11月10日の今日のカードは五戒法神 ヤスイエ・ゲンマと報復の忍鬼 オオボシでした。

2枚とも究極超越に収録されるむらくものユニットです。

むらくもは目玉カードの公開が結構焦らされていましたよね。

今回はRRR枠の五戒法神 ヤスイエ・ゲンマについて見ていきます。

 

スポンサーリンク

 

五戒法神 ヤスイエ・ゲンマの性能

G4 15000 デーモン

【起】【(V)】【ターン1回】:[【ソウルブラスト】(1),あなたのGゾーンからこのユニットと同名の裏のカードを1枚選び、表にする] あなたの、(R)かドロップゾーンから1枚選び、山札からそのカードと同名のカードを1枚まで探し、(R)にコールし、山札をシャッフルし、そのターンの終了時、そのコールされたユニットを手札に戻す。

影縫 – 【自】【(V)】【Gブレイク】(3):このユニットがヴァンガードにアタックし、ヒットしなかったバトルの終了時、ユニットを5枚まで選び、そのターン中、パワー+5000/クリティカル+1。

 

分身して終了時手札へ

一つ目のスキルはSB1と同名ペルソナでRかドロップゾーンのカードを1枚選んで山、札からコール、ターン終了時に手札に戻すというもの。

ドロップゾーンからも分身対象を選べるのは、かなりうれしいポイントですね。

むらくもはG2を素引きできていないと、いい動きができなかったので、この強化はかなり大きいと思います。

ターン終了時に手札に戻るので完全ガードやヒールを手札に加える動きも強力です。

またSBで落としたカードも分身の対象に選べるので、何もできないことはないですね。

ヤスイエなら超越ボーナスと合わせて左右のリアガードは安定して供給できます。

 

スポンサーリンク

 

影縫でRを強化

2つ目のスキルはGB3の影縫で自分のユニットを5枚まで選んで、5000パンプとクリティカル1+するもの。

クリティカルが上がるのがいいですね。

ユニットを5枚まで選べるので、イキュウやヤシャバヤシなどの後列アタック組と合わせて使いたいです。

同時に公開された報復の忍鬼 オオボシなら単体で21000の☆2攻撃ができます。

相手は4点の状況ならヴァンガードの攻撃も防がないといけないし、その後のリアガードの攻撃を全部ガードするのはさすがに厳しいです。

3点の状況でも相手をノーガードに誘いやすいですし、ガードされたとしてもドライブチェックでクリティカルを引けば☆3のリアガードの追撃があります。

シンプルに詰める手段として強いと思います。

今後は4点ノーガードをするファイターが増えると思うので、トリガー配分はクリティカル重視にしたいですね。

ヤスイエテンマは相手が5点の状況で輝くフィニッシャーなので、それ以外の場面で追い込む手段をもらえたのはかなり大きいですね。

ヤスイエ・ゲンマはハーツ指定もないのでむらくも全軸が強くなったと思います。

CBを使わないのもゼロスドラゴンを使う上では高評価です。

先攻Gガーディアンから適当に使っても簡単に5点に追い込めそうです。

 

まとめ

五戒法神 ヤスイエ・ゲンマはむらくも全軸で使える強力なフィニッシャーですね。

初回超越としても優秀なのでむらくも使いは絶対4枚集めたいカードです。

僕はマガツを組んでいるのですが、基本はゲンマがメインになりそうです。

究極超越のRRR枠は全部強力なので、相場は読めませんが、むらくもは比較的安くなりそう。

ゼロスドラゴンもいるのでむらくもはかなり強化されましたね。

マガツでショップ大会優勝するのも夢じゃないかもw

>>究極超越の最安値予約はこちら

 

スポンサーリンク