11月2日の今日のカードは破壊新帝 ガイアデバステート、光波竜 カスモルクス、重弾竜 ディアブロキャノンでした。

両方とも究極超越に収録されるたちかぜのユニットですね。

まさか木曜にRRRのたちかぜが判明するとは意外でした。

今回は重弾竜 ディアブロキャノンについて見ていきます。

 

スポンサーリンク

 

重弾竜 ディアブロキャノンの性能

G2 9000

【自】【(V)/(R)】:暴喰(アタック時、あなたの他のリアガードを1枚退却させてよい。退却させたら、そのターン中、暴喰状態になる)

【永】【(R)】:あなたの「ガイア」を含むヴァンガードがいるなら、このユニットのパワー+2000。

【自】【Gブレイク】(1):[あなたの手札から1枚選び、捨てる] あなたの暴喰能力を持つヴァンガードの、効果かコストで、暴喰状態のこのユニットが(R)から退却した時、コストを払ってよい。払ったら、このカードを(R)にコールし、そのターン中、パワー+5000。

 

ガイアがVなら単体11000

1つ目のスキルはヴァンガードがガイアなら2000パンプするもの。

永続スキルでGBがないので、先行で相手のG2バニラに攻撃が届きますし、返しにも強くなります。

単純に後半も2つ目のスキルで復活させた後に10000要求で連パンできるのは強力です。

 

退却したら復活

2つ目のスキルは暴喰状態になった自身が、暴喰能力を持つヴァンガードの効果かコストで退却した時に、手札を1枚捨てて、5000パンプして復活するもの。

1つ目の永続スキルで元々単体11000なので最低でも16000ラインで追撃が可能ですね。

下準備として自身が暴喰状態である必要があり若干使いにくさを感じますけど。

手札コストもたちかぜにはちょっときつい部分がありますね。

タンクマンモスとは違ってGBが付いているので序盤から連パンは無理ですが、ディアブロキャノンはCBを使わないので、CB消費が激しい構築には積極的に採用したいところです。

シンプルに強いカードだと思います。

 

まとめ

重弾竜 ディアブロキャノンはCBを使わない連パンアタッカーでしたね。

ガイアはボーナス以外でも復活する手段が欲しかったので、十分に候補に入るカードですね。

ガイアは究極超越から組もうと思っているのですが、G2の枠はどうなんでしょうか?

アパトメーザーやギガントフレイム、ジグソーサウルスなど優秀なカードが多いので迷いますね。

今日同時に公開された光波竜 カスモルクスも強力です。

発売後にガイアは色々研究してみたいです。

>>究極超越の最安値予約はこちら

 

スポンサーリンク