1月10日の今日のカードは猛攻の星輝兵 ドブニウムでした。

The GALAXY STAR GATEに収録されるカオスのG2ユニットです。

カオスもG2に新規が来ましたね。

早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

猛攻の星輝兵 ドブニウムの性能

G2 9000

【自】【(R)】:[【ソウルブラスト】(1),このユニットを退却させる] あなたのターンの終了時、コストを払ってよい。払ったら、相手は自分のリアガードを1枚選び、呪縛する。

【自】【(R)】【Gブレイク】(2):[【カウンターブラスト】(1)] このユニットがアタックした時、あなたの「カオス」を含むヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、相手は自分の手札から1枚選び、(R)に呪縛カードとして置いてよい。置かないなら、あなたは1枚引き、そのバトル中、このユニットのパワー+10000。

 

ターン終了時に相手を呪縛

一つ目のスキルはターンの終了時に自身を退却することで、相手のリアガードを1体呪縛するもの。

GBが付いていないので、序盤に相手のリアガードを呪縛することができます。

呪縛対象は相手が選ぶので、うまく前列を縛ることはできないかもしれませんが、ないよりましですね。

かげろうのような退却クラン相手にはどうせ焼かれるので、スキルを使った方がいい場面もあります。

ターン終了時なので、すでに呪縛対象がいなかったり、インターセプトでどかされたりするかもしれないですけど。

ソウルコストはちょっと厳しそうですが、ジンク前提で作られた感じですかね。

 

スポンサーリンク

 

攻撃時ハンデスorドローパンプ

もう一つのスキルは攻撃時にCB1で相手の手札1枚を呪縛カードとして盤面に置かせるか、1ドローして自身を10000パンプかを相手に選ばせるもの。

どっちしろアドを取ってくる嫌らしいスキルですね。

デリュージを使う際の詰めとしてもかなり優秀だと思います。

デリュージ、クローズと合わせると1ターンで4枚手札を奪うこともできます。

大体はデリュージやクローズで盤面が埋まるとは思いますが、それならそれで1ドローの10000パンプができます。

 

まとめ

猛攻の星輝兵 ドブニウムは序盤から使える呪縛や嫌らしいハンデスorパンプのスキルを持つ強力なG2でした。

カオスの構築についてはあまり詳しくないですが、G2はかなり激戦区になりそうですね。

クローズが公開されてテクニチウムも株が上がってますし。

カオスは最近露骨な呪縛メタが増えてきて、大会ではかなり減りましたが、新弾発売後はある程度持ち直すと思います。

僕は相手にする側なので、あんまりうれしくない強化ですw

 

スポンサーリンク