10月23日の今日のカードは蒼波帥竜 フラッドハザード・ドラゴンと蒼波竜 アーセナルフリート・ドラゴンでした。

早速アニメのアクアフォースが出てきましたね。

前回は軽く判明分だけの感想を書きましたが、今回はもっと詳しく書いていきたいと思います。

早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

蒼波帥竜 フラッドハザード・ドラゴンの性能

G4 15000+

【超越】 – ストライドステップ – [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。

【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1),あなたの、Gゾーンからこのユニットと同名の裏のカードを1枚選び、表にし、手札から2枚選び、捨てる] 「蒼波」を含むリアガードがアタックしたバトルの終了時、あなたの「蒼波」を含むハーツカードがあり、このターン4回目のバトルなら、コストを払ってよい。払ったら、このユニットを【スタンド】し、ドライブ-3。

【永】【(V)】【Gブレイク】(3):このユニットのドライブ+1し、あなたの前列の「蒼波」を含むリアガードすべてのパワー+2000。

 

スキルは蒼波のリアガードの4回目の攻撃終了後にCB1と手札2枚をコストにスタンドするスキル。

手札コストはアニメでは1枚のように見えましたが、2枚でした。

初回からVスタンドしますが、手札は他の超越と比べて2枚損になってしまいます。

さすがにここら辺はうまく調整してきましたね。

2回目以降はリアガードパンプとドライブが1回増えます。

ギアネクストっぽいやつですね。

先攻Gガーディアンではフルに使えないけど、その後はちゃんとしたタイプ。

GB3は永続なので1回目の攻撃は4ドライブ、2回目は1ドライブで合計5ドライブできます。

1~2回目も蒼波名称なら単騎11000で攻撃できますし、かなりアクアフォース使いにはうれしいスキルなのでは?

蒼波には最強のクリティカルがあるので手札もなんとかなりそうです。

初回でフル展開して、次のターンにゼロスドラゴンで決めに行く流れもありますしね。

ブルータルトルーパーは高くなるかもしれないので、早めに集めた方が良さそうです。

※追記 ブルータルは再録が決定しました!

スタンド条件は4回目の攻撃が蒼波のリアガードである必要があるので、非名称は採用しにくくなりました。

工夫すればなんとでもなりそうですが、新規で優秀な蒼波名称いるっぽいし、タイダルは現役引退ですかね?

序盤がかなり強いので、まだ分かりませんが、フォイボスなど強いカードも多いので、色々試してみたいです。

僕が一番評価したい点は2回目の攻撃をヴァンガードに限定する必要がないということです。

テトラボイルはアンガーと組み合わせた時は、絶対に2回目の攻撃じゃないといけなかったので、ルキアノスが少し使いにくいかったです。

ボイル自体は初撃に回数指定がないので、ヴァレオスでも普通に使えますけどね。

今日のカードに出てきた蒼波竜 アーセナルフリート・ドラゴンも2回目の攻撃でスキルを持っています。

テトラボイルは4回目の攻撃が非名称でも使えるし、アンガーボイルの超越ボーナスもまだまだ強いので、1セットは入れておきたいですね。

 

まとめ

蒼波帥竜 フラッドハザード・ドラゴンはやっぱりGB3で追加のドライブ持ちでしたね。

初回から使えるだけでも強力なのにドライブが増えたり、小回りが利いたり、うれしいポイントが多いです。

テトラボイルも完全に劣化というわけではないので、うまく使い分けできるといいですね。

ただ同時に公開されたアーセナルフリートが2回目指定なので、ボイルは今後使いにくくはなるかもしれないです。

とにかく色々デッキ構築の択ができたので、個人的にはかなり楽しみです。

>>究極超越の最安値予約はこちら

 

スポンサーリンク