列を埋めてきません。

なのでGB2達成とドロー効果がメインになりますね。

ハーモニクスは2回使う機会があるので2枚、バサルティスは他の枠の関係で1セットにしました。

バサルティスの枚数はまだ悩み中ですけど。

相手が盤面を埋めてこない場合はフラジオレットメサイアもグッド!

バサルティスと違って、解呪できるカードが1枚多いので、攻撃的に行きたいならこっちですね。

ただシングル価格が高いので、大会などで使わないという人は無理して入れなくていいと思います。

2回使えるように3枚採用です。

これも2枚でいいかなぁとか悩み中です。

エクセリクスとアムネスティも欲しいですね。

ハーモニクスのコストは裏返すカードは何でもいいので、アムネスティを表にします。

エクセリクスはハーモニクスを使うときに呪縛カードを5枚確保できないときに使います。

今のところ5枚確保できない場面はほとんどないですけどね。

アムネスティは先行GGを使った時に、初回で使う機会があるかも。

この2枚もシングルが高いので、カジュアル勢は無理して買わなくてもいいと思います。

GB8のオルトワイルダーは正直使う機会がない気がします。

まだ買えていないので試してないですが、メサイアの使用感はどんなかんじなんですかね?

選択肢を増やすために入れるのは普通にありだと思います。

残りの枠は全部Gガーディアンです。

出来るだけ選択肢を増やしておきたいところです。

今回は僕のデッキにはサクリファイスは入れていませんが、デモンマクスウェルとのコンボはかなり強力です。

 

スポンサーリンク

 

G3について

オルターエゴネオメサイアは4枚確定だとして、相方は迷っている人が多いと思います。

旧オルターエゴはネオメサイアに乗れなかった時の保険としてはかなり優秀なのですが、ネオメサイアにライドするとバニラになってしまいます。

なのでネオメサイアにライドできる自信があるなら、抜いてもいいかもしれないですね。

僕はドリルモンクを入れてみました。

理由は呪縛効果にGBが付いていないのでライドスキップされたり、こっちが先行の時に役立つと思ったからです。

呪縛対象を選べないので、そこまで有効ではないんですけどね・・

GBの2000パンプはデュナミスの4000と合わせてラインを作れるので悪く無いです。

旧オルターエゴもせっかく再録されたので1枚入れてみました。

リワインドドラゴンや中性子星など他のG3も使えるカードが多いので、色々試してみたいです。

でもシンプルにオルターエゴでまとめるのが無難ではありますね。

安定を取るか、デッキの最大値を取るか。

これに正解はないと思うので、各ファイターの構築が気になります。

 

スポンサーリンク

 

G2について

質量転移のレディフェンサーは個人的にかなり評価が高いので4積み

デュナミスのソウルコストをキャンセルししつ連パンしたり、常に10000要求で攻撃できます。

登場時の2000パンプはGBが付いていないので、相手の10000バニラに攻撃が届くのもうれしいポイントです。

アレスターメサイアも4積みです。

ノーコストで呪縛カードを2枚も増やせて、強いです。

TDの再録カードなのでみんな入れやすいカードですね。

メタレイアメサイアは自身を呪縛できないので微妙かなと思っていたのですが、パンプ効果がかなり強かったです。

特にハーモニクスとレディーフェンサー、デュナミスと合わせるとパンプ値がえらいことになります。

新規カード中心で組みたかったということもあり採用しました。

メタレイアの枠はアローザルでもいいかなとは思っています。

アローザルと黒色矮星も連パン性能を高めるためカードとして優秀ですよね。

黒色矮星は役割がレディフェンサーと被っていて、デュナミスとの連パンとソウルの関係上相性が微妙なので採用しませんでした。

今回僕の想定しているフィニッシュパターンには少し合わなかったというだけで、この2枚はかなり優秀だと思います。

メサイアの連パンルートは多様性があるので、それぞれファイターのイメージに合うアタッカーを採用しましょう。

 

スポンサーリンク

 

