1月9日の今日のカードは星輝兵 カオスブレイカー・クローズでした。

The GALAXY STAR GATEに収録されるリンクジョーカーのユニットですね。

アニメである程度は判明していましたが、3種目のカオスが正式に判明しました。

早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

星輝兵 カオスブレイカー・クローズの性能

G3 11000 RRR

【自】【(V)】:[あなたの手札から「星輝兵」を含むカードを1枚選び、捨てる] このユニットが(V)に登場した時か、あなたの「星輝兵」を元々含むGユニットが【超越】した時、コストを払ってよい。払ったら、ソウルチャージ1し、相手のリアガードを1枚選び、呪縛する。

【自】:[【ソウルブラスト】(1) ] このカードを手札から捨てたとき、あなたの「カオス」を含むハーツカードがあるなら、コストを払ってよい。払ったら、相手は自分の手札から1枚選び、(R)に呪縛カードとして置く。

 

ソウルチャージと呪縛

一つ目のスキルはV登場時かカオスのGユニット超越時に星輝兵を1枚捨てることで、ソウルチャージ1、相手のユニットを1体呪縛するもの。

まず旧カオスブレイカーのように呪縛対象をこちらが選べるというのが、うれしいポイントですね。

クライシスは呪縛を相手が選ぶ仕様だったので。

まぁどうせ最終的には全部呪縛カードで埋まってしまうとは思いますが・・

ソウルチャージも2つ目のスキルやデリュージのコストを確保するために便利ですね。

ターン1制限はないので、V登場時と超越時2回発動できますが、合わせて2枚手札を捨てることはかなりきついと思います。

やはりV性能としては退却ドロー効果の付いたクライシスの方が強そう。

新弾でメサイアも同時に強化されますし、クローズは手札を増やすことができないので。

クローズは2つ目のスキルがかなり強力なので、最悪乗っても普通に戦えるサブヴァンガードとしての役割になると思います。

 

スポンサーリンク

 

手札から捨てたときハンデス

2つ目のスキルはこのカードを手札から捨てたときにSB1で相手の手札を1枚呪縛カードとして盤面に置かせるもの。

超越やデリュージのコストで捨てたときにさらに相手の手札を奪うことができます。

特にデリュージと合わせて使うのが強力で、一気に点を詰めつつ、3枚手札を奪うことができます。

ペンローズゲートでもソウルは使うので、調子に乗っているとコストが足りなくなるかもしれないですが、ジンクだったり、クローズの超越ボーナスなどでなんとかなるでしょう。

正直壊れといっても過言でない強さだと思います。

カオスのハーツ指定なので、ドラクマなど相手のターン中のハンデスだったり、完全ガードのコストで捨てたときにはスキルは発動しないので注意!

ハンデスしたのにハンデスされたというのはないので安心です。

ぬばたまのGGであるザシキヒメでクローズを捨てた場合には、こっちもハンデスされますが。

ぬばたまは竜神烈伝で強いGGが来るのを期待。

 

クローズはトップレア候補?

星輝兵 カオスブレイカー・クローズはVでも普通に強くて、カオスの火力を後押しするカードでしたね。

基本はクライシス、クローズ4枚ずつの構築になりそう。

特にハンデススキルが強すぎるので、できるだけクライシスにライドして、クローズの試行回数を増やしたいですね。

的確すぎるいい強化だと思います。

これでRRRが全部そろったわけですが、クローズはおそらくトップレアでしょう。

相場的にはクローズ>メサイア>ギャロップ>ネクサス>ビクトール>ゴルシャーチって感じかな?

ノヴァは高くならなそうで安心。

 

スポンサーリンク