10月25日の今日のカードは忍獣 サイレンフォックスと門弟の忍鬼 ミノスケでした。

両方とも究極超越で収録されるむらくものCユニットですね。

最近は色んなクランの強化が目立つのでむらくもにも期待です。

今回は忍獣 サイレンフォックスを見ていきます。

 

スポンサーリンク

 

忍獣 サイレンフォックスの性能

グレード1 7000

影縫-【自】【《R》】〔GB:1〕:[カウンターブラスト(1),このユニットをソウルに置く] あなたの「ヤスイエ」を含むユニットがヴァンガードにアタックし、ヒットしなかったバトルの終了時、このユニットがブーストしていたら、コストを払ってよい。払ったら、あなたのユニットを1枚選び、山札からそのユニットと同名のカードを2枚まで探し、別々の《R》にコールし、山札をシャッフルし、そのターンの終了時、そのコールされたユニットの中から1枚を1枚を手札に戻し、1枚を山札の下に置く。

 

忍獣 サイレンフォックスはヤスイエをブーストした攻撃終了時、影縫が発動。

CB1と自身をソウルインでユニットを選択して、デッキから同名を2枚コール。

ターン終了時に、そのうちの1枚を手札に加え、もう1枚をデッキ下に。

ヤスイエテンマと似たような効果を持ったグレード1です。

影縫なのでやはり5点の時に使うことができれば、かなりのプレッシャーになります。

テンマと違って2体呼ぶことができるので、攻撃回数も1回多いですね。

自身はソウルに入りますがターン終了時に1枚手札に返ってくるので、アド損もなくなります。

ブーストはヤスイエじゃないといけないですが、審判ヤスイエのボーナスで簡単に呼べるので、問題はなさそうですね。

審判ヤスイエは影縫で手札に戻るので、サイレンフォックスを処理する前に手札に戻せば無駄もないです。

ヤスイエゴウマを使うのもいいと思います。

ただ審判ヤスイエはヴァンガードとブーストしたやつですでに2枚出ているので、デッキにもう2枚残っているか微妙です。

ないときには反対の列の単体11000で殴れるアタッカーを選択すればオッケー。

タンバで先にドロップのヤスイエを戻して使うのも賢いです。

ここら辺のやり繰りはむらくも使いの腕の見せ所ですね!

 

 

まとめ

忍獣 サイレンフォックスは影縫のフィニッシュ力を上げる優秀なG1でしたね。

気になるのはG1の枠ですが、実際どうなのでしょうか?

これはヤスイエ使いに聞いてみたいところですね。

僕の友達もヤスイエを使っているので、色々デッキを研究していけたらと思います。

個人的にはマガツの強化が欲しいですが、やっぱ来ないのかな・・

>>究極超越の最安値予約はこちら

 

スポンサーリンク