今回は封竜軸のデッキ考察を書いていきます。

封竜は鬼神降臨で超絶強化されたのですが、デッキ考察を書くのをサボっていて何人かに指摘されていました。

究極超越でかげろうが収録されるということでこの時期になってしまいました、すいません。

正直封竜の構築はかなり難しくて、自分もまだ研究中なので、考え方を中心に書いていけたらと思います。

 

スポンサーリンク

 

封竜の強化点

一番はこいつですね。

封竜ってまだちょっと舐められているところがあるので、ドラクマの存在だけで相手はコストをあげにくくなったと思います。

封竜のCB事情は正直ドスキンに依存するところがあるのですが、ドラクマ前提で立ち回ることが必要になりました。

ズィーゲンブルクもいますし、個人的には封竜は大会でも十分に戦えると思っています。

あとはエクセンドグレイブ・ドラゴンです。

封竜は鬼神降臨でグラニットクロスが追加されましたが、G2を相手が展開していない場合は、ボーテックスとムスタファーくらいしか選択肢がありませんでした。

グラニットはバラシアと合わせて真価を発揮するので、バラシアを引けてない時の選択肢が増えたのはうれしいですね。

グラニットクロスはペルソナがないので、Gガーディアン(アドバンス以外)を経由してもドラクマを使えないので、そう意味でもエクセンドはでかいです。

パージもハーツ指定がないので選択肢には入ると思います。

下のドライブ増加のスキルはノーコストなので、CBがきついときには重宝します。

個人的には封竜でオバロ使うのはちょっと違和感があるのですがw

これ以外には直接封竜に強化はありませんでしたが、全体的なカードパワーは結構上がったと思います。

 

スポンサーリンク

 

封竜軸のデッキレシピ案

Gゾーン

獄炎のゼロスドラゴン ドラクマ×1

覇天皇竜 ドラゴニック・オーバーロード “The Purge”×1

炎熱機竜 ズィーゲンブルク×4

炎帝龍王 ルートフレア・ドラゴン×2

覇天皇竜 エクセンドグレイブ・ドラゴン×1

神獄封竜 グラニットクロス×1

覇天皇竜 ブレイジングバースト・ドラゴン×1

炎帝龍王 アジールオーブ・ドラゴン×1

炎翼剛獣 ディナイアル・グリフォン×2

覇天皇竜 アドバンスガード・ドラゴン×1

神龍騎士 アブドサラーム×1

 

G3

炎獄封竜 ブロケード・インフェルノ×4

封竜 シアサッカー×4

 

G2

封竜 コーデュロイ×4

封竜 バラシア×4

封竜 グログラン×4

 

G1 

封竜 ドスキン×4

封竜 バーズアイ×4

封竜 リノクロス×3

封竜の獄卒 アータル×1

ラーヴァフロウ・ドラゴン×1

 

G0

封竜 ピエラ×4 ☆

封竜 ターボリン・ドラコキッド×4 ☆

封竜 アートピケ×4 引

ドラゴンダンサー ターラ×4 治

封竜 テリークロス×1 FV

 

 

各グレードの採用理由

Gゾーン

ドラクマとパージは1枚ずつ。

ドラクマは常に狙える状況にしておきたいですね。

CB管理がかなりきついのですが、使って決めきれなくてもリミットブレイクでなんとかなるので自分は迷わず究極超越しちゃいます。

パージは相手が5点の時にCBが全くなかったら超越します。

パージに関しては使う頻度は少ないような気はします。

やっぱズィーゲンブルクですねw

結局こいつが一番強いです。

ズィーゲンがいるから封竜が強いみたいなところはあります。

ソウルを補給する手段も多いので絶対4枚入れておきたいですね。

他のかげろうと同じで先攻Gガーディアンは狙っていきたいです。

上記の2枚は初回超越候補です。

回してみた感じだとエクセンドグレイブの方が安定はしますね。

相手の盤面に何もない状況でも、バラシアを使えば相手はかなり嫌だと思います。

グラニットはグルグウィント相手にはかなり刺さりますね。

相手の盤面にG2が2枚あって、手札にバラシアがいる時はこっちが優先です。

グラニットは初回でGB2が達成できないのが渋い点です。

戴天は使う機会がほとんどないので抜いています。

一応エクセンドグレイブで表にはできますが、3枚の枠を戴天に割くのは正直きついです。

2回目以降はほぼズィーゲンかドラクマなんでw

戴天の枠にGB8とルートフレアって感じですね。

お互いノーコストなのが大きいです。

ドスキンが機能していない時にかなり重宝します。

残りの枠は全部Gガーディアンです。

シブリーズはCBがきついですし、ボーナス持ちがいないので要らないと思います。

 

スポンサーリンク

 

グレード3について

グレード3はブロケード・インフェルノとシアサッカー。

基本はブロケード・インフェルノに優先してライドします。

ドラクマを使って決めきれない時はLBでなんとかなるというも悪く無いです。

CBはドスキンがいればなんとかなります。

盟主なので骸を封じることができます。

リンク対策にジョーゼットも悪く無いですが、超越できてない時点でまず勝てないので不採用。

シアサッカーはグレード0を焼けないのがちょっと不満ですが、かなり強いですね。

G2は焼いちゃうんでパンプ効果はあまり機能しないですw

 

グレード2について

バラシアとコーデュロイは絶対に4積みですね。

特にバラシアはアドを稼ぐ要なのでこのデッキではかなり重要なカードになります。

ソウルコストは全部こいつに回したいくらい。

コーデュロイも序盤から終盤まで活躍するアタッカーです。

たまに登場時スキルを持つG2を呼ぶことは注意ですね。

グログランは鬼神降臨で追加されたカードですが、かなり優秀です。

先攻でコーデュロイにライドして、せっかく相手のFVを焼いたのに、G2のアタッカーが増えて次のターン余計な攻撃受けたことありませんか?

