今回は究極超越で強化されたブレードマスター軸について書いていきます。

ブレードマスター軸は鬼神降臨で超絶強化されたのですが、考察記事はサボってました。

究極超越ではオーバーロードの強化が目立ちますが、ブレードマスターもかなり熱いです。

いつも通りデッキレシピや解説など長々と書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

ブレードマスター軸の強化点

当たり前ですが、ドラクマがかなり大きいですね。

ドラゴニック・ブレードマスター“紅焔”のGB2で究極超越のコストが簡単に確保できます。

CB回復手段も多いので、かなりドラクマを使いやすいデッキだと思います。

負けたらGゾーンが燃えてしまいますが、タイミングを間違えなければほぼ勝てます。

イウサールやファイヤーチェイスのおかげで抵抗持ちの退却手段もかなり増えました。

特にイウサールは個人的にかなり評価していて、展開が得意なクラン相手にも盤面を焼け野原にできるようになりました。

ブレマスはボーナスとズィーゲンとリアガードでせいぜい3体までしか退却できなかったので。

今まではグリフォンやベローグなどで焼きをサポートする感じでしたね。

初回超越の弱さもある程度解消されました。

エクセンドグレイブ・ドラゴンでドローができるようになりました。

ナーデルが使いにくいなど弱点はありますが、基本初回超越はこいつになります。

 

スポンサーリンク

 

ブレードマスター軸のデッキレシピ案

G4

獄炎のゼロスドラゴン ドラクマ×1

炎熱機竜 ズィーゲンブルク×4

覇天皇竜 ドラゴニック・ブレードマスター“戴天”×3

エアーエレメント シブリーズ×1

覇天皇竜 ブレイジングバースト・ドラゴン×1

覇天皇竜 エクセンドグレイブ・ドラゴン×1

炎翼剛獣 ディナイアル・グリフォン×3

覇天皇竜 アドバンスガード・ドラゴン×1

神龍騎士 アブドサラーム×1

 

G3

ドラゴニック・ブレードマスター“紅焔”×4

ワイバーンストライク ジャーゴ×3

 

G2

ワイバーンストライクドーハ×4

ドラゴンナイト ムブディ×4

ドラゴンナイト イウサール×4

 

G1

ドラゴンナイト ナーデル×4

ラーヴァフロウ・ドラゴン×4

プロテクトオーブ・ドラゴン×4

ドラゴンナイト ナーイム×2

 

G0

ドラゴンナイト ジャンナット×4 ☆

ファイヤーチェイス・ドラゴン×4 ☆

ガトリングクロー・ドラゴン×4 引 

ドラゴンダンサー ターラ×4 治

リザードソルジャー コンロー×1 FV

 

各グレードの採用理由

Gゾーン

ドラクマとズィーゲンは特に言うことはないですね。

ほとんどズィーゲンしか使いません。

ズィーゲンは竜皇覚醒あたりで1000円くらいだったのに、最近高騰してますよね。

ドラクマはいつでも狙える状況にしておきたいです。

戴天は最近ブレードマスター軸ですら入れてない人が多いですよねw

僕は3枚採用しています。

初回にエクセンドグレイブで表返す用ですね。

12月にメガコロニーのブリリアン・ブリスターがかなり流行ることが予想されるので、戴天を使う機会は増えると思います。

オーバーロードならパージを使えばいいですが、ブレードマスターはそうもいかないので。

ルートフレアやレクスプレスは1セットずつ入れたいところですが、枠が厳しいですね。

入れるなら戴天を抜くしかないです。

レクスプレスはブレードマスター軸のデッキで一番活かせると思うので、後で1セット採用するかもしれないです。

残りの枠はシブリーズ、GB8、Gガーディンにしました。

 

スポンサーリンク

 

グレード3について

紅焔の相方はやっぱジャーゴ安定ですね。

退却スキルはGBがないので先行から使えるのが魅力です。

ナーデルもGBがついていないので、事前配置しておけばコストを回復しつつ、プレッシャーをかけることができます。

The Destinyをサブにするのも面白いです。

パージが使えるし、ライドしても十分強いので普通にありだと思います。

紅焔のGB2で回収できるG3は竜炎能力を持つカードのみですが、ラーヴァフロウがいればなんとでもなりそうですよね。

 

