今回はThe AWAKENING ZOOで強化された特別名誉博士軸のデッキについての記事です。

俺達!!トリニティドラゴンからパーツは集めていたのですが、結局放置状態で、ズーのパックで強化が来たのでちゃんと組んでみました。

これで個人的にグレートネイチャーデビューとなります。

別の記事で特別名誉博士の新規カードの考察も書きましたのでよかったら見てください。

>>特別名誉博士の新規カード考察はこちら

 

スポンサーリンク

 

特別名誉軸のデッキレシピ案

G4

死苑のゼロスドラゴン ゾーア×1

超特別名誉博士 メイユール・シャノアール×2

全智竜 キャスパリーグ×2

永世教授 ブラマナンダ×2

全智竜 バラウール×2

全智竜 フェルニゲーシュ×1

 

Gガーディアン

永世教授 クンダリーニ×1

金城の首席 アルジロー×2

全智竜 アルミラージ×1

永世教授 サンカルパ×1

箱入りの令嬢 スパングルド×1

 

G3

特別名誉博士 シャヴェリーテ×4

特別名誉博士 シャノアール×3

特別名誉博士 シャソバージュ×2

 

G2 

クレヨン・タイガー×3

アーティスティック・オセロット×4

トリーテス・パンサー×3

ブートキャンプ・キムリック×1

 

G1

シッター・ボブテイル×4

ぐるぐるダックビル×4

特別名誉助手 みけさぶろー×3

アドラブル・バリニーズ×2

 

G0

パールウイット・チワワ×4 (☆)

ポリッシュ・ペンギン×4 (☆)

ルーラー・カメレオン×4 (☆)

オートマティスム・コアラ×4 (治)

エランド・ソマリ×1 FV

 

スポンサーリンク

 

各カードの採用理由

Gゾーンについて

ゾーアはそこまで必須ではないですが、やっぱ欲しいですね。

究極超越のしやすさだけなら特別名誉博士は全クラン中トップクラスに入ります。

最悪仕留められなくても、シャノアールのブレイクライドなどGBのないスキルは多いのでなんとかなります。

メイユール・シャノアールはこのデッキのフィニッシャーです。

先攻Gガーディアンから使えるのはかなり魅力的です。

理想的な動きが決まればほとんど勝てるので1枚で十分ですが、決めきれなかった時のために2枚採用です。

ペルソナがない分かなり安くなっていますね。

キャスパリーグは初回超越の有力候補です。

クレヨンタイガーを合わせると最大4枚ドローできます。

その分CB消費が激しいので状況によって考える必要はなりますが、返しのターンをその手札で防いで、メイユールに繋きます。

初回超越とシャソバージュのスキルで最大2回出番があるので2枚採用です。

全智竜 バラウールは初回超越時にダメージが2~3点で手札にクレヨンタイガーがある時に候補になります。

CBを使わないのがかなり大きいです。

後半もメイユールで決めきれなかった時にフィニッシャーとして使えます。

序盤から終盤にかけて使う機会があるので2枚採用です。

ブラマナンダはメイユールのスキルでシャソバージュにライドした時に、超越します。

CB消費がかなりきついですが、最大火力を出すときはブラマナンダ一択です。

メイユール、シャソバージュ経由の1回しか使う機会はないので1セットのみの採用になりました。

フェルニゲーシュは2回目の超越でCBや手札の都合でメイユールが使えない時、色々ごまかすために入れています。

回してみた感じほとんど使わなかったですけどね。

3回目にメイユールを見据えると山札切れのリスクがかなり高くなるので注意!

ここはGガーディアンにしてもいいかも。

残りの枠はすべてGガーディアン。

全種類入れて25000シールドのアルジローだけ2枚積み。

クンダリーニもCB回復目当てでよく使いますね。

他はCBを使うものが多いので、残りCBと相談して使う感じですね。

メイユールを使うときに最低でもCB3は確保したいです。

 

スポンサーリンク

 

グレード3について

シャベリーテは4積みです。

特別名誉博士は先乗りでも普通に強いです。

出来ればライドスキルで1アド取りたいですね。

シャベリーテで持ってくるのはシャベリーテとシャソバージュがほとんどです。

絶対ライドしたいカードですが、最悪シャノアールでもオッケーです。

シャソバージュが一番やばいです。

シャノアールとシャソバージュの配分はかなり悩みました。

今はシャノアール3枚、シャソバージュ2枚に落ち着いています。

最初はシャノアールを4枚にしていたのですが、手札にG3が来すぎてガードが薄くなることが多かったので9枚にしました。

デッキの特性上、完全ガードでG3を捨てられない場面もありますし。

でも枚数を絞ると手札にコストがなくて、シャソバージュのライド時スキルが使えないこともあるので、そこはみけさぶろーやダックビルに頼りたいところ。

シャソバージュはメイユールを使うときに手札に1枚あればいいので枚数は要らないと思います。

ライドしたら最悪ですしね。

シャノアールはメイユールを使うときにシャベリーテの超越ボーナスで山札にいないリスクがありますが、最悪シャノアールに再ライドして超越もありです。

G3の配分に関しては他の人の意見を聞いてみたいですね。

 