序盤にコーデュロイにライドした時に、スキルで相手が山札からG2をコールしたときって、リアガードを叩かれないように、大体後列に出してくるんですよね。

このように後列に置いたときにグログランを同じ縦列にコールできれば、次のターンそのG2ユニットは攻撃に参加できなくなります。

後列に置いてきたら、相手は封竜のことよく分かってないですw

単体11000だし4積み確定だと思います。

炎獄の封竜騎士はコストが重すぎるので不採用です。

実際アニメで三和が使ってたけどラインがいまいちで弱かったと思いますw

ノーコストなら採用はありかも?

バニラも封竜名称がありますが、枠的に厳しいです。

非名称を混ぜるのも面白いですが、事故が増えるのであまりおすすめしません。

 

スポンサーリンク

 

グレード1について

ドスキンは封竜軸の一番重要なカードです。

いるといないじゃCBの余裕がかなり変わってきます。

こちらのスキルだけではなく、相手のターンの通常コールでも誘発するのが優秀。

ヴァンガードにパンプできれば、もっと強かったんですけどねw

退却クラン相手だとかなりきついです。

僕はバーズアイを4積みしています。

アド損ではありますが、どうせ退却されるならソウルを貯めつつ、パンプして要求値を取った方が強いと思っています。

バラシア、ズィーゲンのコスト供給手段でもあります。

ズィーゲンのソウルコストが足りないときは積極的に使います。

序盤を意識するならケイ互換のフランネルを入れるのもありですね。

ガリサージはCBがかなり痛いので不採用です。

そもそもG2は退却させることがほとんどなので、刺さる場面が少ないのもあります。

勇輝剣爛以前の封竜はクロスオリジン前提で作られたカードなので、正直今の封竜と噛み合わないですよね。

LB解除のムルキベルは絶対序盤に引けるなら強いですが、引けないので不採用。

LB解除はサーチできるクランじゃないときついと思います。

後攻だとほぼバニラだし枠がかなり厳しめ。

速攻への解答としては優秀なんですけどね。

完全ガードの枠はかなり難しいです。

鬼神降臨でアータルが追加されましたが、性能自体は普通のクインテッドウォールと同じなので、ガード値が足りないことが多いです。

ドロップ回収スキルも自分の効果で相手にG2を出させないといけないので、いまいちな感じ。

CBが足りないことも多いのでプロテクトオーブにしたいところですが、ライドしてしまうとバラシアが使えないです。

一応グラニットクロスやアドバンスガードで消費する手段はありますけどね。

序盤にダメージに落ちるとコーデュロイも使えなくなります。

自分はリノクロス3、アータル1でやっていますが、まだちょっと納得していない感じです。

一枚枠が出たのでラーヴァフロウを挿しました。

絶対にライドしたくないカードですが、他の封竜名称を1枚挿すよりは仕事をすると思っています。

封竜の超越補助はそろそろ出して欲しいところ。

人によってはバーズアイの枠にもうちょっと入れてそうですね。

 

スポンサーリンク

 

FVとトリガー配分について

FVも悩みどころですね。

コンローが一番安定するに決まっていますが、ソウルが増えないのが気になります。

超越補助やヒールをサーチすることもできますし、コンローをFVにして間違うことはないと思います。

自分はテリークロスにしています。

やっぱこっちの方が封竜らしさがでるし、バラシアやズィーゲンの試行回数も確保できます。

トリガー配分はオーソドックスに☆8引4治4です。

封竜の2種目のドローがでたら増やすのはありですね。

ターポリンはCB足りない緊急事態に使います。

ただパワー4000で弱いのでグログランの下に置いて、バーズアイのスキルで21000ラインを作るのが基本になります。

アートピケもグログランと7000ブーストで21000を作れるので意識しましょう。

ヒールはターラを採用。

ターラに封竜名称を付けなかったのは本当に怒っています。

これに関しては本当に失望しました。

それでもソウルに入ることは絶対にないですし、コスト回復は優秀過ぎるので、序盤に落ちたら諦めるということで仕方なく採用しています。

ターラのおかげでドラクマはかなり使いやすくなりました。

 

まとめ

封竜は究極超越で直接的に強化はありませんでしたが、ドラクマとエクセンドグレイブ・ドラゴンはかなり大きいと思います。

完全ガード以外はこんな感じでいいんじゃないですかね?

オーバーロードやブレードマスターにカードパワーが劣っていることは否定できないですが、十分に差別化できているので個人的には好きなデッキです。

封竜の基本パーツは全部安く買うことができるので、興味がある方はぜひ組んでみてください!

何かアドバイスや疑問点があればコメントしてもらえると嬉しいです。

究極超越関連のデッキは随時記事を書いていく予定なのでよかったら見てやってください。

 

スポンサーリンク