今日のヴァンガードGZの3話で蒼波帥竜 フラッドハザードドラゴンのテキストが一部判明しました。

おそらく究極超越のRRR枠です。

蒼波は今回はかなり熱い強化ですよね。

正式なテキストがまだ出てないのですが、簡単に個人的な感想を書こうと思います。

 

※追記

10月23日の今日のカードで正式なテキストが判明しました。

>>正式なフラッドの評価はこちら

 

スポンサーリンク

 

蒼波帥竜 フラッドハザードドラゴンの一部テキスト

アニメで判明したテキスト

G4 15000+

CB1、手札1枚捨てる:4回目のアタックしたバトル終了時、ドライブ-3してVスタンド

GB2などは特になし。

 

蒼波帥竜 フラッドハザードドラゴンはCB1、手札1枚をコストに4回目の攻撃終了後にスタンドするスキル。

Vスタンドは今までの傾向上、初回からはできないようになっているのですが、これは使えちゃいますね。

妨害に弱いのは相変わらずですが、これは蒼波にとってはかなりの強化です。

テトラボイルはスタンド後もツインドライブがあるので、フラッドハザードと比較するとプレッシャーはこっちの方が上ですね。

まだ正式に判明はしていないですが、フラッドハザードは2回目以降の超越では何か追加のスキルがあるかもしれないですね。

ドライブチェックが1回出来るようになったり、Vのパワーが上がったり。

こればかりは続報を待つしかないですね。

今回は正式に判明していないので、ここらへんで!

 

まとめ

蒼波帥竜 フラッドハザードドラゴンはまさかのテトラボイルと似たような性能でしたね。

ネタ切れなのか分かりませんが、蒼波はVスタンドで押していくってことなのかな?

とにかく蒼波は初回は先行GGができないと渋めだったんでいい強化だと思います。

また正式な効果が判明したら詳しく書きたいと思います。

>>究極超越の予約はこちら

 

スポンサーリンク