グレード2について

ムブディはブレマスの個性なので4積みは確定ですね。

左右に並ぶとCBが足りなくなることがあるので注意が必要ですが、基本はガンガン使っていきたいです。

イウサールも4枚採用しています。

単純に火力が出るのも強いのですが、抵抗対策としてかなり優秀。

ソウルコストはジャンナットでなんとかする感じです。

残りの枠はバニラにしています。

ブレマスのG2は絶対に4積み確定のカードがムブディくらいで自由度は高いですが、結局退却は間に合ってるし、バニラが一番いいと思います。

序盤がオーバーロードと比べて弱いし、ナーデルの11000ブーストでちょうどラインが作れるというのもかなり大きいです。

シャクールやナディームなど他のG2候補は全部主張が弱い気がします。

強いて言えばラディエントは候補に入りそうです。

でも退却は間に合ってるし、火力も十分出るので優先度は低いと思います。

やっぱ序盤に腐ってしまうのがネックですね。

バニラでしょうもない攻撃を防いだ方が強いと思います。

 

スポンサーリンク

 

グレード1について

超越補助は枚数が難しいですよね。

紅焔のGB2で超越コストを回収できるので、枚数を抑えていた時期もありましたが、今は4枚採用しています。

究極超越で抵抗持ちが増えて、盤面を全部焼ききれない場面が増えてきたことと、ナーデル以外絶対入れたいG1がいないのが理由です。

抵抗の退却手段は増えたものの、V裏に置かれるとどうしようもない点は変わってないので。

ジャーゴしか引けてない時に出来るだけコンローでサーチしたくないということもあり、4枚入れています。

ナーデルは絶対4積みのカードです。

CB回復、火力共にブレードマスターの要のカードです。

新規カードがメインフェイズに退却しにくくなっているので、できるだけ序盤に事前配置しておきたいですね。

完全ガードはやっぱプロテクトオーブが安定。

ダムジットは使ってあげたい気持ちはあるんですけど、GB1が微妙なんですよね・・

プロテクトオーブは4枚しか持っていないので、普段はオーバーロードに入れていて、ブレマスにはダムジットを入れています。

でもブレマスで大会でるならオーブに変えちゃいますね。

マルセルを採用しているならダムジットはありだと思います。

残りの枠はナーイムかマルセルで悩んだのですが、ナーイムにしました。

マルセルは1アドで優秀なのですが、なかなかヒットしなかったり、ヒットしたとしてもシールド5000しか持ってこれないので、渋く感じました。

ナーイムはアド損ではありますが、要求値を取れるので個人的には好みです。

特にバニラをブーストした後に、ボーナスの3000パンプを付与したズィーゲンに4000パンプする動きがお気に入りです。

ムブディも単体で最大19000なので、4000パンプすればラインを作れますね。

ジャーゴも21000にできたり、使ってみるとナーイムはかなりイケてます!

 

FVとトリガー配分について

FVはもちろんコンロー!

説明は不要だと思います。

もしオーバーロードが公認大会で暴れて再びコンローが規制されたらディッダが安定ですね。

セレイテッドも悪くないです。

トリガー配分はオーソドックスに☆8引4治4です。

ジャンナットとファイヤーチェイスが優秀なのでシンプルにしています。

オーバロードと違って安定して相手のFVを焼けないので、ドローはガトリングクローを採用。

スタンドトリガーを採用するのもありですが、ジャンナットとファイヤーチェイスが抜けないのでこうなりました。

 

 

まとめ

ブレードマスターのデッキ構築はシンプルなので、大したこと書けてないと思いますが、こんな感じです。

動きは究極超越発売前と全く変わりませんが、ドラクマの存在はかなり大きいですね。

個人的にはイウサールがいい仕事をしてくれていい感じです。

アドバイスや疑問点はコメントで教えてもらえると嬉しいです。

オーバーロードや封竜も考察記事を書いているのでよかったら見てください。

 

スポンサーリンク