12月7日の今日のカードは特別再録カード3種とレギア・ブラウランツェでした。

The GALAXY STAR GATEに収録されるブラウのG2アタッカーですね。

僕はブラウだけノヴァのデッキを持っていないので、今回から組む予定です。

早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

レギア・ブラウランツェの性能

G2 9000 C

【自】:[【カウンターブラスト】(1),【ソウルブラスト】(1)]あなたの「ブラウ」を含むグレード3以上のヴァンガードがアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、このユニットを【スタンド】し、そのターン中、このユニットのパワー+2000。

 

レギア・ブラウランツェはグレード3以上のブラウ名称を持ったヴァンガードがアタックした時、自身をスタンドして2000パンプするスキル。

GBがないし、回数制限もありません。

先攻5ターン目から確実に連パンを仕掛けることができますね。

一番大きいポイントはヒットしなくても確実にスタンドできるところです。

今までのブラウはヒットしないとスタンドできないカードが多かったので。

マルスは序盤から使える強力なカードでしたが、モルゲンロートのヒット時効果もあるので、ヴァンガードの攻撃はガードされることが多かったです。

コスト面はCBとSBを1消費するので軽くはないですね。

CBはモルゲンロートと合わせると、かなりきついと思います。

フォルモーントはヒット時にSB1でCBを回復できますが、ソウルはレギア・ブラウランツェでも使います。

ブラウクリューガーはライドできれば強いですが、新規カードが増えて枠があるのか微妙なところ。

レギア・ブラウランツェは回数制限がないのでVスタンド系のユニットと相性がいいですね。

ゾンネとビクトプラズマは両方CBを使うのでコスト面はきついと思いますが、レットライトニングなどで工夫すれば終盤詰めにはかなり役立ちます。

1回目の攻撃でクリティカルを引いてレギアに振れば、さらにプレッシャーになりますね。

おそらくブラウのGユニットは新規で追加されると思うので、それにも期待したいです。

ヴェーヌス・ブラウクリューガーと噛み合わないのが少し惜しい。

これはヴァンガードのスキルでリアガードがスタンドしないといけないので、レギア・ブラウランツェとは相性が悪いです。

ブラウの新規G4、G3次第ではなんとでもなると思いますが、剣牙激闘で追加されたブラウシリーズはモヤモヤするカードが多いですよね。

 

まとめ

レギア・ブラウランツェは序盤から終盤にかけて活躍するブラウのメインアタッカーでしたね。

コスト面は工夫が必要なものの、単体性能だけ見たらノヴァでトップクラスのカードです。

ブラウは剣牙激闘で強化は来たものの、噛み合わない部分が多すぎて僕も放置していたのですが、今回は超絶強化が期待できますね。

やっぱり新規のG4、G3次第だと思うので楽しみにしたいです。

>>The GALAXY STAR GATEの最安値予約はこちら

 

スポンサーリンク