スポンサーリンク

 

グレード2について

クレヨンタイガーはG2で一番強いカードですが、序盤バニラなのがネックですね。

G2にライドしたターンにこれだけだと渋い動きしかできないです。

なので自分はメイユールを使うタイミングで手札に1枚あればいいと考えていて、他の枠の関係もあり3枚にしています。

メイユールでの6ドライブをクレヨンタイガーと反対の列に全部振ってスタンドさせるのが強力です。

アーティスティック・オセロットは4積み。

ダックビルやみけさぶろーを使うために絶対ライドしたいカードです。

役割はバイナキュラスと同じですが、オセロットはリアガードに攻撃した時もスキルが誘発する点が優秀です。

最近は10000のユニットを採用しているデッキも多いので、この差は結構大きいと思います。

バイナキュラスは1ターンに複数回使えるのが魅力ですが、序盤だけに限定すると完全にオセロットの下位互換です。

バイナキュラス買うのが面倒っていうのが一番の理由でもありますw

トリーテスパンサーは先行で使えるとかなり強いカード。

ヴァンガードがG2の時から動けないのは痛いですが、1ドローはかなり魅力的だと思います。

CBを使わずに手札を増やせるのが大きいですね。

みけさぶろーやダックビルと合わせてアドを稼いでいきたいです。

ブートキャンプ・キムリックはメイユールからブラマナンダのコンボをするときにCBに余裕があるなら使いたいカード。

ブラマナンダのスキルは手札がなくて使えないこともあるので、ドロップから回収できるとかなり助かります。

ブラマナンダのパンプ、シャノアールのブレイクライド、自身のパンプで単体21000になれるのが魅力ですね。

2回目の超越までにドロップにあればいいのでピン挿ししています。

でもシャベリーテのボーナス、メイユール、ブラマナンダでCB3を使うのでCBに余裕はないです。

この枠はトリーテスパンサーにするかもしれないです。

キムリックのイラストとフレーバーテキストはかなり好みw

 

スポンサーリンク

 

グレード1について

ダックビルが4枚、みけさぶろーが3枚の採用です。

2枚とも序盤を支える重要なカードです。

ダックビルでは完全ガードやヒールを引きたいところ。

このデッキはグレード3をシャベリーテで簡単に持ってこれるので、みけさぶろーは3枚に抑えています。

シャベリーテにライドした時に手札に別のG3を持っておきたいので4枚の方がいいかもしれないですが、枠の関係で3枚にしました。

完全ガードは新規のシッター・ボブテイル。

先攻の場合はシャベリーテに先乗りして、その後の超越時にもシャベリーテに再ライドするので、回収機会は結構あります。

究極超越から出てきたヒールの互換がなかったら間違いなくシェルマスターにしていたと思います。

回収機会は中盤以降に1回程度なのでシェルマスター3、ボブテイル1もありですね。

残りの枠はアドラブル・バリニーズ2枚。

初回超越時に手札にあれば、次のターンのメイユールのコストがかなり楽になります。

これが引ければキャスパリーグを惜しみなく使うことができますね。

オセロットやトリーテスがいれば、先攻5ターン目にルーラーカメレオンのCBコストをキャンセルすることもできます。

でもこの枠をみけさぶろーの4枚目に割いてもいいかも。

 

スポンサーリンク

 

