今回はインフィニット軸のデッキ考察を書いていこうと思います。

混沌と救世の輪舞曲でカオスを組む予定だったのですが、デリュージもクライシスも当たらなかったので、インフィニットにしました。

色々モヤモヤポイントが多くて大変ですが、他の軸とは違ったことができるので面白いです。

デッキレシピなど色々書いていきます。

 

スポンサーリンク

 

インフィニット軸って何するデッキ?

インフィニット軸は超極審判で収録されたディスターヴのガード強要が最大の主張ですね。

Vにいる時でも、Rにいる時でもヒットすれば、アドを稼ぎながら追撃ができます。

星輝兵なので混沌と救世の輪舞曲で収録された強力なリアガードも使うことができます。

リンクジョーカーの中では珍しい動きをするのですが、ディスターブ以外はカオスで全部出来てしまうので劣化といわれても否定はできないです。

ディスターブのスキル自体、ブレイクライドのインフィニットゼロとセットでないといけないので、安定して使えません。

退却に弱いし、カオスほどコスト回復も簡単ではありません。

インフィニットの専用カードもそれといって強いカードがないのも渋いポイントです。

正直ファンデッキであることは否めませんね。

1月のThe GALAXY STAR GATEで強化待ちといったところです。

 

インフィニット軸のデッキレシピ案

Gゾーン

  • 滅星輝兵 グルーボール・ドラゴン×4
  • 滅星輝兵 クインテッセンス・ドラゴン×1
  • 星雲竜 ビッグクランチ・ドラゴン×2
  • ヒートエレメント メランドル×1
  • 創世竜 アムネスティ・メサイア×2
  • 創世機神 オルトワイルダー×1
  • 創世獣 デスティニー・ガーディアン×2
  • 創世機神 デストハーゲン×1
  • 終焉に灯る闇 ラクスカリーナ×1
  • メタルエレメント スクリュー×1

 

グレード3

  • 星輝兵 インフィニットゼロ・ドラゴン×4
  • 星輝兵 インフィニット・ディスターヴ×4

 

グレード2

  • 伴星の星輝兵 フォトン×3
  • 星輝兵 グロビュラディア×4
  • 星輝兵 コロニーメイカー×4

 

グレード1

  • 星輝兵 メトンアクス・ドラゴン×4
  • 鉄壁の星輝兵 トリウム×4 
  • デスティニー・ディーラー×4
  • 掃討の星輝兵 ブロマイン×1
  • 日食の星輝兵 チャコール×1

 

グレード0

  • 星輝兵 アポロネイル・ドラゴン×4 (☆)
  • 星輝兵 パラダイムシフト・ドラゴン×4 (☆)
  • 星輝兵 クォーク・シュービル×4 (引)
  • 星輝兵 ピクシー・パウダー×4 (治)
  • 錯綜の星輝兵 カーボン×1 (FV)

 

各グレードの解説

Gゾーンについて

結局グルーボールが一番強いです。

インフィニットの呪縛は基本こいつに任せます。

CBを使わないが本当に助かりますね。

パンプした状態で2回使いたいので、初回は出来るだけ他のGユニットでなんとかしたいです。

ディスターヴの要求値を上げてガード強要をしていきます。

文句なしに4積みです。

クインテッセンスは初回超越候補ですが、コストがかなり痛いです。

特にソウルはグルーボールを2回使うために2枚残しておきたいし、Gガーディアンのデストハーゲンも1回使いたいです。

Gゾーンを1枚表にできないのもマイナスポイントですね。

一応インフィニットの個性なので1枚採用です。

メランドルは割とマジで使いますw

呪縛対象がいないときにGゾーンの加速とディスターヴのパンプ目的で初回に超越することがあります。

グレーボールが一応Gゾーンの枚数を参照するので。

カオス軸だったらユニバースで簡単なんですけどね・・

ビッククランチは相手が抵抗を出してきたときに、使う機会がありますね。

究極超越から抵抗のユニットはアクアフォースで増えてきます。

枠がないので1セットのみの採用になります。

残りの枠はGB8とリンクミラーを意識した感じです。

エクセリクスはメランドルを入れる枠がなかったので抜きました。

Gガーディアンそれっぽい感じで!(途中で書くのめんどくなった笑)

 

スポンサーリンク

 

グレード3について

グレード3はインフィニット2種4枚ずつですね。

デッキの性質上、枚数を絞ることができません。

基本はインフィニットゼロの方に優先して乗りたいです。

先攻で手札にグロビュラディアがある時はディスターヴに乗って、カーボンでLB解除を出します。

結局それぞれG3を一枚ずつ手札に持っていないと序盤から仕掛けることはできないので、渋いことが多いです。

 

