11月8日の今日のカードは移植の守護天使 イフディエルと聖霊守護天使 ラギュエルでした。

両方とも究極超越に収録される守護天使のカードですね。

僕個人としても守護天使はデッキを組んでいるので、これはかなり熱い強化です。

今回はGユニットの聖霊守護天使 ラギュエルを見ていきます。

 

スポンサーリンク

 

聖霊守護天使 ラギュエルの性能

G4 15000 エンジェル

【超越】 – ストライドステップ – [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。

【自】【(V)】:[あなたの手札から1枚選び、ダメージゾーンに表で置く] このユニットがアタックした時、あなたの「守護天使」を含むハーツカードがあるなら、コストを払ってよい。払ったら、あなたのダメージゾーンから、あなたのユニットいずれかと同名の表のカードを2枚まで選び、別々の(R)にコールし、そのターン中、パワー+5000。2枚コールしたら、あなたのヴァンガードを1枚選び、1ダメージ。(ダメージチェックを行う。トリガーも発動する)

 

聖霊守護天使 ラギュエルは攻撃時に自分の手札を1枚ダメージに置いて、自分のユニットいずれかの同名ユニットを2枚までコールして5000パンプ。

そして2枚コールしたら自分のヴァンガードに1ダメージ(ダメージチェックあり)。

条件はエデンより厳しいですが、初回から高パワーでプレッシャーをかけられる強力なGユニットですね。

脳筋のアナフィエルと堅実なミカエルに加えて連パンができるGユニットが追加されました。

盤面と同名2枚は厳しい条件のように思えますが、同時に公開された移植の守護天使 イフディエルの超越ボーナスでなんとでもなります。

5000パンプもかなり強力で、トリガーがうまく出れば初回超越で決めに行くこともできますね。

守護天使のGユニットはそれぞれ役割がはっきりしているので状況に合わせて使いたいところです。

エデンの方が手札損失もなく、後半コール枚数は多いですが、イフディエルのボーナスが使えなくなるので注意が必要です。

そしてガウリールの十八番である救援チェックも疑似的ではありますが、ラギュエルで出来ますね。

これで実質的にドライブチェックは4回できるのでプレッシャーはかなりのものです。

ダメージゾーンに置くだとちょっとかわいそうだから、おまけで疑似救援を付けといたよ感はありますけどね(笑)。

コストして最初に手札を1枚ダメージゾーンに置くので、5点の時に使えないのではという意見がネット上でありましたが、スキルが完結した時点で6点にならなければ大丈夫です。

自爆互換は5点で使うと、スキルが完結した時点で6点になるので負けになりますけどね。

 

まとめ

聖霊守護天使 ラギュエルは初回から使える守護天使専用のGユニットですね。

基本はアナフィエルかラギュエルを状況に合わせて使うことになりそうです。

イフディエルの超越ボーナスは守護天使限定なので、ガウリールエデンよりはラギュエルの方が後半も使いやすいかも。

アルティエルは完全に守護天使では使わなくなるでしょうね。

守護天使のデッキ考察は究極超越発売後に書こうと思います。

>>究極超越の最安値予約はこちら

 

スポンサーリンク