昨日の週ヴァンZでThe AWAKENING ZOOに収録されるメガコロニーのユニットが大量に公開されました。

今回は威圧怪王 ダークフェイス・アルキデスについて書いていきます。

アニメで若水が使っていましたが、スキルが気になっていた人は多いはずです。

早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

威圧怪王 ダークフェイス・アルキデスの性能

G3 11000 メガコロニー

自[CB1,SB1]:このユニットがVかRに登場した時、コストを払ってよい。払ったら、縦列を一つ選び、その縦列の相手のリアガード全てをレストし、それらは次の相手のスタンドフェイズにスタンド出来ない。

永【V/R】GB2 暗躍:このユニットがヴァンガードにアタックしたバトル中、このユニットのパワー+10000し、相手はインターセプトできない。

 

登場時同じ縦列をパラライズ

1つ目のスキルは登場時にCB1とSB1で同じ縦列をすべてレストしてパラライズ。

対象を取らないので抵抗もパラライズすることができます。

コスト面はソウルを消費するのがかなり痛そうですが、それに見合った性能は持っていますね。

 

10000パンプとインセプ封じ

もう一つのスキルはGB2と暗躍でアタック時10000パンプして、インターセプト封じるもの。

一つ目のパラライズのスキルで確実に暗躍も達成できます。

単体で21000なので弱いはずないですね。

リトルドルカスでサーチすることもできるので、他のメガコロニーの軸でも1~2枚入れておくと面白いかもしれません。

もちろんダークフェイスのデッキではいつでもサーチできますね。

メガコロニーの火力不足をかなり穴埋めしてくれます。

 

スポンサーリンク

 

完全にサブ向けの性能

一方ヴァンガードとしての性能はかなり微妙なので、完全にサブ向けのカードです。

個人的に評価したいのは新規のグレドーラだけではなく旧ダークフェイスの軸でも普通に強いという点ですね。

グレドーラが出てきたことで、旧ダークフェイスが全く使われないことがちょっと寂しかったので。

グレドーラの相方を旧ダークフェイスにするのもいいですけどね。

僕は今ところ旧ダークフェイスでデッキを組んでみたいと思います。

 

まとめ

威圧怪王 ダークフェイス・アルキデスは抵抗持ちをパラライズできたり、火力が出たりとかなり優秀なサブヴァンガードでした。

グレドーラと旧ダークフェイスの2つの軸で活躍できるのがいいですね。

RRRなので相場的にはどうでしょうか?

通常ブースターだと確実に外れ枠ですが、エクストラブースターなので1000円前後はしそうかも。

メガコロニー使いは確実に4枚は確保しておきたいですね。

>>The AWAKENING ZOOの最安値予約はこちら

 

スポンサーリンク