11月2日の今日のカードは破壊新帝 ガイアデバステート、光波竜 カスモルクス、重弾竜 ディアブロキャノンでした。

両方とも究極超越に収録されるたちかぜのユニットですね。

ガイアもついに情報が出てきましたね!

今回は光波竜 カスモルクスについて見ていきます。

 

スポンサーリンク

 

光波竜 カスモルクスの性能

G2 10000

【自】:このユニットが《V》か《R》に登場した時、あなたの手札から1枚まで選び、公開し、そのカードか、あなたのヴァンガードが「ガイア」を含むカードでないなら、そのターン中、このユニットのパワー-5000。

【永】【《R》】:あなたの「ガイア」を含むグレード4のヴァンガードがいるなら、あなたのGゾーンの表の暴喰能力を持つカード1枚につき、このユニットのパワー+3000。

 

オバロ、メイルと同じやつ

光波竜 カスモルクスはオバロ、メイルと同じ条件付き10000アタッカーですね。

まさか超越軸のデッキにこの互換が来るとは思いませんでした。

今後この互換は他のテーマに配られるのでしょうか?

10000は安定して相手のしょうもない9000の攻撃を防げるだけで単純に強いです。

光波竜 カスモルクスを採用する場合はヴァンガードをガイアで固める必要がありますが、そこまで問題はないでしょう。

ガイアには11000のギガントフレイムがいますが、手札によってはヴァンガードに攻撃できない場面がありましたよね。

そういう意味ではカスモルクスの方が序盤安定すると思います。

ただカスモルクスは暴喰能力を持っていない点が気になりますね。

究極超越のガイア関連の新規はリアガードが暴喰状態である必要があります。

 

スポンサーリンク

 

Gゾーンの暴喰の枚数につきパンプ

もう一つのスキルはGゾーンの暴喰を持つカード1枚につき3000パンプするもの。

1回目の超越では3000、2回目の超越では9000と後半になるにつれて、パワーが高くなります。

特に2回目は7000ブーストで26000ラインを作れるのでかなり強いと思います。

Gガーディアンは暴喰は1枚もついていないので、パンプには影響はありません。

 

 

まとめ

光波竜 カスモルクスはオバロとメイルと同じ互換の高パワーアタッカでしたね。

後半になればなるほど、パワーが上がるのはグロウヒーターと似ています。

個人的には気になるのはやっぱり暴喰を持っていないこと。

シンプルに強いのですが、今のところギガントフレイムを優先して入れたいところです。

たちかぜはリンクジョーカーともまともに戦えるようになったので色々楽しみですね。

>>究極超越の最安値予約はこちら

 

スポンサーリンク