昨日の週ヴァンZでドラクマとブレマス関連の新規が2種判明しました。

新規のブレマス関連はGユニットとG2アタッカーです。

Gユニットの方は名前がかっこよくて一瞬GR?と思いましたが、Rでしたねw

今回は覇天皇竜 エクセンドグレイヴ・ドラゴンを見ていきます。

 

スポンサーリンク

 

覇天皇竜 エクセンドグレイヴ・ドラゴンの性能

G4 15000+

自【V】竜炎

起【V】ターン一回[CB1,あなたのGゾーンから裏のカードを1枚選び、表にする]そのターン中、このユニットは「自【V】:竜炎状態のこのユニットがアタックした時、1枚引き、相手のリアガードを1枚選び、退却させる。」を得る。

 

覇天皇竜 エクセンドグレイヴ・ドラゴン。

めっちゃかっこいい名前ですね。

生放送を見ていないので、一瞬GRのカードだと思いましたw

スキルはCB1、Gゾーンの1枚を表にして、「竜炎状態のこのユニットがアタックした時、相手のユニットを1枚退却、1ドロー」を与えるもの。

やっと初回超越でそれなりに強いカードがもらえましたね。

今までのかげろうの初回超越はボーテックスかムスタファーくらいでしたが、ついにドローできるGユニットが出ました。

かげろうの1ドローがかなり強力であることは、かげろう使いなら痛いほど分かるはずです。

退却対象がいなくてもドローできるのもいいですね。

今までは退却対象がいないときは戴天を表にするためだけに、ボーテックスに超越することが多かったので。

エクセンドグレイヴも好きなカードを表にできるのでしっかり戴天を表にすることができます。

ボーテックスは解雇かなw

基本的には満足ですが、強いて文句を1つ言わせてもらうとすると、ナーデルが使いにくくなることですね。

ブレードマスターの超越ボーナスとエクセンドグレイヴの退却だけだとメインフェイズの退却はないので、ナーデルのコスト回復スキルが使えません。

事前配置していれば、ブレマスの超越ボーナスでスキルが反応するので問題はありませんが。

あとは退却が攻撃時なので竜炎を若干達成しにくい場面があること。

エクセンドグレイヴの退却なしで竜炎を達成しないといけません。

初回超越の段階で相手が盤面をフルに埋めていることは稀だと思いますが、こちらの手札によっては竜炎を達成するのがつらいことがありそう。

あ、2つ文句言ってましたねw

 

スポンサーリンク

 

でも結局はズィーゲン

エクセンドグレイヴは癖のない退却とドローで初回超越としては合格点ですが、基本は先攻Gガーディアンでズィーゲンを狙いたいですね。

カズマに「やっぱズィーゲンブルグじゃねーか」と突っ込まれそうですがw

後攻で超越させてもらえるならエクセンドグレイヴ一択ですが、結局ズィーゲンが一番強いです。

何が言いたいかというと、新規が来てもやることは今までと変わらないってことですね。

でもエクセンドグレイヴの追加で全体的な安定感は増しました。

 

まとめ

覇天皇竜 エクセンドグレイヴ・ドラゴンはかげろうの弱点であった初回超越の弱さをある程度補ういいGユニットでしたね。

CBを使うので、手札の状況によっては他のGユニットでもいいと思いますが、基本初回超越はエクセンドグレイヴになりそう。

ほとんどはブレードマスターで使うことになりそうですが、他の軸でも十分に使える性能です。

オーバーロードは新規のGRの性能次第です。

早く公開されないかな・・

>>究極超越の最安値予約はこちら

 

スポンサーリンク