12月19日の今日のカードは大銀河超獣 ズィールでした。

The GALAXY STAR GATEに収録されるディメンジョンポリスのGガーディアンですね。

怪獣は正直強化がないと思っていましたが、Gガーディアンで出てきましたね!

早速見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

大銀河超獣 ズィールの性能

G4 15000シールド

【Gガーディアン】(お互いがグレード3以上で、あなたのGゾーンの表のGガーディアンが3枚以下なら使える) – 相手ターンのガードステップ – [あなたの手札から【治】を1枚選び、捨てる] 裏のこのカードを(G)にコールする。

【自】:[【ソウルブラスト】(1)] このユニットが(G)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、相手のユニットを1枚選び、そのバトル中、パワー-5000。あなたのダメージゾーンの枚数が相手のダメージゾーンの枚数以上なら、【カウンターブラスト】(1)してよい。そうしたら、あなたのヴァンガードを1枚選び、そのターン中、パワー+5000。

 

相手Vのパワーダウン

ソウルブラスト1で相手のユニットをそのバトル中にパワー5000-。

疑似的に20000シールドと使えますね。

でもディメンジョンポリスにはすでに同じ役割のカードがあるので、大銀河超獣 ズィールをあえて使うなら、もう一つのスキルを目当てで使うことになりそうです。

相手のユニットのパワーをマイナスするので、次元ロボなどガーディアンを退却してくる特定のカードには対策になりますね。

 

自分のVをターン中5000+

もう一つのスキルはダメージゾーンの枚数が相手のダメージゾーンの枚数以上ならCB1で自分のVをターン中5000パンプできるというもの。

ターン中のパンプはすでにエクスカリヴーがいますが、ズィールの方は手札を捨てなくていいのが、かなり大きいですね。

CB1も決して軽いコストではないですが、状況によって使い分けられるのはかなり強いのではないでしょうか?

これで連パンしてくるデッキ相手により強くなりましたね。

 

まとめ

大銀河超獣 ズィールは手札を消費せずに連パン対策ができるディメンジョンポリスのGガーディアンでした。

ディメンジョンポリスはすでに優秀なGガーディアンが多いので、新規はどういったものが出るか気になっていましたが、うまく差別化してきましたね。

個人的にはズィールのデッキを持っているので、メインの強化もして欲しいです。

次元ロボ、ギャロップがメインだろうから期待はしていませんが、CRで1枚ずつくらい出して欲しいですね

 

スポンサーリンク