昨日の情報局でメサイアの新規カード3種が公開されましたね。

イディアルエゴ・メサイア、ミィーガー・メサイア、ヴィラストス・メサイアですね。

アニメを見る限るだと微妙に感じましたが、実際はどうなのでしょうか?

今回はイディアルエゴ・メサイアについて見ていきます。

 

スポンサーリンク

 

イディアルエゴ・メサイアの性能

G3 11000

自【V】ターン一回[あなたの手札から1枚選び、Rに呪縛カードとして置く]:このユニットがVに登場した時か、あなたのGユニットが超越した時、コストを払ってよい。払ったら、1枚引き、あなたのヴァンガードを1枚選び、そのターン中、パワー+5000。

自【R】[SB1,このユニットを呪縛する]:このユニットがアタックしたバトルの終了時、あなたのヴァンガードがグレード3以上の[メサイア]なら、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札の上から3枚見て、1枚までRに呪縛カードとしておき、山札をシャッフルする。

 

1枚ドローとVパンプ

一つ目のスキルはヴァンガードに登場時か超越した時、手札から1枚呪縛カードとして盤面に置くことで1ドロー、Vに5000パンプ。

グレドーラやビッグベリーと同じタイプでライド時にも使えるやつですね。

単純に呪縛カードを1枚実質ただで置けるのは悪く無いです。

先攻で置いた呪縛カードは攻撃に参加できないですが、Vが5000パンプするので、ブーストなしでも簡単に3~4点に置きこむことができますね。

CBを使わないのも高評価です。

一方、今までのメサイアと違って相手のカードを呪縛できないのは渋めですね。

最近は解呪手段が各クランに配られていますし、メサイアは結局ハーモニクスで最終的には全部解呪してしまうので、そこまで気にならなそう。

それでも呪縛されると止まるクランもまだまだいるので、ないよりはあた方がいいです。

基本的にはネオメサイアのサブで使う感じになりそう。

ドローするタイミングを考えると、若干新規の方が攻撃的ではありますね。

 

スポンサーリンク

 

呪縛カードを増やす

もう一つのスキルはRで攻撃の終了時に自身呪縛とSB1で、山札から3枚見て1枚を呪縛カードとして置くもの。

単純に1枚増えるので優秀です。

こっちもGBはついてないので、余裕がある時は先行から盤面に出していくのはありですね。

ハーモニクスのコストは劣勢の時に確保するのが難しいことがあるので、そういった場面でもかなり助かるスキル。

自身は呪縛されるので、その後の解呪で連パンも可能です。

メサイアなのでディーラーでサーチできるのもいいですね。

ソウルコストはベレヌス互換やレディフェンサーでどうにでもなりそうですし、新しいヒールもくるだろうから問題はなさそう。

 

まとめ

イディアルエゴ・メサイアは星影ナイトローゼみたいなVでもRでも使えるG3ユニットでした。

ネオメサイアと比較すると、先にドローできる点や序盤からでも使える点が優秀です。

今までのメサイアは相手の盤面だけは呪縛しつつ、こちらは解呪で連パンするデッキでしたが、今回は自分で呪縛カードを用意して自分で解呪する方向での強化ですね。

最近の露骨なリンクメタを考慮するなら、自分の盤面だけでゴチャゴチャやった方が強いかもしれないです。

あとはメサイアのGユニット次第だと思います。

やっぱリンクは強化が控えめですね。

RRRなので相場が気になりますが、テクニカルブースターなので2000くらいするかも?

正直よくわかんないです(笑)

 

スポンサーリンク