11月1日の今日のカードは、グロウヒーター・ドラゴン、バーニングホーン・エヴォリュート、ドゥームブリンガー・ハイフレイムでした。

3枚とも究極超越に収録されるオーバーロードのカードです。

究極超越の発売まであと2週間くらいですね。

今回はグロウヒーター・ドラゴンについて見ていきます。

 

スポンサーリンク

 

グロウヒーター・ドラゴンの性能

G2 10000 フレイムドラゴン

【自】:このユニットが(V)か(R)に登場した時、あなたの手札から1枚まで選び、公開し、そのカードか、あなたのヴァンガードが「オーバーロード」を含むカードでないなら、そのターン中、このユニットのパワー-5000。

【永】【(R)】:あなたの「オーバーロード」を元々含むグレード4のヴァンガードがいるなら、相手のダメージゾーン1枚につき、このユニットのパワー+2000。

 

メイルのエルダモスと同じやつ

一つ目のスキルはメイルストロームの新規G2エルダモスと同じ10000アタッカーですね。

最悪手札にオーバーロードがなくても相手のターンにはしっかり10000なのでしょうもない9000のアタックを防ぐことができます。

特にFVをリア裏に置いて、ベレヌス互換と合わせて攻撃されるのは本当に嫌いなので、有用な10000が出てきてうれしいです。

現状でも10000バニラをオーバーロードに採用している人は結構見るので、これはかなり熱い強化なのではないでしょうか?

フレイムドラゴンなのもいいですね。

オーバーロードに封竜のバニラを入れるのは気持ち悪かったので助かります。

 

 

相手のダメージゾーンの数だけパンプ

もう一つのスキルはバーニングホーン・エヴォリュートと同様に、相手のダメージゾーン1枚につき2000パンプするもの。

グロウヒーター・ドラゴンは元々10000なので3点でも単体10000要求できますね。

ネハーレンは単体で最大21000になりますが、グロウヒーターはフレイムドラゴンかつ10000なので攻め守りとバランスがいいです。

エヴォリュートもそうですが、シンプルにパワーが上がるユニットはありがたいですね。

よくネハーレンは終盤追い込む用に温存したりしていたので、今後は惜しみなく初回から使っていけそうです。

ネハーレンは解雇かもしれないですが・・

 

まとめ

グロウヒーター・ドラゴンは攻守バランスの取れたいいオバロ専用アタッカーでしたね。

今の時点ではG2はグロウヒーター4、エヴォリュート4、バルジャ4の構築にしようかなと思っています。

あくまで今の時点なので、新規GユニットやG3で変わることはもちろんありますが。

やっぱ真の評価はG4,G3が判明してからですね。

結局何が言いたいかというと、早くオバロ全部公開してくれ!

>>究極超越の最安値予約はこちら

 

スポンサーリンク