10月30日の今日のカードは暁天剣聖 グルグウィント・ヘリオス、陽日の騎士 サロニウス、日射の騎士 カリヌスでした。

究極超越に収録されるグルグウィント関連のユニットですね。

グルグウィントは元々攻防隙のないデッキでしたが、さらに強くなりましたね。

今回はG2アタッカーの陽日の騎士 サロニウスについて見ていきます。

 

スポンサーリンク

 

陽日の騎士 サロニウスの性能

G2 9000

【永】【(R)】結束(このターンにあなたがユニットを2枚以上コールしていれば有効):あなたの「グルグウィント」を含むグレード4のヴァンガードがいるなら、あなたのユニットすべてのパワー+2000。

【自】【(R)】:あなたの「グルグウィント」を含むヴァンガードがアタックされたバトルのガードステップ開始時、このユニットをソウルに置いてよい。置いたら、あなたの山札の上から2枚を(G)にコールする。

 

すべてのユニットを2000パンプ!

一つ目のスキルは結束ですべてのユニットに2000パンプ!

左右に配置できれば4000パンプです。

G4のグルグウィント指定なので実質GB1。

単純にグルグウィント指定なら相手のターンにもパンプできたのですが、ここらへんはしっかり公式が調整してきましたね。

天道聖剣 グルグウィントと合わせて使うとえらいパンプ量になりそうです。

今後は基本的にグルグウィントヘリオスが初回超越候補になるのでしょうが、後半に天道聖剣で詰めに行くパターンも強いですよね。

グルグウィントヘリオスに7000ブーストを付ければ、さらにラインを上げることができます。

シンプルに強いスキルだと思います。

 

スポンサーリンク

 

ソウルインで2枚ガーディアンに!

二つ目のスキルはグルグウィントがアタックされた時、自身をソウルインして山札から2枚をガーディアンにコールするもの。

ぶれいがると似たようなスキルですが、サロニウスはCBを使いません。

山札から2枚コールなので、多少ランダム性はありますが、よほど運がない限り、インターセプト以上のシールド値は出せるでしょう。

一応GBがないので、こっちが先行で相手の初回超越時にスキルを使えるのはうれしいです。

最近は普通にリアガードでも15000要求以上してくるので、サロニウスの出番は多そうです。

退却や呪縛に弱いのはしょうがないですが、ソウルも増えるし優秀なユニットだと思います。

旭光剣爛 グルグウィントのコストを確保できるので、終盤に攻めの選択肢を広げることもできます。

これ複数回使われると本当に手が付けられないんですよね。

旭光剣爛は最近値段も落ちているので、欲しい人はショップなどで探してみるといいかも。

 

まとめ

陽日の騎士 サロニウスは攻撃防御ともに優秀なアタッカーでしたね。

強いて気になる点を挙げるとすれば、自身でユニットをコールできないので、連パン性能が落ちてしまうことくらいでしょうか?

でも今後はグルグウィントヘリオスがメインになってくると思うし、連パンよりもヴァンガードで強引に決めるデッキの方が多くなる気がします。

レアリティがRなのでキナリウスよりも集めやすいのもグッド。

グルグウィントのデッキも究極超越でかなり熱い強化をもらいましたね!

僕は青き炎とガルモールがメインなので、解放者にも新しいGユニットが来るとうれしいです。

>>究極超越の最安値予約はこちら

 

スポンサーリンク