グレード2について

グロビュラディアとコロニーメイカーはデッキの要なのでそれぞれ4積み。

グロビュラディアは先行からディスターブのスキルを使う起点となり、後半もメトンアクスと合わせて26000ラインを作れます。

コロニーメイカーはメトンアクスを持ってくるマンです。

お互いCBを使うのでディスターブのCB2を残すように意識する必要があります。

カオス軸ならジンクで簡単なんですけどね・・

両方ともカオスで同じことができてしまうのが気になります。

残りの枠はフォトンです。

ていうか他のG2が微妙なのでフォトンしかいない感じですね。

相手のリアガードの呪縛はグルーボールで間に合っているのですが、先行でグロビュラデュアからのフォトンで前列を呪縛できます。

カオスならグロビュラデュアがいなくても先行で確実に呪縛できますけどね。

全体的な枠の問題で3積みです。

ゲミンガーはインフィニット専用カードですが、パンプ値が微妙過ぎて使いにくいです。

同じ縦列限定なのも気になります。

これ入れるならヴァンガードがG2からでもパンプするラドンを入れた方がいいですね。

二つ目の呪縛効果もそこまで強くないので、フォトンの方がマシって感じです。

インフィニットは相手が盤面を空けてくると何もできないので、ミューレプトンもありですが、CB2が重すぎます。

前述の通り、ディスターブのヒット時効果でCB2を使うので、絶対CBが足りなくなると思います。

カオスはジンクで簡単にコスト回復しますが、インフィニットはまともな回復手段がありません。

最悪ユニバースに超越してジンクを出すみたいなことはできますが、それなら素直にカオス組んだ方がいいと思います。

メビウスブレスはノーコストだし、序盤にも強いのでありですね。

終盤はディスターブとグロビュラデュラを優先してコールしたいし、バニラになってしまうのも許容範囲です。

テクネチウムはコスト回復はかなり魅力的ですが、手札コストが痛すぎます。

ただでさえ手札足りないのに、こいつに使ってられないです。

まぁこんな感じでG2はモヤモヤが残りますね。

 

スポンサーリンク

 

グレード1について

メトンアクスはディスターヴやグロビュラディアの要求値を上げるために4積みです。

GBが付いていたり、呪縛カードが2枚ないといけないので、ボルトラインの方が使いやすいという意見が多いですが、それはカオスでの話。

まずインフィニットは攻撃を当てないと勝てないので、メトンアクスの方が優先度は高いと思います。

とは言え、序盤に呪縛することもできるのでカーボンで呼べるように1枚ボルトラインを挿すのはいいかもしれないです。

超越補助はデスティニー・ディーラーを4積みです。

ペンローズゲートは星輝兵限定なので、ビッククランチやメランドルに超越するときにコストとして支払えません。

下のスキルもカオス専用なのでインフィニットには使えません。

これに関しては結構怒っています。

インフィニット軸ではエスペシャル要素が少ないのでディーラーで問題ありません。

ちょうどTDを2つ買って4枚余っているのでちょうどいいです。

完全ガードですが、CBが足りなすぎるのでコスモリースがおすすめですが、トリウムも捨てがたいです。

僕はメサイアの方にコスモリースを入れているので、トリウムを採用しました。

呪縛3枚という条件がカオスと比べて厳しいんですよね。

本当に相手依存になるので、それならコスモリースの方がいいかなという感じです。

非名称ですが問題はありません。

ブロマインは1枚採用しています。

これを使う場面というのは基本的に2パターン。

ディスターブにしかライドできなかった時と先行でVのディスターブを使ってアタックがヒットしなかった時です。

1つ目は単純に事故った時ですね。

ディスターヴのVの効果は先行で使わないとそれ以降はバニラ同然なので、インフィニットゼロに乗り換える必要があります。

2つ目は先行で仕掛けてVの攻撃がヒットしなかった時。

ヒットすればVがインフィニットゼロになって問題はありませんが、相手は当然Vの攻撃は可能であれば絶対守ってきます。

両方ともカーボンやコロニーメイカーで持ってくる前提の動きになります。

枠がなさすぎて1枚のみの採用ですが、結構仕事します。

LB解除のチャコールも1枚のみ採用。

先攻でディスターヴにライドして時に仕掛けるためです。

手札にグロビュラディアとインフィニットゼロがあれば、カーボンで持ってきて仕掛けることができますね。

序盤にライドしてしまったり、ダメージに落ちた場合は素直にインフィニットゼロにライドしましょう。

G1の枠は結構ギリギリのところでやっています。

 

スポンサーリンク

 

FVとトリガー配分について

FVはカーボンが結局一番安定します。

CBを使わずにソウルを貯めつつ、好きなカードをサーチできるので当たり前ですが強いです。

基本はメトンアクスを持ってきてラインを上げるのに使いますが、先行でブロマインやチャコールを出すことがあります。

ソウルが足りなくなりがちなので、メインにも入れたかったのですが、枠がカツカツすぎて無理でした。

G3を手札に加えることが大事なのでシズク互換も候補ですが、やっぱCBが痛いです。

あと僕はシズク互換を全く信用していません。

せめてブリンクドラコキッドみたいなFVをインフィニットにも欲しいです。

これに関してはスターゲートの国家ブースターで期待したいです。

トリガー配分は☆8引4治4です。

インフィニット軸はスタンドトリガーと相性がいまいちなので。

ディスターヴはヒット時スキルですが、ヴァンガードが攻撃する前にヒットしても意味がないのでスタンドは採用はしません。

インフィニット軸は名称指定がないので、ヒールはレディーヒーラーの方がいいかもしれないですが、メサイア軸とは別に4枚買うのが無理すぎたのでピクシーパウダーを採用。

クリティカルはアポロネイルがイラスト的に好みです。

 

まとめ

考察というほど大したことを書けていませんが大体こんな感じです。

インフィニット軸はまだカードプールが足りないこともあり、カオスと大きく差別化することは難しいですね。

究極超越ではリンクジョーカーのメタカードが増えているのも逆風です。

現状シングル価格の高いグルーボールを4枚買ってインフィニットを組むなら、カオスを作った方がいいと思います。

ただインフィニットは決まれば面白いので、カオスが飽きた人は1回組んで遊んでみてください。

G3を入れ替えるだけでほとんど完成するのでw

正直1月に発売されるThe GALAXY STAR GATEでの強化次第です。

混沌と救世の輪舞曲では直接強化がなかったので、ワンチャンあると思っています。

デッキ構築などでアドバイスがあったらコメントで教えてくれると嬉しいです。

>>The GALAXY STAR GATEの最安値予約はこちら

 

スポンサーリンク