11月14日の今日のカードは黒衣の配剤 アラキーバ でした。

究極超越に収録される救援の完全ガードですね。

エンジェルフェザーもかなり熱い強化がもらえました。

この記事は昨日サボってた分です。

 

スポンサーリンク

 

黒衣の配剤 アラキーバ の性能

G1 6000

【永】:守護者

【自】:[あなたの手札から1枚選び、捨てる] このユニットが手札から(G)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのユニットを1枚選び、そのバトル中、ヒットされない。

救援1 – 【自】【ダメージゾーン】:あなたの救援能力を持つユニットがアタックされたガードステップ開始時、『表のこのカードを(G)にコールし、シールド+15000』してよい。そうしたら、あなたの山札の上から1枚をダメージゾーンに裏で置き、ダメージゾーンから1枚選び、回復し、あなたのヴァンガードを1枚選び、1ダメージ。

 

完全ガードとしてはリアガードも守れるし、特に問題なさそうですね。

手札からのみというのもエンフェにはそこまで影響はなさそう。

肝心のスキルは救援能力を持つユニットがアタックされた時、ダメージからGにコールしてシールド15000。

そして山札から1枚裏にしてダメージに置き、救援チェック。

ダメージゾーンにあればノーコストで15000シールドになるので、かなり防御面がパワーアップしましたね。

救援でダメージゾーンの循環はかなりものなので、1枚くらいは普通にダメージゾーンに落ちそうですよね。

自身のスキルでも救援チェックを行うのでトリガーが乗ればさらに固くなります。

ブロークンハートが盤面にいればさらにえらいことになりそう。

単純に相手の攻撃で落ちることもありますし、スリエルで意図的に落とすこともできます。

手札のガード値がなくても運がよければ、より相手の猛攻をしのぎやすくなったと思います。

ペルソナ要素がないのも高評価のポイントです。

ダメージゾーンからのコールなのでガード制限に強いのもうれしいです。

これに加えて手札のヒールトリガーがあったら、ほとんどの攻撃は防ぐことができそう。

スリエルと合わせて3枚(スリエルはトップを操作できるので実質2枚分)救援ができるので、トリガーも高確率で乗るでしょう。

ガード制限をしてくる相手には、プリムのボーナスであらかじめダメージに仕込んでおくのもありかもしれないですね。

救援能力を持つユニットなので、旧ガウリールがヴァンガードにある時は使えません。

さすがにここら辺はうまく調整してきたなという感じ。

基本的には新規のガウリールプリムで使うことになりそうです。

ノキエルや守護天使でも使えないですね。

この完全ガードのおかげで、ガウリールプリムメインで構築を固めることを決意した人も多そう。

 

まとめ

黒衣の配剤 アラキーバはガウリールの防御力を底上げする強力な完全ガードでしたね。

これでさらに攻防スキのないデッキになりました。

不安要素はやっぱ山札切れですね。

早めに決着をつけるか、状況よって救援を控えるなど高度なプレイングが要求されそうです。

ガウリールは友人が組むのですが、嫌な相手になりそうです・・

 

[ad#van