11月8日の今日のカードは移植の守護天使 イフディエルと聖霊守護天使 ラギュエルでした。

両方とも究極超越に収録される守護天使のカードですね。

僕個人としても守護天使はデッキを組んでいるので、これは激熱の強化です。

今回はG3ユニットの移植の守護天使 イフディエルを見ていきます。

 

スポンサーリンク

 

移植の守護天使 イフディエルの性能

G3 11000 エンジェル

【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1) – あなたのユニットいずれかと同名の「守護天使」を含むカード] あなたのライドフェイズ開始時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのダメージゾーンから1枚選び、(R)にコールし、そのターン中、パワー+3000し、山札の上から1枚をダメージゾーンに表で置く。

【自】【(V)】:[【ソウルブラスト】(1)] あなたの「守護天使」を元々含むGユニットが【超越】した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札から1枚探し、ダメージゾーンに表で置き、ダメージゾーンから表のカードを1枚選び、回復する。

 

ボーナスで好きなカードをダメージに

まずは超越ボーナスから。

守護天使のGユニットに超越した時、ソウルブラスト1で好きなカードを1枚山札からダメージゾーンに置いて、表のカードを1枚ドロップに。

サリエルとほぼ同じスキルですね。

守護天使は盤面と同名のカードをダメージに仕込むことが重要になってくるので、それをVで出来るのはかなり革命的ですね。

サリエルはパワーが8000だし、CBを使うので個人的にはかなり使いにくかったです。

イフディエルはCBを使わないのでかなり評価が高いです。

ダメージゾーンに仕込むカードは都合上CBのコストには使えないので、サリエルは書いてあること以上にコストが重かったんですよね。

やっと公式も守護天使の強化の仕方を覚えたみたいです。

守護天使のGユニットは意外と豊富です。

脳筋のアナフィエル、堅実にアドを稼ぐミカエルに加えて、連パンのラギュエルも究極超越では追加されました。

すべてイフディエルの超越ボーナスと噛み合っており、やっと好き放題出来るなといった感じですね。

ダメージに置いたカードはナレルで簡単に回収できるので、好きなカードを疑似的にサーチもできます。

完全ガードだったり、ヒールだったり、必要なアタッカーだったり、本当に何でもサーチできます。

ダネルを置いて展開するのもいいですね。

元々欲しいカードが落ちている場合はナレルをボーナスで置いて、アナフィエルやミカエルでコールすれば簡単です。

本当に楽しくなってきました。

一方ボーナスのソウルコストは慎重に運用しないといけませんね。

超越補助のバハーリアでもソウルを使うので、調子に乗っているとすぐ足りなくなりそうです。

ボーナスは最低2回は使う機会がありますからね。

ソウルの補給手段はFVのベヌエルやヒット時のへエルくらいです。

バハーリアは緊急用としてダメージに仕込んでおいて、基本はG3で超越できるようにした方がいいかも。

非名称のナキールはちょっと採用しにくいので。

 

スポンサーリンク

 

ライドフェイズ時に1枚コール

そしてもう一つのスキルは、ライドフェイズ時に自分の盤面と同名のカードをCBコストにして、ダメージの好きなカードを1枚コールするもの。

3000パンプもついているので、ヨフィエルをコールすれば単体で17000になります。

CBとして裏返したカードもコールできるのはかなり評価が高いです。

盤面に依存しますが、ヴァンガードと同名はダメージに落ちている前提で考えれば、確実にコールできますね。

GBがないので、先行でライドした超越前に使うこともできます。

特にアナフィエルで攻めた後のターンはコストが支払いやすいですね。

2~4枚は盤面とダメージのカードが同名になっているでしょうし。

実質ノーコストで1枚盤面が増えるのはシンプルに強いです。

 

まとめ

移植の守護天使 イフディエルは超越ボーナス持ちのG3守護天使でしたね。

レアリティがRなのはちょっと不満ですが、性能はかなり満足です。

これで守護天使はやりたい放題出来るようになりましたね。

イフディエルの相方はヨフィエルにする予定なので、G3が両方Rになりますw

まぁバトラエルを使っているときもそうだったんですけどね。

守護天使は正直強化がないと思っていたので、うれしかったです。

守護天使はかなり安く組めるので、興味がある方は究極超越を機に是非組んでみてください!

この調子で煉獄やマガツも強化されるといいんですが。

>>究極超越の最安値予約はこちら

 

スポンサーリンク