10月31日の今日のカードは怒髪の忍鬼 イッカクと座興の忍鬼 センベーでした。

両方とも究極超越に収録されるむらくものCカードですね。

むらくもは究極超越でどういった強化をされるのか不安な自分がいますw

今回は座興の忍鬼 センベーを見ていきます。

 

スポンサーリンク

 

座興の忍鬼 センベーの性能

G1 7000

【起】【(R)】【ターン1回】:[【カウンターブラスト】(1),あなたのドロップゾーンから1枚選び、山札の下に置く] あなたのユニットを2枚選び、そのターン中、1枚をパワー-5000し、もう1枚をパワー+5000。そのターンの終了時、このユニットを手札に戻す。

【起】【手札】【Gブレイク】(1):[【ソウルブラスト】(1),このカードを捨てる] (V)以外のあなたのサークルのカードを1枚選び、山札の下に置く。置いたら、2枚引く。

 

2体のパワーを増減

一つ目のスキルはCB1とドロップのカードを山札下に置くことで、ユニット2体を選択して、1体を5000+、もう1体を5000-するもの。

そして自身はターン終了時手札へ。

なかなか頭を使うトリッキーなスキルですね。

ドロップに戻すカードはトリガーでもいいのはうれしいポイントです。

左右のどちらか一方にパワーを寄せることで、影縫のプレッシャーをさらに高めることができます。

相手が4点の時はそういう戦い方は有効かもしれないですね。

自身はターン終了時に戻るので2つ目のスキルを次のターンに使う選択肢もできます。

 

スポンサーリンク

 

質のいい手札交換

もう一つのスキルは手札で発動するもの。

手札のセンベーを捨てて、SB1、V以外のサークルのカードをデッキ下に置いて2ドローできます。

アドバンテージにはならないけど、質のいいドローは遊戯王によくあるやつですねw

サークル指定なので呪縛カードも戻すことができます。

デッキに戻すカードは一つ目のスキルでパワーをマイナスしたユニットでもいいですね。

ソウルコストは実際どうなんでしょう?

ヤシャバヤシでめっちゃ使うイメージですが、センベーを4積みするならちょっとつらい場面が出てきそうですよね。

そこらへんは新規FVのミノスケやベレヌス互換のマサムラで頑張れってことなんでしょうか?

オニバヤシはG1の枠がきつそうですし。

ヤスイエ使いのソウル事情は正直分からないので誰か教えてください。

 

まとめ

座興の忍鬼 センベーはパワーを分散させたり、質のいい手札交換ができるなどかなりトリッキーなカードでしたね。

呪縛対策にもなるので今の環境なら4積みレベルの性能なのではないでしょうか?

G1は以前にも出てきたサイレンフォックスもいますし、枠がかなりきつそうですね。

コスト管理も結構大変そうなイメージです。

ヤスイエは友人が持っているので、究極超越発売後は色々研究してみたいと思います。

>>究極超越を最安値で予約する

 

スポンサーリンク