昨日の情報局でメサイアの新規カード3種が公開されましたね。

イディアルエゴ・メサイア、ミィーガー・メサイア、ヴィラストス・メサイアですね。

アニメを見る限るだと微妙に感じましたが、実際はどうなのでしょうか?

今回はヴィラストス・メサイアについて見ていきます。

 

スポンサーリンク

 

ヴィラストス・メサイアの性能

G1 7000

自 GB1:このユニットがRに登場した時か、解呪された時、あなたのヴァンガードが[メサイア]なら、そのターン中、このユニットのパワー+4000。

自【R】GB2:[CB1,このユニットを呪縛する]このユニットがアタックかブーストしたバトルの終了時、コストを払ってよい。払ったら、SC1。

 

登場時か解呪時4000パンプ

一つ目のスキルは登場時か解呪時に4000パンプするシンプルなもの。

レディフェンサーなど単体11000のユニットと合わせて15000要求以上を狙いたいですね。

新規のミィーガー・メサイアともうまく合わせると26000ラインを狙えます。

最悪単騎で攻撃もできますし、シンプルに強いカードだと思います。

ノーコストなのもありがたいです。

 

攻撃かブースト終了後呪縛してSC

もう一つのスキルは攻撃かブーストの終了後にCB1で自身を呪縛してソウルチャージ1。

これもシンプルなスキルですが、CBは結構痛い気がします。

僕のイメージだとCBは全部レディフェンサーの連パンに回したいので、正直デュナミスの方が採用しやすいなと思います。

最低限自身で呪縛できますよってことなのかな?

ヴィラストスは単騎で攻撃できたり、高パワーでブーストできるので差別化はできていますが、枠的には必須に思えません。

ソウルもレディフェンサーやベレヌス互換で確保できますしね。

みなさんはどう見てますか?

 

まとめ

ヴィラストス・メサイアはアタッカーとしてもブースターとしても使える便利なG1ユニットでした。

性能自体はかなり強力だと思うのですが、メサイアはG1が激戦区なので枠が厳しいような気がします。

ヴィラストスはパワーが高いので、ハーモニクスを使う前に追い込むのにはかなり活躍しそうですけどね。

まぁ実際回してみないと分からないです。

あとはメサイアのGユニットやゼロスドラゴン次第ですね。

 

スポンサーリンク