11月1日の今日のカードは、グロウヒーター・ドラゴン、バーニングホーン・エヴォリュート、ドゥームブリンガー・ハイフレイムでした。

3枚とも究極超越に収録されるオーバーロードのカードです。

ついにオーバーロードのリアガードも出てきましたね。

今回はG1ユニットのドゥームブリンガー・ハイフレイムについて見ていきます。

 

スポンサーリンク

 

ドゥームブリンガー・ハイフレイムの性能

G1 7000 フレイムドラゴン

【自】:このユニットが《R》に登場した時、あなたのドロップゾーンから「オーバーロード」を含むカードを2枚まで選び、山札に戻し、1枚以上戻したら、山札をシャッフルする。2枚以上戻したら、1枚引く。

【自】【《R》】:[このユニットを退却させる] あなたのライドフェイズ開始時、コストを払ってよい。払ったら、そのターン中、「オーバーロード」を含むGユニットに超越するなら、あなたは次の【超越】のコストを払わずに【超越】できる。

 

1ドロー

ドゥームブリンガー・ハイフレイムは登場時にドロップのオーバーロードを2枚山札に戻すことで1ドローできるスキル。

かげろう使いなら1ドローがどれだけ貴重か痛いほど分かるはず!

ただ気になる点はシャッフルしてからドローする上に、トリガー率が少し落ちてしまうことです。

序盤にオーバーロード2枚を落とすのはかなり難しいし、Gガーディアンのディフィートも使いにくくなります。

ドローはシンプルに強いけど、正直使いにくい印象です。

 

超越補助

もう一つのスキルはライドフェイズに自身を退却することによって超越コストを支払えるというもの。

ダッドリーや銃士などにあるやつですね。

これらと違ってGBがないので初回から使えるのは魅力的ですが、ドロー効果を序盤に使いにくいので、コールするのはもったいないような気がします。

相手の退却や呪縛に弱いのも気になりますよね。

オーバロードのGユニット限定というのも困る時がありそうです。

思考停止でラーヴァを抜いて、ハイフレイムを入れたいとは思えない性能です。

まぁ真の評価は新規のGユニットやG3次第ですね。

 

まとめ

ドゥームブリンガー・ハイフレイムは強力なドロー効果に加えて、超越補助にもなるグレード1でしたね。

現状ではラーヴァフロウを抜いてこいつを4積みはちょっと怖いです。

オーバーロードは一番期待している名称なだけに、性能には若干不安要素を感じますが、すべては新規のGユニットとG3次第といったところ。

アニメでも櫂君は出てくるっぽいので続報に期待ですね!

>>究極超越の最安値予約はこちら

 

スポンサーリンク