G1について

完全ガードは祈り子でいいかなと思っていたのですが、コスモリースの方がいい気がしました。

呪縛カードを増やしつつ、1ドローは強力なのですが、ヴァンガードが攻撃する前の火力が少し落ちてしまいます。

今回の僕の構築ではフィニッシュの時に自陣は呪縛がカードがない状態でスタートしたいからです。

レディフェンサーが連パンするのでCB消費も激しいです。

あと祈り子はメサイアしか守れないので、昨日エイゼル相手に先行でLBされて、Vがレディフェンサーで守れず負けましたw

これは構築によって変わってくるので、絶対どっちがいいということはないです。

コスモリースは再録されたとは言え、まだ結構高いですしね。

デスティニー・ディーラーは4積みで問題ないでしょう。

ネオメサイアサーチのためにも4枚必須だと思います。

再録されましたが、当時は500~700円くらいしてましたよねw

CB回復系はドーベルが一番癖がなく使いやすいと思います。

詳しくは後述しますが、基本はV裏に置きます。

ハーモニクスで解呪してレディフェンサーのCBコストを確保します。

ソウルを使うので、ここの枠はサクリファイスやカメレオンでもいいです。

でも1ドローがかなり大きいので、犬にしてます。

サクリファイスとカメレオンも優秀ですよね。

特にサクリファイスはGガーディアンのマクスウェルとのコンボで相手のターンにVを3000パンプできるので、かなり強力です。

カメレオンもかげろうのブレマス対策には有効です。

両方ともドーベルと役割が被るので、好みに応じて入れても問題ありません。

でもサクリファイスを入れている人が圧倒的に多い気がします。

 

スポンサーリンク

 

FVとトリガー配分について

トリガー配分はオーソドックスの☆8引4治4です。

確かにハーモニクスのガード制限で4ノーされる確率が高いので☆12構築にしたい気持ちは痛いほど分かります。

ネオメサイアのGB2でめっちゃ引けますしね。

でもやっぱ序盤だったり、防御面を考慮すると総合的にはドローは欲しいかなと感じました。

☆10引2治4などクリティカル寄せの人もいますね。

結局全部一長一短なので、自分にしっくりくる配分でいいと思います。

FVはネオンメサイア・アウリオン。

バサルティスメサイアは初回超越で1体しか解呪できないので、若干使いにくさを感じますが、5000パンプは大きいと思います。

旧ネオンメサイアはパンプはないですが、確実に次の超越コストを持ってこれるので、採用している人もいるみたい。

ネオメサイアに乗れなかった時、次のターンに確実に乗りなおすこともできます。

バトルフェイズ中に解呪しないとアウリオンは5000パンプスキルが活かせないので、フラジオレットとバサルティスは両方使える選択肢を持っておきたいです。

今回はFVがRRR仕様なのも地味にうれしいですね。

 

スポンサーリンク

 

メサイア軸のフィニッシュルート

メサイアのフィニッシュルートを紹介します。

色々アプローチがありますが、これが理想盤面ですかね?

妨害のないクランには脅威そのものだと思います。

アレスターのところはレディフェンサーでもオッケーです。

アレスターだと相手の呪縛カードが1枚増えるので、ハーモニクスの要求値が上がります。

メタレイアメサイアならV裏にはアローザルが欲しいですね。

裏のカードはネオメサイアの超越ボーナスで呪縛したドーベルです。

V裏はサクリファイスやカメレオンでも問題ないです。

 

①左のレディフェンサーでデュナミスのブースト付けてアタック。

②レディフェンサーのバトル終了時スキルを処理。

③デュナミスのスキルで呪縛したレディフェンサーを解呪。

④左のレディフェンサーでアタックして、自身を呪縛。

⑤右のアレスターでデュナミスのブーストを付けてアタック。

⑥デュナミスのスキルで右のレディフェンサーを解呪。

⑦アレスターのスキルで自身と相手の後列を呪縛。

⑧レディフェンサーでアタックして、自身をスキルで呪縛。

⑨ハーモニクスで全部解呪して攻撃(想定だと7枚)。

⑩ドーベルの解呪スキルでカウンターチャージ。

⑪また1~8までコストを支払えるだけ繰り返し。

 

レディフェンサーはソウルチャージスキルがあるので、デュナミスのソウルコストをキャンセルできます。

一応⑩のルートまででCB3の5パンですね。

常に10000要求以上なので防ぐのはかなり厳しいです。

ドーベルでカウンターチャージできるので、さらに攻撃回数が増えますね。

ただソウルチャージしまくるので、デッキ切れには注意です。

デュナミスの4000パンプは②ではアレスターに、⑥ではVに与えます。

⑥のパンプはライン上意味ないので、ドロートリガーのソウルインなどを必要に応じて使います。

V裏がサクリファイスなら解決しますけどね。

結局このルートだとVのパワーは61000以上なので、そこまで神経質にならなくても大抵はノーガードしてくれますw

 

まとめ

メサイア軸のデッキ考察を書いていきましたが、どうだったでしょうか?

今回は新規カードを中心に構築してみました。

メサイアはデッキ構築が幅広く、攻めのアプローチが多いので面白いですよね。

序盤さえ切り抜ければ無類の強さだと思います。

この記事について改善点や疑問点があれば、遠慮なくコメントください!

メサイアは最低限パーツが揃えば十分に戦えるので、初心者の方も興味があったら組んでみてください!

>>再誕の救世竜の通販購入はこちら

 

スポンサーリンク