1月15日の今日のカードは天を射抜く超神機 エクスギャロップとビルド・スタンダードでした。

2枚ともThe GALAXY STAR GATEに収録されるディメンジョンポリスのユニットです。

ついにGRギャロップの詳細が判明しましたね!

早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

天を射抜く超神機 エクスギャロップの性能

G4 15000

超爆 – 【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1),Gゾーンから裏のカードを1枚選び、表にする] このユニットがヴァンガードにアタックした時、このユニットのパワーが40000以上なら、コストを払ってよい。払ったら、このユニットのドライブ+1。そのバトル終了時、このユニットのパワーが80000以上なら、スタンドし、ドライブ-4.

【永】【(V)】【Gブレイク】(3) :あなたのGゾーンの表のカード1枚につき、このユニットのパワー+10000。

 

攻撃時ドライブ1+

一つ目のスキルは攻撃にCB1とフリーペルソナでパワーが40000以上ならドライブ1+。

さらに80000以上なら攻撃終了後にドライブ-4してスタンド。

シンプル過ぎるディメンジョンポリスらしいユニットです。

ドライブはエクスギャロップみたいにそのバトル中のみではないので、ローレルで悪さができますね。

パワー40000はギャロップ軸なら初回超越でも余裕で達成できます。

4ドライブで手札を増やして、次のターンにスタークを使うのもいいし、GRギャロップをまた使うのも強いですね。

次元ロボでもネクサスなら40000はいくだろうけど、4ドライブするだけなら他のGユニットの方がよさそう?

完ガを飛ばすスタンドトリガーのリンカやパワーを倍にするグランスカウトは幸いGB2なので初回で悪さできないのは相手する側としては助かります。

攻撃する前はGB2は達成できませんからね。

アタック時というのが非常にいい調整だと思います。

なので初回超越の段階ではGGを挟まない限り、ギャロップでもVスタンドは厳しそう。

逆を言えば、GGを使われると80000以上のVスタンドを初回でやってくるってことですね・・

 

スポンサーリンク

 

Gゾーン1枚につき10000パンプ

もう一つのスキルはGB3でGゾーンの表のカード1枚につき10000パンプするもの。

パワーを80000以上にするサポートですね。

パンプ幅がかなり大きいので、アトランティスドルフィンで積極的にGB加速をしていきたいところ。

このスキルによって次元ロボや鋼闘機や怪獣でもワンチャン使えるようなカードになっています。

ギャロップではグランスカウトを使えば、後半に10万以上のVスタンドが余裕でできますね。

パワーのインフレがすごい・・

 

まとめ

天を射抜く超神機 エクスギャロップはシンプルなドライブ増加とVスタンドを持つ優秀なGユニットでした。

やっぱグランスカウトと合わせて使われるのが一番怖いですね。

ギャロップ名称を持っているので、ギャロップ軸以外でもグランスカウトはワンチャン採用はありかもしれません。

GRなのでオーバーウェルムやヴェルへミーナみたいに高くなるのが心配ですね。

ギャロップ使いは3枚、他の名称使いは1~2枚は欲しいところでしょうか?

再販は決定しているとはいえ、初動で集めておきたいカードです。

僕はカイザー、鋼闘機、怪獣が守備範囲なので1枚でいいかなーとは思っています。

 

スポンサーリンク