FVとトリガー配分

FVはエランド・ソマリ。

シャベリーテのコストで捨てたG3を回収できます。

これでシャベリーテのスキルと合わせて手札にG3が3枚ある計算なので、先攻GGからのメイユールが現実的になります。

でも序盤の安定感を取るなら絶対にテレスコープ・ラビットですね。

エランド・ソマリはダックビルやみけさぶろーで効果を付与して退却させることもあるので、リア裏に置くことが多いです。

トリガー配分は☆12、治4です。

メイユールからブラマナンダの6ドライブが強すぎるのでこれが一番しっくりきました。

ルーラーカメレオンは序盤のCB消費手段として採用。

先攻先乗りでバリニーズのCB回復が無駄にならないし、ダックビルやみけさぶろーと合わせて守りを固めるためにも必要だと思います。

このデッキは手札はめっちゃ増えますが、完全ガードやヒールが引けないと意外と脆い面があります。

他のクリティカルはラインをしっかり作るために全部バニラ。

キャスパリーグやシャノアールのブレイクライドスキルのためにスタンドは検討しましたが、やっぱ自分には合いませんでした。

ドロートリガーは序盤コールしやすいのでありですが、山札切れのリスクを少しでも抑えるために不採用。

でも序盤の安定やクレヨンタイガーを引くために欲しいのも事実。

一長一短なので迷い中ではあります。

 

スポンサーリンク

 

他の候補カード

グレード3

クレヨンタイガーをサーチする手段がないので、ビッグベリーやタスクマスターを挿すのは選択肢の一つだと思います。

メイユールからブラマナンダの6ドライブでリアガードにトリガーを全部振って、スタンドさせるのは定石ですからね。

特別名誉博士ではないので足を引っ張ることがあるし、G3の枠がきつすぎるので今回は採用していません。

 

グレード2

クレヨンタイガーのスタンド対象をグリフォンに焼かれないようにスリーピー・テイパーはありですね。

Rでしかスキルが使えないのが渋い点ですが。

かげろうを強く意識するなら入れておきたいカードです。

11000ユニットも十分に候補です。

ダッグビルやみけさぶろーがいないとアド損になってしまいますが、9000に殴られないので序盤はかなり安定しますね。

でも実際枠は厳しいと思います。

トリクル・ブリティッシュは枠ないし、グレード3を確保する手段は間に合っているので不採用。

これを入れるならトリーテスパンサーを増やしたいです。

完全ガードにシェルマスターを採用しているならありだと思います。

後列攻撃のカエルはGBで序盤バニラなので不採用。

以前の特別名誉博士のデッキではブラマナンダがメインだったので、十分に候補でしたけどね。

メイユールからブラマナンダのコンボが成立している時点で強いので、後列攻撃までこだわる必要はないと思います。

そもそも枠ないです。

この互換はまじで信用していないので無理です。

ライザーで何回も嫌な思いしました。

確定コールにしてくれないと一生使いません。

 

スポンサーリンク

 

グレード1

後列攻撃はこだわる必要はないといいましたが、G1なら1~2枚入れてもいいかも。

リーダー・ピッグはG2のカエルと違ってGBが付いていないので、先行5ターン目にタイダルと同じ感覚で使えます。

オセロットで4000パンプさせて、みけさぶろーやダックビルで効果を付与できれば最高ですね。

肉体派 マオッシュはダックビルの5枚目以降としてはいいかも。

退却するユニットが自身なのが若干使いにくいですが、序盤からコールして速攻に参加できるのは魅力的。

山札切れを少し解消できますが、特別名誉博士はデッキをシャッフルすることが多いので、マオッシュは個人的には好きになれないです。

アニマルクリップ・レッサーは結構評価が高め。

序盤は能動的に退却できるし、後半はしっかり手札増強とCB回復と無駄がないスキルです。

エンドフェイズ時の処理はGユニットがGゾーンに戻る処理からされるので、初回キャスパリーグでもドローとカウンターチャージが可能です。

今回は先行からカウンターチャージできるアドラブル・バリニーズを優先しましたが、ドローできるレッサーも十分に候補になります。

チクタクフラミンゴはクリスがギアースクライシス編で使ってましたね。

CBを2枚回復できれば、メイユールを使うターンにクレヨンのコストも簡単に確保できるかも。

あとはメイユールのターンにコールして、決められなかったらゾーアのコストを確保みたいなことができます。

ただドローできないのはアニマルクリップ・レッサーと比べて見劣りしちゃいます。

バリニーズのように先行から他のリアガードを退却するスキルもないです。

結局カウンターブラストはクンダリーニとヒールでなんとかなるのでそこまで気にする必要はないと思います。

 

まとめ

かなり長くなってしまいましたが、自分の考えは全部かけたと思います。

今回からグレートネイチャーを組んだのでにわかな部分もありますが、アドバイスなどあったら是非コメントで教えてもらえると幸いです。

聖賢博士 ビッグベリーがGB2なのを最近知ったくらいにわかなので、今回は結構wiki見て勉強しましたw

特別名誉博士は安くて、強くて、面白い魅力的なテーマだと思います。

クレヨンタイガーはちょっと高いですけどね。

興味がある方は是非組んでみてください。

 

スポンサーリンク