11月28日の今日のカードはマシニング・プリンセスとマシニング・リーフィーでした。

2枚ともThe AWAKENING ZOOのマシニングユニットです。

マシニングは展開力があって、Vスタンド封じもしてくるので本当に嫌なテーマですねw

今回はマシニング・プリンセスについて見ていきます。

 

スポンサーリンク

 

マシニング・プリンセスの性能

G2 9000

【起】【(R)】:[このユニットを【レスト】する] あなたの「マシニング」を含むユニットを1枚選び、そのターン中、パワー+3000。

【起】【(R)】【ターン1回】【Gブレイク】(2):[【カウンターブラスト】(1)] このユニットを【スタンド】し、そのターン中、『【自】【(R)】【ターン1回】:このユニットがアタックしたバトルの終了時、相手の【スタンド】しているユニットが0枚なら、あなたの他の「マシニング」を含むリアガードを1枚選び、【スタンド】する。』を得る。

 

自身をレストして1体3000パンプ

一つ目のスキルは自身をレストでマシニングユニットを1体3000パンプ。

マシニングはスキルで展開するときはレスト状態でコールされるので、基本は手札からコールした時に使う感じかな?

二つ目のスキルで自身をスタンドできるので、使える時は使っておきたいスキルです。

マシニング・デスポットと新規FVで初回は2枚スタンドできるので、うまく調整して使いたいですね。

 

スポンサーリンク

 

攻撃終了後リアガードをスタンド

2つ目のスキルはGB2、CB1で自身をスタンド。

アタック終了時に相手のスタンドしているユニットが0枚なら、他のリアガードを1枚スタンドするスキルを付与。

GB2なので基本はマシニング・デスポットとセットで使うことになりそうです。

マシニング・モスキート mkIIと違って確定でスタンドさせられるのはかなり強力ですね。

反対の列にmkIIをコールしておけばさらにプレッシャーをかけられます。

ただでさえマシニングのスタンド封じは厄介なのに、連パンなんてされたキレそうですw

レストしているユニットが0枚でないといけないのは、一部のクラン相手には相性が悪いかもしれません。

ギアクロ、ナイトローゼあたりはターン終了にリアガードをスタンド状態で残せます。

マシニングで何かレストサポートがあればいいのですが・・

 

まとめ

マシニング・プリンセスは連パンをサポートするかなり優秀なアタッカーでした。

まず見た目がプリンセンスじゃないし、性能もプリンセスじゃないですよねw

マシニングはストビクでちょっと回した程度なのであまり詳しくないですが、大会などではチェックすべきデッキですね。

やっぱ対戦したくないです・・

 

スポンサーリンク