10月27日の今日のカードは閃牙の解放者 ガルモール・エクセル、あじゃるがる・解放者、解放者 ボード・アンダルシアンでした。

3枚とも究極超越に収録されるガルモールと解放者のカードですね。

ガルモールは剣牙激闘で唐突に強化されましたが、内容は正直いまいちでしたよね。

今回は閃牙の解放者 ガルモール・エクセルについて見ていきます。

 

スポンサーリンク

 

閃牙の解放者 ガルモール・エクセルの性能

G3 11000 ヒューマン

【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1)] あなたの、「解放者」か「ガルモール」元々含むGユニットが【超越】した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札の上から3枚見て、「解放者」を含むカードを2枚まで別々の(R)にコールし、残りのカードを山札の下に好きな順番で置く。

【自】【(V)】【Gブレイク】(1):[あなたの「解放者」を含むリアガードを2枚選び、山札の下に好きな順番で置く] あなたのターンの終了時、コストを払ってよい。払ったら、1枚引く。

 

超越時2枚コール

解放者かガルモールに超越した時、CB1で3枚見て2枚の解放者をコール。

対応しているGユニットは現状だと上記の2枚のみですね。

CB1で2枚コールなので、コスト効率はかなりグッド!

上書きコールもオッケーなので、色々小回りが利きます。

解放者限定なので、非名称のハイビーストと合わせるのは少し辛くなりましたけどね。

Gユニットのガルモールはクリティカルは初回から上がらないので、基本初回はホーリーフレイムが安定になるかも?

こればかりは新規のGユニット次第ですね。

 

スポンサーリンク

 

ターン終了時1枚ドロー

もう一つのスキルは、GB1でターンの終了時に解放者を2枚デッキの下にもどして1ドローできるもの。

ゴルパラは展開力がありすぎて退却のないクラン相手には、盤面が埋まっていて展開力を十分に活かすことができない場面がありました。

グルグウィントは後列インターセプトでそれを補っていましたが、解放者は今まで微妙でしたよね。

展開したカードを手札に変換できるいいスキルだと思います。

ターン終了時に好きなカードを2枚戻せるので、呪縛対策にもなります。

ガルモールの展開はかなりランダム要素があるので、トリガーなどもコールせざるを得ない場面があると思います。

それもこのGB1である程度対応できますね。

シャッフルする手段がG4ガルモールときゃっちがるくらいですが、トリガー率も上げることができます。

いっそツクヨミのようにデッキを1周させるのを前提でデッキを組むのも面白そう!

基本はG4ガルモールでトリガー率を上げつつ、プレッシャーをかけていくデッキになるんですかね?

 

まとめ

閃牙の解放者 ガルモール・エクセルは癖がなく、簡単に展開できるG3ストライダーでしたね。

なぜ剣牙激闘の時にこういったカードを出さなかったのか?(笑)

あとはフィニッシャーのGユニットですよね。

展開はこれで十分になったので、もっとプレッシャーをかけられる新規Gユニットが来れば最高です。

グレアのデッキでも使える解放者の専用Gユニット希望です。

メイルが究極超越で超絶強化されただけに、解放者も期待せずにはいられないですね!

>>究極超越の最安値予約はこちら

 

スポンサーリンク